2015年1月5日の運用成績は、日銀のETF(お年玉)買いも大発会は小幅安

2015年1月5日今日の運用成績エリアリンク

今日は大発会でしたね。

僕は相変わらず仕事なので相場が見られませんが、前場の下げっぷりが凄まじいですね。

マザーズ総合は微増。前日比+7.22円の916.89円。

日経平均は結果的に小幅安。前日比-42.06円の17,408.71円で取引終了です。

そして今日の運用成績はこちらです。

screenshotshare_20150105_183113

エリアリンクよ今年こそはマザーズから出よう!

マザーズ総合指数は微増だったものの、相変わらず動きの悪い(´・ω・`)

それにしたって、今年こそはマザーズから出るのかどうかを発表して頂きたい。

関係はないかもしれませんが、今日エリアリンクのサイトで発表された社長のコラム「時代を読む」を見ていましたら、不動産市場は底に向かっているという一文が。

それで今日は下げたのかな(´・ω・`)?

僕は今までの不動産の販売を続けていたらそうなるなぁとは思います。マイホームどころか車も買わない同世代が多いですから、将来的には不動産業界も冷えてくると思います。ただ、そんな中でも時代のニーズに合った不動産というかサービスが提供できる会社は生き残るでしょうね。

日銀からのお年玉も効果無し?

そして、今日は日銀がお年玉を市場に寄越しました。ETF買いで、前場から後場にかけて株価が回復したようですね。

ただ、その後は勢いを失ったのか、一時17,500円を回復したかと思いきや、割り込んでしまいました。

ギリシャの政局不安が影響していますね。同国の総選挙は今月25日に行われるので、その日までは日経平均も伸び悩むかもしれません。良くて17,900円台か。18,000円を回復してもすぐに割れこむでしょうね。

ちなみに、昨年の同時期の日経平均の下げ幅は約2,300円でした。万が一のことも考えると17,000円ないし16,000割れも視野に入れないといけませんね。日経ダブルインバースを買うとか、リスクヘッジもちゃんとしないとな(。-`ω-)

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ
※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年1月5日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。