YouTubeのチャンネルを1から育てるのは正直しんどい

2020年5月30日ライフハック

みなさんどうもYouTube!新しいチャンネルを作った@xi10jun1です。

謎理論競馬っていうチャンネルを新しく作ったのですが、1から育てることになっています。

自分のゲームチャンネルだってまともに登録者数増えないのに、本当にしんどいな・・・。

収益化できるまでが長すぎる

1からチャンネルを作っていくの、本当に難しい。

まず検索されないといけないし、SNSでシェアしたところで見てくれる人は少ないし。

いわゆる収益化の条件『チャンネル登録者数1,000人且つ動画視聴時間4,000時間』をクリアするまでに、一体どれだけかかることやら・・・。

買うって方法もあるけど

実はYouTubeのチャンネルって売買することもできるんですよ。グレーですけど。

サイト売買プラットフォームやM&Aサイトを経由して、収益化済みアカウントを大体数万円~数百万円で買うことができます。

ただそれは規約的に微妙なところですし、買った後にアカウントBANなどのトラブルが起きても、販売元もプラットフォーム側も誰も責任取ってくれませんからね。

それに一から自分でチャンネルを育てないと、実力が付いたことにはなりませんし。

まとめ:動画と言えど楽な道は無い

YouTubeでそろそろ収益化したいんですが、登録者1,000人と4,000時間は厳しいなぁ・・・。

と言っても、YouTube収益化の代わりに、Amazonアソシエイトを用いてますけどね。

とりあえず当面はこの謎理論競馬を頑張るしか。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク