Surface Pro 4もコンセントで充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20,100mAh ACポータブル電源」レビュー!

ガジェット



スポンサーリンク


みなさんどうもRAVPower!Surfaceユーザーとしてついに不安から解消された@xi10jun1です。

『Surfaceってモバイルバッテリーから充電できないんだよねぇ。コンセントが使えるモバイルバッテリーで、いいの無いかな?』。

そう悩み続けること4年、ついにコンセント(AC出力)付きモバイルバッテリー「RAVPower 20,100mAh ACポータブル電源」を手に入れました!

これでもう怖いもの無しじゃああああ!

モバイルバッテリー「RAVPower 20,100mAh ACポータブル電源」概要

Amazonによると、製品詳細は下記の通りです。

  • 値段:1万4,000円前後
  • 容量:20100mAh / 74,37Wh
  • 入力:AC 19V/1.6A
  • AC 出力:110V/60Hz, 70W最大/60W定格
  • Type-C出力:DC 5V/3Aまで
  • iSmart USB出力:DC 5V / 2.4A まで
  • 本体重量:585g
  • サイズ:6.9×6.9×14.6cm
  • 本体充電時間:約4時間
  • 保護機能:マルチ充電保護チップ内蔵。過充電、過放電、過熱またはショートから本体と充電先を保護

対応しているデバイスと充電回数の目安がこちら

  • Macbook Pro 2016 13in(touch bar無):約0.8回
  • Macbook Pro 2016 13in(touch bar有):約0.8回
  • Macbook Pro 2016 15in(touch bar有):約0.5回
  • Macbook 2016 12in:約1回
  • HUAWEI MateBook:約2.5回
  • HP Elite x2 1012:約1回
  • Switch:約2.6回

使用できない機器はこちら。

  • 70Wを超える機器
  • 医療機器またはそれに類する機器
  • 起動電力の大きな機器
  • 正確な電圧、周波数、正弦波が必要な機器等
  • LuvBookと一部のドローン
  • コネクタがラッキング防止仕様の機器

注意点はこちら

  • バッテリー残量が60%以下の場合、ACポートとUSBポートを同時に使用しない
  • 本体がパススルー非対応(モバイルバッテリー本体を充電しながらスマホなどを充電できない)

今回はAmazonプライムデーで安くなっていたので、約5,000円引きで買うことができました。

「RAVPower 20,100mAh ACポータブル電源」レビュー

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」箱画像

さっそく中身を見ていくぞ!

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」箱取り出し画像

箱から取り出すと黒い収納ケースが。

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」説明書充電コード同梱画像

内容物は下記の通りです。

  • 本体
  • 本体充電用アダプター
  • Micro USBケーブル(30㎝・60cmそれぞれ1本)
  • 取扱説明書
  • 収納ケース

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」手に取った本体画像

とりあえず本体の重量感を確かめました。

記載にもある通り585gと、さすがに他のモバイルバッテリーに比べるとやや重め。コンビニで売っている600mlペットボトルくらいです。

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」長さ測る画像

続いてサイズ感です。分かりやすいよう、つまようじや定規を並べてみました。

高さはつまようじ2本分より少し大きいくらいですね。

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」大きさ比較つまようじ画像

そしてこちらが出力ポートになっています。

通常のモバイルバッテリーと同じUSBポートと、Macが充電できるUSB-C、そしてACと、幅広い充電が可能になっているんですよ!

左端の小さい穴は、本体充電用ACアダプターの差し込み口でここから充電します。

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」AC電源蓋外し画像

ACはカバーを外すことで使用することができます。

ホコリが入ってしまわないよう、持ち運びの際はカバーを絶対につけておきましょう。

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」側面詳細説明画像

側面下には、詳細情報が記載されています。

外観はこんなところですので、続いては機能面を見ていきましょう。

本体の電池残量を確認する

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」電源入れて残量確認画像

電源ボタンを押すと、側面のランプが電池残量を表示してくれます。

ランプ1つにつき20%ですので、使用前に残量を確認しておくといいですね。

Surface Pro 4をACから充電してみる

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」充電実験前画像

というわけで本命ですが、Surface Pro 4をACから充電してみます。

はたしてうまくいくのでしょうか?

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」充電実験中(可能)画像

おー!充電できた!

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」充電中画像

見えにくいかもしれないので、拡大写真を撮りました。

ご覧の通り、画面に充電中であることを示すプラグ型のアイコンが出ています!

成功!

Surface Pro 4ならどれくらい充電できるか?

問題は、Surface Pro 4ならどれくらい充電できるか?です。

そこでSurface Pro 4の電池残量を19%にまで落とし、仕事環境と同等にするため、電源プランを『もっとも高いパフォーマンス』にしたままブラウザを立ち上げた状態で充電してみます。

ツイッターのスレッドに約10分ごとの計測状況を載せていますが、最終的にはこうなりました。

ご覧の通り、19%→100%にするまでに時間にして約2時間、モバイルバッテリーの残量は20%以下でした。ということで『RAVPower20,100mAh』がSurface Pro 4を満充電にできるのは、1回が限度のようです。

もちろん利用環境によっては数値が変わってきます。

今回は最も利用されるであろうシチュエーションを想定したため、YouTubeを見たりソフトウェアを動かしたりすると、これよりも充電量が低下するかもしれません。

カフェ・喫茶店での使用感

Surfaceも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh」カフェ喫茶店幅画像

充電できるのが分かったところで、実際にカフェ・喫茶店での使用感をレビューします。

画像の通り、モバイルバッテリー本体がそれほど大きくはないので、幅をとって邪魔になるといったことはないでしょう。また四角いフォルムのおかげで、転がったり何かに引っかかったりする心配もないですね。

ただやはり重さがネック。これでもAC付きモバイルバッテリーの中では軽いほうなんですが……。

まとめ:Surfaceユーザー歓喜!これでもう怖いもの無し!

ずーっとほしかったんですよ、Surface用のモバイルバッテリー。どのメーカーもなかなかSurfaceまでカバーしてくれなくて……。

でもついに手に入れることができて、本当に嬉しいです!

充電できることももちろんなんですが、コンセントが使えるので災害時の緊急用の電源(といっても65W以下の小型家電用)として用いることもできますからね。

Surface唯一の弱点であるモバイルバッテリーの問題がこれでなくなったので、どこでも作業できるぞ!

Amazonプライムについて

今回のこのモバイルバッテリーは、年1回開催のAmazonプライム会員限定のセール『Amazonプライムデー』で46%割引で購入しました。

特典がたくさんあるので、まだご利用でない方は予め登録しておきましょう。

Amazonプライム未登録の方はこちら(30日間の無料体験登録あり)→プライム会員の詳細と登録はこちら!

スポンサーリンク

ガジェット

Posted by jun

スポンサーリンク



スポンサーリンク