ブログも人的資本→資本(不動産)へと移行する方が安定したマネタイズになる

ピケティの本を読んでいて、いろいろと概念をめぐらす。

僕は今ブログを書いているけど、ブログって不思議なもので、すごく不動産(つまり資本)的な性質があるのに、それを作り上げる自分(つまり人的資本)が必要なコンテンツなんだなぁと思うわけです。

そして、ある程度までいくと、ほったらかしても収入が発生する本当の資本になっていくんです。

追記:2016年2月8日をもって、バリューコマースの新しいスマホ広告サービスであったAdLantis(アドランティス)は、ADPRESSO(公式サイト)に統合となります。クリック課金型として新しくなったADPRESSOに期待です!

仕事で月間60万pvを達成した話

ブログを書く画像

仕事で作ったサイトが月間60万pvを達成したとき、僕の手取りの給料以上の稼ぎになったんです。アドセンスだけみても。

サイトは2つ。

1つは月間約38万pvのサイトA、もう1つは月間約22万pvのサイトB。

サイトAは1日4つ更新、サイトBは1~2つ更新。

達成までの期間は両者とも約4か月。

4か月あったらサイトってここまでいくんだなと実感したときですね。サイトAはグーグルの規約違反でダメになってしまったのですが、サイトBは全盛期ほどではありませんが、今でも収益を上げ続けています。

アドセンスの他にアマゾンアソシエイトもやっていて、アマゾンアソシエイトは2サイト合わせて月6000円くらいの収益になりました。

誰でもブログを不動産(資本r)にできる

ここで僕が感じ取ったのは、ブログは不動産なんだなぁ、ということ。

サイトAはダメになってしまいましたが、4か月目以降、サイトBの更新は1記事ずつしかしていません。それでもアドセンスだけで収益が発生しています。

ここでピケティのr>gを思い出してみます。

ここでは簡単にrを資本、gを人的資本とします。

ブログの場合、このrやgは何を表すのか?

単純に、書いている人をr、書いていない人をgとするのはちょっと違うのかな。このr>gって、要するに「持っている人(r)」と「持っていない人(g)」って意味だとして、収益という意味で考えると、お金になる記事を持っている人がrで、そうでない人はgではないでしょうか?

アドセンスを張り付けていればrの人だと思いますし、僕みたいにアフィリエイトリンクを張り付けている人もrの人です。

不動産は家賃収入というストック(固定収入)がありますが、ブログの場合はアドセンスや広告プログラムがあるわけです。僕の場合だと、A8.netとかADPRESSOとか、スマートフォンアドネットワーク【nend】とかも貼り付けています。

このrをどんどん増やしていけば、ブログを不動産化して生きていけるのだと思います。

ま、これが難しいんだよね。

追記再掲:2016年2月8日をもって、バリューコマースの新しいスマホ広告サービスであったAdLantis(アドランティス)は、ADPRESSO(公式サイト)に統合となります。クリック課金型として新しくなったADPRESSOに期待です!

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク