不況・不景気でアフィリエイトはどうなるのか?

ブログ, ライフハック

みなさんどうもアフィリエイト!新しいサイトのために手持ちのドメインを売っている@xi10jun1です。

新型コロナウイルスの影響に伴う景況感の悪化に伴い、アフィリエイト業界も冬の時代が到来しそうな雰囲気です。

こちらとしてもいろいろ策を講じなければ・・・。

不況・不景気のアフィリエイト

まず想像に難くないのが、

  • 単価の低下
  • 特単の終了
  • 案件の終了

あたりですね。広告予算は削られるでしょう。

もちろんその期に使う予算は決まっているので、影響が出るとしたらこれからですね。そういったメールやお知らせがASPから担当者から告げられるかと思うと冷や汗が止まりません。

アフィリエイトのジャンルと手法の分散化は大事

こういうことのために、アフィリエイトジャンルの分散化って必要なんですよね。

1つのジャンルや1つのサイトあるいはブログで偏ってしまうと、それがコケたら終わってしまいます。僕が運営するサイトはブログも含めて現在4つほどありますが、全てジャンルと手法が異なります。

単価の高いジャンルと低いジャンル、SEOの手法とSNS主体の手法。これらを組み合わせただけでも、それぞれ4種類のサイトが出来上がりますからね。

まとめ:アフィリエイト業界は縮小する可能性がある

新型コロナウイルスの影響が出る前から、既にアフィリエイトのジャンルは厳しいものがありました。

とにかく公式サイトや被リンクのある大手メディアが強く、個人が運営するサイトでは太刀打ちできなくなっているのです。そこら辺のブロガーでは心が折れてしまうでしょう。

これからどうなるかは分かりませんが、少なくとも希望は無さそうですね・・・。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク