2014年12月9日の運用成績はマイ転…日銀のETF買いをよく観察してみると?

2014年12月9日今日の運用成績ETF, J-REIT, エリアリンク, 日銀

本日も下がりましたなぁ。しかもマイ転でございますよ。(´・ω・`)

日経平均も前日比-122.26円の17,813.38円でした。

というか、全然マザーズとかにお金入ってこない感じ。まぁ、ね。こういうときにサッと買いを入れるんだろうな、うまい人は。

ではでは、本日の成績です。

wpid-screenshotshare_20141209_184523.png

エリアリンクぅ~

アラー!ずいぶん下がったなぁ-o-;

いや、個別ではまだプラスですけど、今まで上げ調子で来てたので、下げ幅もそんなに広がらないと思ったんだけど、終値は前日比-9円の144円ですか。

マザーズ市場からの鞍替え情報早う来てくだされ( ̄~ ̄;)

日銀ETFお買い上げ~!J-REITはまだぁ?

どうやら日銀がまたETFを買ったようです。

実は昨日も買ってたんですね。

日銀て、ETFは結構購入しているんですよ。こないだの金融緩和前から密かに買ってたようです。

指数連動型上場投資信託受益権(ETF)および不動産投資法人投資口(J-REIT)の買入結果

リンク先は日銀のページです。ETFおよびJ-REITの購入額をエクセルのレポートでまとめたものですね。日銀が公開していますので、ちょっと覗いてみました。見るときはスマホでなくてパソコンの方がいいですよ。スマホだと見にくいです。

2014年は1月6日から208億円、翌日に128億円といった風に、結構コンスタントに買ってましたね。同月は8回購入しています。今日は「連日の購入」と話題になってましたが、4日連続で購入していたこともあったみたいですよ。

4月以降は月の購入回数が6回前後、購入額はちょい増しの130億円、144億円、156億円と徐々に買い建てを増やしていますね。

一方J-REITは月の購入回数が5回前後、3億円ずつちょびちょび購入しているようです。これもETF同様に少しずつ買い建てを増やしていて、4億円、5億円、6億円と定期的に購入していたようです。ちなみに先月は12億円を5回、今月は13億円を2回ですね。

こうしてみると、追加金融緩和までの日銀の買いはコンスタントにあったわけですね。しかも徐々に買い建てを増やしている。本当に静かに買っていたのか、それとも僕の情報収集が甘かったのか・・・。

知らないことが多いなぁ。

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

フィンテック関連

myTrade(マイトレード)
myTrade(マイトレード)は、証券口座から株式などの運用資産のデータを取り込むことによって、一括で管理することができるスマホアプリです。
インストールはこちら(OSは自動判別)

関連記事1:資産運用口座の一括管理アプリ「myTrade(マイトレード)」の使い方!保有株式の分析もスマホで楽々!
関連記事2:[2019年最新版]投資(総合・投資信託・株式・信用取引・IPO・FX)の勉強用おすすめ無料アプリ!
Funds(ファンズ)
funds投資記事用画像
Funds(ファンズ)は投資型のクラウドファンディングの一種で、貸付ファンドと呼ばれる利回りと運用期間が予定された金融商品に投資できるサービスです。上場企業やそのグループ企業などに1万円から投資できます。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:Funds(ファンズ)のセミナーに参加!貸付ファンドについての質問と回答まとめ

FX関連

GMOクリック証券FXネオ
スリッページが発生しにくいFX会社で、主要通貨スプレッドは下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:GMOクリック証券FXネオ取引レビュー!PCとスマホアプリの使い方と中級者にオススメの理由!
関連記事2:FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2014年12月9日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。


スポンサーリンク