2014年12月12日の運用成績もマイナス~!不動産もwebもストックが大事ね

2016年9月13日今日の運用成績アルデプロ, エリアリンク, 不動産

今日はマザーズが反落。中小型株よりも1部の銘柄に資金を奪われているようです。その証拠に日経平均は前日比+114.18円の17,371.58円で取引終了です。

全体で見れば売り一服感があるかなと思います。ただ、来週選挙後で上昇もあると思いますが、もう材料としては織り込まれているんじゃないですかね?

取りあえず今日の成績です。

wpid-screenshotshare_20141212_185740.png

アルデプロ上昇気配か

アルデプロが上昇気配ですかね。

四季報によると不動産市場が活況のようで、収益が伸びているようです。前期約104億円の売上高だったのが、今期の予想は156億円となっています。いいですねぇ。順調にいけば、上方修正もありそうな感じです。

営業利益、経常利益ともに前期より数字を伸ばしています。この2つの数字は前々期までマイナスだったのですが、今期は問題なさそうです。

不動産市場は、富裕層の購買意欲が高まっている様子なので、長期的には株価は上がると思います。東京に限ってはオリンピックもありますし。

エリアリンクさんマザーズはどうすんの?

エリアリンクは今期は大幅増益。ただ、不動産売却は在庫払底により、来期の収益は後退かもしれません。まぁでも、本業のストレージが儲かっていればいいんです。

あとはマザーズからの鞍替えをどうするのか。早く情報が欲しいのですが・・・。

不動産銘柄に投資して思うことと今の状況

僕は今リストラの危機にあるんですが、その原因は勤め先の事業が儲からなくなってきたからです。実は不動産事業とweb作成業というのは似ています。

不動産事業だと、普通は家賃やテナント収入といった賃料、つまり固定収入(ストック)で安定的に収益を上げ、不動産売買(フロー)で大きく利益を上げるのが一般的です(でいいんだよね?)。

web作成業ということであれば、まずはサイト運営で安定的な広告収入(ストック)を得て、次にコンサルティングやweb作成の案件の受注(フロー)によって収益をあげることを目指すべきなんじゃないかなと思うんです。ほら、不動産と似てますよね。

しかし、僕の勤め先であるweb作成業の事業主は、フローで稼ごう(何故か売上や収益とは言わない)とだけしているために、ビジネスを続けるのに必要な資金が減ってきたんです。

ストックの方が大事だとずっと言ってきたんですが、結局これまでフローの作業が中心になっていたんです。で、4~5か月前に「ストックでも収益になるかやってみるからサイト作って」という話になり、僕が2サイトを運営することになったんです。

結果的には2サイト合わせて月間約60万PVくらいになったのですが、途中から「こうすればもっと稼げるから」と、急にグレーなサイト運営に強制的に変更になって、つい1か月前くらい前にサイトがグーグルからお叱りを受けてダメになったんですね。結果、固定収入が増えなくて、僕への微々たる給料さえも厳しいとのこと。

で今どうなっているかというと、このまま収益が上がらないと、3月で雇い止め、まぁクビです。

今もストックの方をやっていますが、正直見込みは薄いです。結局「こうしたらいいんじゃないですか?」という僕の提案は却下で、「このサイト運営して」と言われて今ストックのサイトを作って運営しています。

こういう状況になったのは、意思決定という意味では、ストックをおろそかにした経営者の責任です。

ただ、僕がもっと意見を出していけば良かったのかもしれません。毎日の作業をこなして、1日がそれで終わって、あとは帰って株価を見ていたんですから。

いずれにしてももう後の祭りなので、いろいろ考えているところです。

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

仮想通貨関連

仮想通貨とは、暗号理論を用いて電子的に発行される通貨のこと。特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。
zaif
仮想通貨の販売所・取引所。主要な仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ネム、モナコイン)のほか、ICOやトークンも幅広く取り扱い、積立投資もできる万能サービス!とりあえず仮想通貨を始めたい方にオススメ!
bitflyer
仮想通貨の販売所・取引所。主要な仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ネム、ライトコイン)の取り扱いはもちろん、BTC/JPYで証拠金(レバレッジ15倍)取引(BTCFX)ができる「Lightning FX」が人気。ただしBTCFXは値動きが激しいため、リスク管理の徹底をしましょう!
bitbank
仮想通貨の販売所。主要な仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、モナコイン、ライトコイン、リップル)が、現在は取引手数料無料で売買できる。
なお、仮想通貨の先物取引ができるbitbankTrade(ビットバンクトレード)もある。CGF(キャピタルゲインフィー)と呼ばれる制度によって追証無しを実現した独自サービスが人気。ただしBTCFXは値動きが激しいため、リスク管理の徹底をしましょう!

ソーシャルレンディング関連

ソーシャルレンディングはネット上でお金を借りたい人(企業)と貸したい人(投資家)を結びつける仕組みで、投資型クラウドファンディングの一種です。事業者にとっては銀行以外の新たな資金調達手段として、投資家にとっては新しい資産運用の形として、注目を集めています。
クラウドクレジット
海外新興国特化型ソーシャルレンディング。ラテンアメリカ、欧州、アフリカを中心にした新興国への投資が1万円からできる。ソーシャルレンディングのリスクの他、新興国特有のリスク(地政学、為替、天候など)もある。
ラッキーバンク
国内不動産特化型のソーシャルレンディング。5~10万円から国内の不動産事業者に投資ができる。全案件不動産担保を設定しているが、不動産特有のリスク(不動産市場の悪化、自然災害、流動性)がある。
OwnersBook
国内不動産特化型のソーシャルレンディング。1万円から国内の主に東京都内を中心にした不動産事業者に投資ができる。こちらも不動産特有のリスク(不動産市場の悪化、自然災害、流動性)がある。

その他関連記事

FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2014年12月12日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。


スポンサーリンク