Tablift(タブリフト)をどうしてもSurface pro 2で使う方法!

スポンサーリンク

みなさんどうもタブリフト!意地でもSurface pro 2を使いたかった@xi10jun1です。

先日、サイバーエージェントが運営するクラウドファンディングサイトMakuakeで支援した「Tablift(タブリフト)」が、ようやく届いたんです。

Surface pro 2をダラダラと使うべく手に入れたのですが、全然ダラダラできない状況になってしまいました。

※公式の使い方ではない(ていうかそもそもSurface pro 2は対象外)と思われます。万が一Surface pro 2落っことしても責任は取れません。あくまでも「可能だ」ということをお伝えしております。

Tablift(タブリフト)とは?

Tablift(タブリフト)は、タブレット端末専用のスタンドアイテムです。アメリカの企業Nbryte.LLCが製造し、日本国内での流通販売をさくらドームという会社が行っています。今回のクラウドファンディングは、この販売のための案件だったんです。

Tablift(タブリフト)のスペックは、このようになっています。

  • 固定部分のサイズ:15 × 9 × 4.5㎝
  • 足の長さ:約34㎝
  • 全長:約83㎝
  • 重さ:1,130g
  • タブレット対応端末:アップルの全てのiPad、Samsung Galaxy stand(すべてのモデルとサイズ)、Microsoft Surface 2/3、MicrosoftSurface Pro 3/4、AmazonのKindle – Fire HD, Fire HDX, Paperwhite、その他厚みが10mm未満のタブレット
  • スマートフォン対応機種:iPhone6、iPhone6plus、iPhone6s、iPhone6s plus、iPhone7、iPhone7 plus、その他厚みが10mm未満のスマートフォン

そう。この『厚みが10mm未満』というのが、後に大事件を引き起こします。

スポンサーリンク

Tablift(タブリフト)を使ってみよう!

というわけで、Tablift(タブリフト)を開封していきたいと思います。

パッケージは全部英語ですね。最近海外から物を購入する機会が増えたせいか、英語力がそこはかとなく身についてきました。

綺麗なお姉さんに興奮したところで、裏面を見てみます。

裏面も当然英語ですが、デザインからおおよその使い方は分かりますね。

ちょっと表面が汚いかもしれませんが、実は宅急便の伝票シールがべたっと貼り付けてあったので、剥がした痕がでるんでるんに残っちゃいました。てへぺろ。

側面も確認。おや、親切にも日本語が。

なるほど、こうやって使うんですね。ありがたや~。

反対側も確認したら、いよいよ箱を開けましょうか。

同梱されていたのは、本体と説明書です。

説明書もどうせ英語ですから、あとであとで。

グーグルの翻訳アプリを使って読んでおきましょう。

さっそく取り出して脚を開いてみたんですが、いやこの脚を開くのが意外にも重くてですね。エキスパンダーのようにギチギチと音を立てて動かすので、
若干腕の筋力を使います。

長さの目安にと30センチの物差しを置いてみましたが、余計に分かりにくくなってしまったかな・・・。おセンスがなくて申し訳ない限りです。そのうち美術館に行ってきます。

肝心かなめの設置部分ですね。プラスチック製のため、結構堅いです。

裏面はこんな感じ。

さて本体を十分こねくり回したところで、さっそくタブレットPCことSurface pro 2を・・・。

[悲報]Surface pro 2が入らない・・・だと!

別室に移動して、足を立ててみました。

SF映画に出てくる、スパイロボットようなこのビジュアル!おらワクワクすっぞ!

ワクワクが止まりました。

Surface pro 2が入らない・・・だと!

それもそのはず。Surface pro 2の本体幅は13.5mm、Tablift(タブリフト)の固定部分の幅は『厚みが10mm未満』のスマホやタブレットに対応しています。

つまり、Surface pro 2は対象外なのです。

どうしてもSurface pro 2で使う方法!

いや、諦めてはなりません。僕はスーパーサイヤ人より頭がいいので、この状況をなんとかしてみせます。

まずはSurface pro 2本体のスタンドを引っかけてみました。

よし、これならいけそうだ。

と思ったのですが、少し動かすとどうもグラつきます。しかもフック(これも『厚みが10mm未満』)もいまいち引っかからない。

それにSurface pro 2本体が前かがみに落ちたらと思うと、気が気ではありません。僕はSurface pro 2が死ぬところなんて見たくない系男子なのです。

そして諦めたくない一心で、こうしてみました。

フックを一度後ろに持っていき、Tablift(タブリフト)本体中央部の穴から出しておきます。フックは少し力をいれて引っ張ります。

そしてフックをSurface pro 2本体の下にひっかけ、そのスタンドを、先ほどと同様Tablift(タブリフト)の設置部分にセッティングすれば・・・。

ほーら!

フックのあたりが若干ぎちぎちしますが、ある程度Surface pro 2本体を下支えしています。またスタンドが、Tablift(タブリフト)の設置部分にジャストフィットしているので、先ほどよりもまだ安定感があります。

ちなみに、我が愛するスマホFREETELのRAIJINは余裕で入ります。

横でも。

縦でも。

まとめ:Surface pro 4にしよう

ちなみにSurface pro 4だったら問題なく使えると思います。幅8.4 mmだし、そもそも対象になってますし。

あとこの方法だと、フックのゴムの部分をぎっちりと伸ばすので、使いまくっていると劣化する可能性がありますね。

いずれにしても、Surface pro 2でどうしてもTablift(タブリフト)を使いたい方だけ、お試しいただければと思います。重ねて申し上げますが、公式の使い方ではない(ていうかそもそもSurface pro 2は対象外)です。万が一Surface pro 2を落っことして壊れても責任は取れません。あくまでも「可能だ」ということをお伝えしております。

どれ、ゴロゴロすっぞ!

スポンサーリンク

記事が役に立ったらみんなにシェア!

いつもありがとうございます!はてブの方はもっとありがとうございます!