期間限定楽天スーパーポイントが余ったら使い道は募金しか方法はない?

2015年9月15日クレジットカード, 農業楽天

スポンサーリンク

どうも!楽天のポイントが貯まると嬉しい@xi10jun1です!

でもキャンペーンで貰った期間限定楽天スーパーポイントって、Edyに交換できなかったり、商品を買うには物足りなかったりして使い道が少ないんですよね。

なので今回は、期間限定楽天スーパーポイントを有効活用する方法として、募金する方法をご紹介します。

※楽天カードがあるとスムーズですので、まだお持ちでない方は公式ページ:楽天カードへ。

※2017年7月追記:2年も経つと募金以外の面白いサービスが出てきまして、こちらで期間限定楽天スーパーポイントを消費してみるのも楽しいですよ!

記事下:スマホ農業サービス『Ragri(ラグリ)』について

使い道のない期間限定楽天スーパーポイントを募金する方法

募金の窓口にアクセスします。

楽天クラッチ募金

※以下、画像は楽天クラッチ募金より引用しています。年数の経過により、画像と現在のコンテンツ内容が異なることがあります。

アクセスしたら少し画面を下にスクロールさせていくと、募金の詳細が書かれています。

今回は9月に関東・東北で甚大な被害をもたらした、台風18号による大雨の被害に募金したいと思います。楽天スーパーポイントで募金を行うので、「楽天スーパーポイントとカードで募金する」を選択します。

次にいくら募金するかの金額を設定する画面になりますので、楽天スーパーポイントの残高を確認してから金額を設定してください。

その際、下記のことに注意してください。

募金額について

1回の募金額は100円以上、1円単位となっております。

ポイントは、1ポイント=1円として換算致します。

ポイントは、50ポイント以上1ポイント単位で、1回あたり最大30,000ポイントまでご利用可能です。

1ヶ月に利用できるポイントは、募金以外のお買い物など「ポイント利用可能サービス」での利用額を合算して、100,000ポイントまでとなっています。

ポイントによる募金は、「楽天スーパーポイント利用規約(楽天会員向け)」第7条に基づき、ポイントを募金として利用するものです。

募金のお支払い方法に関しては、今後変更の可能性が有ります。

本サイトを通じた募金額のお支払いにはポイントは付与されません。楽天カードのご利用に対するポイント付与もされませんので、予めご了承ください。

ご利用可能なクレジットカードについて

現在ご利用いただけるクレジットカードは、楽天カードのみとなっております。

楽天カードをお持ちでない方は、全額ポイントでの募金となります。

引用元:http://corp.rakuten.co.jp/csr/donation/typhoon18_2015/ 注意事項より

確認したら、「募金する」のボタンをクリックして先に進みます。

その際、ログイン画面が出てきますので、ログインして先に進みます。

すると、楽天スーパーポイントの確認画面になります。

「ポイントを利用する」にチェックを入れ、先ほど設定した募金金額と同額の楽天スーパーポイントを、利用ポイント数の入力フォームに入力します。

例1:期間限定楽天スーパーポイントを使わないで募金するとき

期間限定楽天スーパーポイントを使わないで募金するときは、この画面で「ポイントを利用しない」にチェックを入れて、カードの決済で募金をするようにします。

その際、セキュリティコードの入力を求める画面が出てきますので、番号を入力して決済します。

例2:期間限定楽天スーパーポイントを使いつつカードでも募金するとき

例えば500円募金しようとして、期間限定楽天スーパーポイントが200ポイントだった場合、差し引き300円分の募金は、カードで払うことになります。

この場合、ポイントを使うにチェックをいれ、カード払いはそのままにして次の画面に行きます。

例3:期間限定楽天スーパーポイントでのみ募金する場合

今回僕がやろうとしているのは、期間限定楽天スーパーポイントでのみ募金するものです。

その場合も、一旦はカードで支払う手続きをすることになります。なので、期間限定楽天スーパーポイントの金額を確認して次に進みます。

ポイント支払を決めたら、次は楽天スーパーポイントか楽天キャッシュのどちらを優先的に使うかを設定します。今回は期間限定楽天スーパーポイントしか使わないので、「楽天スーパーポイントから優先して使う」にチェックをいれます。

画像にもある通り、ポイントは期間限定楽天スーパーポイントから優先して消費されます。

最後にお支払い方法の選択なのですが、ポイントでのみ支払うときでも楽天カードで支払うという手続きが必要になります。

※楽天カードのブランドを変更した方へ

なお、ここのカード情報が前の楽天カードのままになっている可能性があります。

僕は以前、楽天カードのブランドをVISAで持っていましたが、今はJCBのブランドに変えたので、ここで記載されているカード情報が古くなってしまっています。

なおブランドの変更手続きは、こちらの記事が参考になります。

で、既に破棄されたカード情報だとこの先エラーが生じるので、カードを変えた方はカード情報を変更しなければなりません。

変更するにはこちらで手続きを行います→my Rakuten – 楽天が提供するmyポータル

メニューから、会員情報管理→登録内容の確認・変更と進みます。

クレジットカードの変更ができる箇所がありますので、そこから変更手続きをしてください。

そしたら、お支払い方法選択画面に戻ります。

これでVISAからJCBに変わりましたので、「確認画面へ進む」をクリックして先に進みます。

※変更したのに反映されていない場合は、募金の手続きを最初からやり直してみてください。

募金者情報とお支払い内容を確認します。

このとき、募金額と楽天スーパーポイントのポイント数とが一致しているので、(楽天カードへの)請求金額が0円となるのです。

そしたら、決済内容を確認します。

先ほどカード情報を変更したので、JCBになってますよね。この状態で「この内容で募金する」ボタンをクリックします。

これで募金が完了です!せっかくなので、画面右上にある「この記事を応援する」のソーシャルボタンから拡散しましょう!

まとめ:期間限定楽天スーパーポイントの使いにくさは募金で解決!

楽天で頻繁にお買い物をされる方なら別ですが、期間限定楽天スーパーポイントって使いにくくないですか?まぁ僕がアマゾンばっかり使っているせいかもしれませんが・・・。

とはいえ失効させるのももったいないですから、今後余った期間限定ポイントは、募金で消費してみてはいかがでしょう?

楽天クラッチ募金

※2017年7月追記:スマホ農業サービス『Ragri(ラグリ)』について

楽天とテレファームが共同運営する『Ragri(ラグリ)』というサービスをご存知でしょうか?

上の画像が実際の画面で、スマホのバーチャル畑で育てた作物(有機栽培=オーガニックもある)が産地直送で実際に受け取れる、いわば”スマホ農業”なんです!

こちらのサービスは、決済時に期間限定楽天スーパーポイントが使えます。

詳しくは公式ページ:Ragri(ラグリ)

使ってみた記録もありますので、こちらも参考にしていただければと思います。

Amazonタイムセール祭り開催中!
Amazonタイムセール祭りが、2019年4月20日(土)9:00~4月23日(火)23:59開催!お得な買い物は今のうち! ※Amazonには法人・個人事業主向けのアカウント「Amazonビジネス」もありますよ!詳しくは→Amazonビジネスはこちら

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年9月15日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。


スポンサーリンク