2015年1月27日の運用成績は、テクノホライゾンHD刺さらず、エリアリンクのニュース有り

2015年1月27日今日の運用成績エリアリンク,テクノホライゾン,日経ダブルインバース

今日は日経平均上げたようですね。朝方先物が上昇していたので、今日は上がるかなと期待していたのですが、まさにです。

マザーズ総合は微減。前日比-4.17円の881.21円。900円台の回復はまだ先かもしれません。

日経平均は大幅回復。前日比+299.78円の17,768.30円で取引終了です。

本日の運用成績はこちらです。

screenshotshare_20150127_183730

安定の値動きの鈍さ・・・。というか下がってるし。

テクノホライゾンHDまた買えず

今日はテクノホライゾンHD買えないかなと思っていたら、本当に買えないでやんの(;´・ω・)

今日の終値が306円ですが最安値が300円だったので、割ってくれれば買えたかもしれませんが、ここは焦らず待機しようと思います。

いつもこういうときに焦って買ったりしてたんですよ。たぶん今までなら「300円でもいいか」ってひょいっと約定してたと思います。待つのも相場です。

実はダブルインバも指値注文していたのですが、今日は購入できず。こちらも待機ですね。

エリアリンクからニュースでるも「それじゃない」

いやいや、エリアリンクから何かニュースが出ているじゃありませんか。

・IRカレンダー更新のお知らせ

・仙台営業所開設のお知らせ

・和歌山県にハローストレージ初出店のお知らせ

・1棟まるごとハローストレージ

まず、IRカレンダーですが、決算発表は2月13日(金)予定だそうです。

そして、仙台に営業所開設、和歌山県にハローストレージ初出店か。今度仙台行ったときに見てこようかな。案外需要が多かったりして。

1棟まるごとハローストレージもオープンということで、やる気満々かぁ。

だったら、マザーズにいる場合じゃないよねぇ?

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年1月27日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。