日経平均大幅上昇。ただ単にダウ先の上げに乗っかっただけなので注意。

今日の運用成績楽天225ダブルベア, 窪田製薬ホールディングス

2020年7月6日日経平均画像

日経平均が大幅上昇しましたが、相変わらずの主体性の無さでダウ先の上げに乗っかっただけ。

国内景気も災害もお構いなしでガン無視ばかりしている、いつものインチキ相場が戻ってきたことだけは評価しましょう。

さて、ここからは夏相場がやってきますから、小さい値動きに翻弄されないようにせねば。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は大幅上昇。

2020年7月6日日経平均画像

前日比+407.96円の22,714.44円で取引終了です。

いやさ、なんでこんなに上がるの?一体どこに上がる理由があるわけ?

はい、ダウが上がっているからー。安定のインチキ相場で頭に来る、いつもの日経平均が戻ってきましたか。ほんと、どこの国の株価なんだか分かりませんね。

こうした主体性の無い値動きをしているときは、大体あとでドカ下げが来るもの。アメリカの雇用統計だって冷静にみれば過去の数字でしかないですし、感染者数が増えている現状で一体経済活動がどうなっていることやら。

マザーズ総合は続伸。

2020年7月6日マザーズ総合指数画像

前日比+12.18円の990.03円。

マザーズもいい加減、素直に下げてくれませんかね?

800円割れくらいまでドカッと下げてくれないと、欲しい銘柄が買えないよ。それにこれだけ上がるにしても、国内景気悪化は必至でどうやって経済活動するんですかね?

期待外れのドカ下げ、お待ちしてます。

本日の運用成績はこちらです。

2020年7月6日運用成績画像

為替は順調

今日はポンド円を少し取引していましたが、なんとか特別定額給付金の10万円を5%増やすことができました。

やはり自分の得意なチャートの形や手法でないと儲かりませんね。一時期は大きく儲けようと、長めのポジを持とうとして失敗しましたから。

引き続き、スキャで取っていきますかね。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ