商品やサービスをネットで広めるならブロガーやアフィリエイターを積極的に利用しよう!

どうも!日に日に暑くなる福島市から脱出したい@xi10jun1です(´・ω・`)

今回はタイトルの通り、商品やサービスをネットで広めるならブロガーやアフィリエイターを積極的に利用しよう!というお話です。

アフィリエイトサイトで売れている?北の達人のカイテキオリゴ

昨日、このような記事を書きました。

北の達人はインバウンドとカイテキオリゴで株価もブリブリ?腸効く!

飲んで3時間後、腸から「ぐりゅう」「くにー」などといった音が聞こえ、グニグニとうねるような感覚があったので、カイテキオリゴは効きそうな感じですね。

僕の体質のせいかもしれませんが(;^ω^)

それで、同製品は国内でも売り上げは好調のようですが、実はこれ、アフィリエイト案件として存在しています。

カイテキオリゴはアフィリエイトで人気?

北の達人は、商品のマーケティングにアフィリエイトを利用しています。

アフィリエイトの是非は他でやってくれればいいとして、北の達人がこうしてアフィリエイトを効果的に使っていることは、とても良かったのではないかと考えています。

ブロガーさんがレビューで大活躍!

以前、このような記事を書きました。

レビューズに登録して感じた職業化する「ブロガー」の期待と不安

ざっくり言えば、商品のレビューにブロガーが大活躍するよ!ってことなんす。

普通に商品の公式サイトを作って自社でプロモーションすると、テレビCMやらリスティング広告やらで、広告費はバカにならないでしょう。

でも、すでに何十万何百万pvもの影響力のある有名ブロガーさんにレビューを頼んだほうが、拡散力もありますし、手っ取り早いですし、広告費も抑えられます。なにより、そのブログの読者にとってみれば、そのへんのサイトでちょろっと見た広告より、有名ブロガーさんのレビューの方が信用できますし。

「この人がこう言うなら間違いねぇべ!」と。

アフィリエイターも大活躍?

それから、アフィリエイターのように、ネットで物を売るプロに頼むのもアリですネ。

彼らは「今すぐその商品が欲しい人」に向けてサイトを作り上げていくのが得意中の得意。

ちょっと下の画像を見てください。

北の達人カイテキオリゴ画像1

これは、カイテキオリゴで検索したとき、最も検索される関連キーワードです。

楽天で買いたい人、(妊娠中に使用してよいかなど)赤ちゃんへの影響が知りたい人、モニターの感想、お試し商品の詳細、効果の有無、副作用などなど。

主にこのようなキーワードで検索されているわけですね。

アフィリエイターは、こうした関連キーワードで検索されることだけでなく、この検索で来た人に商品を売れば儲かることも知っています。

彼らはそのためにドメインを取得し、サイトを作り上げ、最終的にアフィリエイトリンクから商品を売っていくわけです。

なので、上の関連キーワードのどの検索結果にも、カイテキオリゴのアフィリエイトサイトがだいたい上位5番以内には存在しているはずです。パッと見は分かりにくいんですが、少なくともカイテキオリゴで検索して日本語ドメインが出てきたら、ほぼアフィリエイトサイトと見ていいでしょう。

ネットで物が売れる流れ

例えば、妊婦さんがいたとします。

  1. どこかで「カイテキオリゴが効く」という話を聞いた。
  2. でも、自分は妊娠中。使用してお腹の赤ん坊に影響は無いのか気になる。
  3. 電話で聞くのは面倒なので、とりあえずネットで「カイテキオリゴ 妊娠中」と検索してみたら、妊娠中の使用について詳しく書かれたサイトが出てきた。
  4. そこで納得した妊婦さんは、そこから販売サイトに飛んで商品を購入。

かなり簡略化しましたが、ネットで物が売れるって、こういう流れになります。

「カイテキオリゴ 妊娠中」と検索してアクセスしてきた人に、妊娠中の使用について詳しく書かれたサイト内でその疑問(お腹の赤ん坊に影響は無いのか?)を解決し、そこからアフィリエイトリンクを踏んで商品の販売ページに飛んでもらう。

検索からのアクセスで物が売れる場合は、ブロガーもアフィリエイターもこの流れはだいたい同じです。

だから、「口コミとネットで火がついて」って、ブログとかアフィリエイトとかのことなんじゃないかな?と思うんですよねー。

まとめ:ネットで商品を売るならブロガーやアフィリエイター向けに展開した方がいい!北の達人を見習って!

つまり、ネットで商品を売る、サービスを広げたいと考えたら、ブロガーやアフィリエイターに頼んだほうがいいってことですネ。

それにしても、カイテキオリゴやべぇな。

お腹のグルグルがけっこう(;^ω^)

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク