GROWIN(グローウィン)のAIが日経平均株価を予想!本当に勝てるのか実験!

2018年6月5日

GROWIN(グローウィン)画像1

スポンサーリンク


みなさんどうもGROWIN(グローウィン)!ついに株取引にAIを駆使し始めた@xi10jun1です。

いやぁ、株価予想にAIが使える時代なんですねぇ。しかも僕のような弱小一般投資家でも、プログラムが分からなくても使えるだなんて嬉しいじゃないですか!

というわけで今回は、AIによる日経平均株価予想ツールGROWIN(グローウィン)についての紹介です。

GROWIN(グローウィン)の概要

GROWIN(グローウィン)はAIを使った日経平均株価を予想するツールアプリです。

アプリとは銘打っていますが、まだスマホアプリにはなっていません。これからかな?

概要はこんな感じ。

  • 名称:GROWIN
  • 対応デバイス:PC、スマホ(現在ブラウザアクセスのみ)
  • 公式ページ:日経平均AI予想 GROWIN

公式ページによると、過去30年分、7,000日以上の日経平均チャートをサンプルデータとして、DTW距離算出アルゴリズムを活用しAIでパターン分析することで算出しているそうです。

AIの詳しい仕組みまでは分かりませんが、つまり、

  1. 過去30年分、7,000日以上の日経平均チャートから
  2. 似たような値動きを抽出して
  3. そこからAIがパターン分析(テクニカル分析)して
  4. 現在の値から『こうなるだろう』という値を算出

ということになりますね。

ログイン後のメニューにある「予想」のページから、予想の根拠として、いつのチャートとどの程度類似しているかが確認できます。

料金プランと支払い方法

料金プランは3つあります。

  • 3カ月プラン:2,100円(月あたり700円)
  • 6カ月プラン:3,000円(月あたり500円)
  • 12カ月プラン:4,800円(月あたり400円)

支払い方法はクレジットカード決済のみで、ペイパル決済が用いられます。

また契約は自動更新となるので、自動更新しない場合は、ログイン後の「アカウント」ページより自動契約更新の解除を行います。

僕は12カ月プランで契約しました。

思ったよりシンプルな使い勝手

ログイン後の画面を少しだけ見てみましょう。

※有料コンテンツのため、一部だけご紹介します。

GROWIN(グローウィン)画像2

こちらはトップページににあります。

真ん中の矢印が下向きになっていますが、これがGEOWINのAIが出した6月の日経平均株価の予想になります。つまり下がると予想されているわけです。

GROWIN(グローウィン)画像3

下にスクロールすると、先月(5月)の予想の結果が出てきます。

  • 4/27時点の日経平均株価:22467.87円
  • AIが予想した5/31の日経平均株価:23,607.01円
  • 実際の5/31日の経平均株価:22,201.82円

あらら、5月は外れていましたか。

金額までピッタリは不可能にしても、やはり上下の予想はAIにも難しいのかな。

GROWIN(グローウィン)画像4

続いて利益確定。

ここはAIが出した目標株価をゴールつまり100%とした、利確タイミングのメーターになります。

理想は『100%になったら利確して、ウハウハしましょう!』ってやつですが、そううまくいくもんかね?

GROWIN(グローウィン)画像5

その真下には、日経平均株価の値動きが掲載されています。

GROWIN(グローウィン)画像6

続いてメニューにある、キャッシュポジション。

ここはAIの予想を踏まえ、どの程度キャッシュポジション(つまり手元資金)を持っておくべきかを明示してくれる場所です。なお、灰色になっているのが投資ポジションです。

6月はキャッシュポジション多めの予想ですね。

メリット:データとAIを駆使することによる感情の排除

GROWIN(グローウィン)のメリットは、データとAIを導入することによる感情の排除です。

目先の上がった下がったよりAIの判断に任せることで、利益確定のタイミングを適切に判断できるようになります。

といっても決済するのは自分なので、いざってときの判断まで担ってはくれませんけどね。

デメリット:大きめのイベント発生とそれに伴うリスクに弱い

いくら過去のデータを分析したところで、大きめのイベント発生までは予測できません。

それこそアメリカと北朝鮮の首脳会談がどうなるか、それによって株価がどうなるかなんてAIだって予想ができません。なんせ米朝首脳会談は史上初ですから。

そういったイベント、特に史上初のリスクが発生した場合は悪しからず、ですな。

まとめ:GROWIN(グローウィン)のAI予想で勝てるのか実験!

5月の予想が外れていますから、AIとはいえ負けることもあります。過信してはいけませんね。

ただ人間が30年分の日経平均チャートを分析するのは面倒ですから、それを代わりにやってくれるもの、と考えればいいかな。

というわけで、せっかくなら実験してみようということで、仮想トレードサービス「トレダビ」でバーチャルのポジションを立ててみました。

トレダビGROWIN実験画像

購入したのは、日経平均ベア2倍上場投信(1360)を約100万円分です。

6月末に下がるのなら、ベア型のETFが儲かるはず!

GROWIN(グローウィン)公式ページはこちら→日経平均AI予想 GROWIN

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

フィンテック関連

One Tap BUY(ワンタップバイ)
One Tap BUY(ワンタップバイ)は、なんと1,000円から株式が売買できる証券取引サービスです。手数料は定額プラン980円/月(税込み1,058円/月)か、都度プラン(株価の0.5%分の手数料を買いの場合は加算、売りの場合は減算)から選べます。「お金がないから投資できない」を「こんなお金でも投資できる」にしたサービスです。
詳しくはこちら

関連記事:One Tap BUY(ワンタップバイ)の口座開設・購入方法・手数料を徹底解説!1000円から株主になろう!
myTrade(マイトレード)
myTrade(マイトレード)は、証券口座から株式などの運用資産のデータを取り込むことによって、一括で管理することができるスマホアプリです。
インストールはこちら(自動判別で各OSのストアにアクセスできます)

関連記事:資産運用口座の一括管理アプリ「myTrade(マイトレード)」が便利!保有株式の分析もスマホで楽々!

FX関連

GMOクリック証券FXネオ
主要通貨スプレッド。
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
スリッページが発生しにくいFX会社。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:GMOクリック証券FXネオ取引レビュー!PCとスマホアプリの使い方と中級者にオススメの理由!
関連記事2:FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

ソーシャルレンディング関連

ソーシャルレンディングはネット上でお金を借りたい人(企業)と貸したい人(投資家)を結びつける仕組みで、投資型クラウドファンディングの一種です。
OwnersBook(運用中)
国内不動産特化型のソーシャルレンディング。1万円から国内の主に東京都内を中心にした不動産事業者に投資ができる。こちらも不動産特有のリスク(不動産市場の悪化、自然災害、流動性)がある。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:OwnersBook(オーナーズブック)で5万円の不動産投資!収益分配と利回り公開!(運用中)
関連記事2:SBIソーシャルレンディングで5万円不動産投資!収益分配と利回りの結果を随時更新!(運用中)
関連記事3:クラウドクレジットの収益分配と利回り公開!5万円投資の結果!(運用完了)
関連記事4:ラッキーバンク収益分配と利回りの内訳を公開!5万円の小額投資の結果は?(運用完了)

スポンサーリンク

Posted by jun

スポンサーリンク



スポンサーリンク