DMM FX取引レビュー!ツール(パソコン・アプリ)の使い方や設定方法、スプレッドやポイントサービスを解説!

2019年5月18日FX

DMM FX取引レビュー!ツール(パソコン・アプリ)の使い方や設定方法、スプレッドやポイントサービスを解説!サムネ画像

みなさんどうもDMM FX!久々にFXの取引を開始した@xi10jun1です。

これまでFXをやめたり再開したりを繰り返してきたんですが、また再開することになりました。で、再開したときは心機一転ということで新しいツールを使うことにしていまして、この度DMM FXでトレードをしてみました。

今回はこのDMM FXについて、PC版ツールのDMM FX PLUSとスマホアプリの操作性や簡単な解説も含めてレビューしていきます。

DMM FX概要

まずはDMM FXの概要から。

  • 名称:DMM FX
  • 運営会社:株式会社DMM.com証券
  • 最小取引単位(ドル円):1万通貨
  • 最大取引単位(ドル円):100万通貨
  • 通貨ペア:20通貨
  • 最大レバレッジ(個人):25倍
  • 年会費:無料
  • 口座維持費:無料
  • クイック入金手数料:無料
  • オンライン出金手数料:無料
  • ロスカット:証拠金維持率が50%以下となった場合
  • 口座開設はこちら→DMM FX

なお主要通貨のスプレッドは下記の通りです。

  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭

DMM FXはDMMグループが運営する証券サービスの1つで、下記のような特徴が人気です。

  • 取引でポイントが貯まる『取引応援ポイントサービス』
  • 仮想資金を用いたデモ口座による取引
  • 約380の金融機関(都市銀行・ゆうちょ銀行・ネット銀行・地方銀行・ろうきん・信金)から24時間、土日祝日も手数料無料でクイック入金が利用可能(DMM FX及び各金融機関のシステムメンテナンス時間帯は不可)
  • メール、電話、AIチャットなどの各種お問い合わせに24時間対応

また業界で初めて、LINEでカスタマーサポート(LINE IDはこちら:@sec.dmm.com)へ問い合わせも可能で、痒い所に手が届くようなサービスが充実しているのが最大の特徴です。

取引応援ポイントサービス

DMMFXでは、取引実績に応じた下記3つのポイントランクが設けられており、新規注文ごとにポイントが貯まります。

  • ブロンズランク:通常会員
  • シルバーランク(ポイント2倍):前月の新規取引回数が200回以上、もしくは前月までの3か月間連続で新規取引回数10回以上が条件
  • ゴールドランク(ポイント3倍):直近3ヵ月の新規取引実績が月間200回以上が条件

ランクは毎月末に判定を行い、現在のランクの達成条件をクリアしている場合はランクキープ、未達成の場合は1ランクダウンとなります。

主要通貨でたまるポイントは下記の通りです。

通貨(太字は主要通貨) ランク
ブロンズ シルバー ゴールド
ドル円(USD/JPY) 1ポイント 1ポイント 2ポイント
ユーロ円(EUR/JPY) 1ポイント 1ポイント 2ポイント
ポンド円(GBP/JPY) 1ポイント 2ポイント 3ポイント
豪ドル円(AUD/JPY) 1ポイント 1ポイント 2ポイント
ユーロドル(EUR/USD) 1ポイント 1ポイント 2ポイント
カナダドル円(CAD/JPY) 1ポイント 1ポイント 2ポイント
ニュージーランドドル円(NZD/JPY) 1ポイント 2ポイント 3ポイント
スイスフラン円(CHF/JPY) 1ポイント 2ポイント 3ポイント
南アフリカランド円(ZAR/JPY) 1ポイント 2ポイント 3ポイント
ポンドドル(GBP/USD) 1ポイント 2ポイント 3ポイント
豪ドルドル(AUD/USD) 1ポイント 2ポイント 3ポイント
ドルスイスフラン(USD/CHF) 1ポイント 2ポイント 3ポイント
ドルカナダドル(USD/CAD) 1ポイント 2ポイント 3ポイント
ニュージーランドドルドル(NZD/USD) 2ポイント 3ポイント 4ポイント
ユーロポンド(EUR/GBP) 2ポイント 3ポイント 4ポイント
ユーロ豪ドル(EUR/AUD) 2ポイント 3ポイント 4ポイント
ユーロニュージーランドドル(EUR/NZD) 2ポイント 3ポイント 4ポイント
ユーロスイスフラン(EUR/CHF) 2ポイント 3ポイント 4ポイント
ポンド豪ドル(GBP/AUD) 2ポイント 3ポイント 4ポイント
ポンドスイスフラン(GBP/CHF) 2ポイント 3ポイント 4ポイント

このポイント制度については、いくつか注意点があります。

  • ランクは取引回数で計算されるので、lot数ではないことに注意です。100lotを1取引ではカウントは1回ですが、1lotを100取引は100回となります。
  • 新規の注文ごとにポイントが加算されますが、決済注文では加算されません。
  • FXならびにCFDで貯まるポイントは通算ができません。
  • ポイントは付与された日から1年間有効ですが、期限を過ぎたら「期限切れポイント」として表示されます。
  • なおポイントは「1,000ポイント」以上から交換可能となり、交換先は現金として取引口座の預託証拠金残高に付与されるのみです。

取引し続けないとランクが下がってしまうので、『ランクのために』などと心情的な取引を行って損失を被るリスクがあります。

DMMFXマイページ内のポイント通帳の場所画像

なおポイントはマイページ内の総合口座照会にある「ポイント通帳」から確認できます。

DMMFXポイント通帳の画面内画像

ポイントランクや現在のポイント残高が確認でき、1000ポイント貯まればこちらから交換の手続きもできます。

DMM FXのメリット

主なメリットは下記の通りです。

  • スプレッドが安い
  • 約定力(スピード)がある
  • 必要証拠金が分かりやすい

スプレッドは業界内でも安値圏となっており、初心者に優しくなっております。

また約定力(スピード)も、FXの上級者のようにミリ秒レベルで気にされる方ならともかく、普通に取引するだけなら問題の無いレベルです。

また各種通貨の必要証拠金が分かりやすいのも特徴。動画にも記載していますが、注文時にどの程度の必要証拠金かが表示されるため、自身の資産と照らし合わせた無理のないポジションが取れるでしょう。

DMM FXのデメリット

  • PC版はボタンが小さく誤操作の可能性
  • アプリのカスタマイズ性は見劣り
  • PC版とスマホアプリの同時ログインができない

一方でデメリットとして、PC版ツールは意思決定のための各種ボタンが非常に小さく、誤操作を招く可能性があります。またアプリは、カスタマイズ性がほかのツールに比べるとやや見劣りする感じです。

そして最大のデメリットが、PC版とスマホアプリの同時ログインができないこと。

他社ツールでは同時ログインして注文しても問題はないことが多いんです。けど、DMM FXは、例えばPC版ツールにログイン中にスマホアプリにログインすると、PC版ツールはツールが閉じられてログアウトしてしまいます。

スマホでチャートを見ながらPCで取引するといった使い方ができないので、ここはやや不便ですね。

DMM FX PLUS(PC版ツール)レビューと使い方

というわけで、かなりざっくりですが、まずはPC版ツールであるDMM FX PLUSについて、レビューと使い方を動画にしました。

※↓画像をクリックorタップするとYouTubeに移動します。

DMMFXPCツール動画画像

デメリットでもお伝えした通り、ボタンがやや小さめなので誤操作に注意しましょう。

ただPC版はチャートのカスタマイズ性がそれなりに整えられているため、自宅ではPC版を用いて取引したほうが分かりやすいと思います。

なお動画にはしていませんが、逆指値などの決済注文の場所がチャート内に表示されます。その価格表示されたツマミを上下させることでも注文箇所を変更できます。

例えば110.00円で買って109.95円の逆指値ポジションがあったとします。そこで110.10円になって含み益になったら、109.95円にある逆指値の注文を動かして110.05円に設定すれば相場が下がっても利益が確保できますよね。

DMM FX スマホアプリレビューと使い方

続いてはスマホアプリのレビューと使い方を動画にしました。

※↓画像をクリックorタップするとYouTubeに移動します。

DMMFXスマホアプリツール動画画像

こちらもデメリットでお伝えした通り、ややカスタマイズ性が残念。アプリなので下手に設定を変えると余計に分かりにくくなりそうですが、上級者になってくると少し使いにくく感じるかと。

ただスマホアプリは操作も軽く、慣れれば設定も簡単に変更できるため初心者向けです。

FX取引のリスク

DMMFXに限った話ではありませんが、FX取引にはリスクがありますのでよく確認しましょう。

代表的なリスクは下記の通りです。

  • 為替変動リスク:急な価格変動による予想外の損失など
  • レバレッジによるリスク:レバレッジを掛け過ぎたことによる損失など
  • 追加証拠金(追証)制度のリスク:証拠金維持率低下による必要証拠金の追加入金など
  • 強制決済のリスク:追証に伴う強制決済など
  • 業者のリスク:証券会社の倒産など
  • 金利変動リスク:スワップポイントの受払いなど
  • 流動性のリスク:要人発言やSQに伴う急な相場の変動など
  • 地政学リスク:政権交代や戦争などで急な通貨安または通貨高が起こるなど
  • ツール(システムダウンなど)のリスク:取引システムがダウンしトレードが行えなくなるなど

これ以外にも多種多様なリスクがありますので、口座開設時は必ずリスクの説明を確認しましょう。

まとめ:初心者におすすめだが上級者には物足りないかも

冒頭で紹介した通り、ポイントサービスやLINEでのお問い合わせなど、現代的なサポートが充実している点から初心者向けのFXサービスと言えます。

一方で中上級者となると、他社よりツールのカスタマイズ性がやや見劣りするため、物足りない方もいらっしゃるでしょう。

いずれにしても使ってみなければ分かりませんし、他にDMMのサービスを利用されている方はポイントも貯まりますから、口座開設して確かめていただければと思います。

口座開設はこちら→DMM FX

スポンサーリンク

FX

Posted by jun