PC(Windows)用『ノートン WiFi プライバシー』レビュー!フリーWiFiをよく使うフリーランスにオススメ!

2018年4月8日自営業, 防犯

みなさんどうもフリーランス!もうフリーランスになって3年くらい経過している@xi10jun1です。

前の会社よりも長くフリーランスで仕事をしていまして、地元や東京のカフェ・喫茶店で作業する時間も増えてきました。しかし公共のフリーwi-fiは、セキュリティリスクがとても高いことで知られています。

そこで以前セミナーで知った『ノートン WiFi プライバシー』を導入してみました。これまでスマホアプリ限定だったんですが、PCでも利用できることを先日知りまして、今回の導入となりました。

ノートン WiFi プライバシーとは?

『ノートン WiFi プライバシー』は、VPN(Virtual Private Network:インターネット上で専用の仮想通信ラインを構築することで、安全なデータ通信を行う仕組み)によるインターネット通信の暗号化サービスです。

これまではiOSとAndroidのアプリのみが提供されていましたが、2017年3月16日に発売されたパッケージ版より、スマホに加えてWindowsとmacOSのPCにも対応しました。

ダウンロード版の料金はこちら。

  • 1年1台版:税込み3,229円(月あたり約269円)
  • 1年3台版:税込み3,769円(月あたり約314円)

月当たり牛丼1杯分の値段でセキュリティ対策ができるんですから、なかなかお安いですな!

ダウンロード版は公式販売サイトへ

世界で一番売れているーノートン

パッケージ版もあるのですが、こちらは値段がバラバラですので販売サイトにて各自ご確認ください。

パッケージ版はこちら

さて、なぜ『ノートン WiFi プライバシー』が必要なのか。

それはノートンの公式動画を見れば分かります。

フリーwifiというと、最近はコンビニやコーヒーチェーン店、公共施設などあちこちに設置されるようになりましたよね。

でもその中には、偽のフリーWi-Fiスポットが混じっていることがあります。アクセスして繋いでしまうと、動画のように偽サイトへの誘導や、ログインIDにパスワードまでバレバレになる恐れがあります。

それをVPNを使って安全に通信しましょう、というのが『ノートン WiFi プライバシー』になります。

『ノートン WiFi プライバシー』でできること・できないこと

この『ノートン WiFi プライバシー』でできることは次の通りです。

  • フリーWi-Fiでも強固な暗号化通信を行える
  • ウェブサイトを匿名で閲覧できるので、プライバシーが守られる
  • 通信のログも記録されないので、オンライン上の動きが追跡されたり保存されたりすることがない

なので勘違いしやすいですが、

  • ウィルスやマルウェアの不正なインストール
  • 悪質なアプリやWebサイトによる個人情報流出

などを防ぐものではありません。

目的はあくまでものぞき見の防止やプライバシーの保護になります。PCやスマホの「覗き見防止フィルター」ってあるじゃないですか。あれの通信版です。

PC(Windows)の使用感レビュー

というわけで、早速手持ちのSurface pro 4(PC:Windows)に『ノートン WiFi プライバシー』をインストールし、ドトールにあるフリーWiFiに接続してみました。

接続時の様子をgifにしてみましたので、下記をご覧ください。

画像下に黄色い輪っかのようなマークがあり、それが『ノートン WiFi プライバシー』になります。フリーWiFiへの接続が成功すると、瞬時に機能が働いているのが分かります。

これは頼もしい!

『ノートン WiFi プライバシー』のアイコンをクリックすると、初期画面がこのように表示されます。

下の『仮想プライベートネットワーク』のつまみをクリックすることで、VPNのON/OFFを行えます。その際は安全でない接続であると表示されます。

続いて、仮想の場所。

こちらは、どの国からアクセスしているように見せるかを、こちらで操作して変更することができます。自分の居場所を偽装できるってことですね。

最後は広告追跡。

サイトを閲覧したときに出てくる広告は、閲覧者の年齢や性別、閲覧履歴などから個人情報を追跡しています。それによって関連する広告が出てくるわけですが、その追跡をブロックすることができます。

ただしこの機能をONにしていると、アクセスできなくなるサイトが出てきます。ちなみに僕の場合は、A8.netにアクセスできなくなりました。

なのでその際は、『広告追跡をブロック』のつまみをクリックしてOFFにすることで、再度アクセスができるようになります。

この辺の使い勝手を考えると、サイト運営が主体のフリーランスなんかはちょっと使いにくいかもしれません。URLのホワイトリスト登録ができないので、その点は今後に期待ですね。

『ノートン WiFi プライバシー』をオススメしたい人

『ノートン WiFi プライバシー』をオススメしたいのはこんな方々です。

  • 普段から飲食店のフリーWiFiを多用するフリーランス
  • 海外出張やワーキングホリデーなどで海外のWiFiをよく使う人
  • ハッカーはもちろん、そもそも広告の追跡も気持ち悪いと思っている人

逆にオススメしないのは、自宅のネット環境で間に合ってしまう人ですね。

まとめ:フリーWiFiのヘビーユーザーならセキュリティ対策は必須だよ!特にフリーランス!

僕もそうなんですが、外で仕事をするときにはついフリーWiFiに接続しがちです。

特に東京に行くとネット環境が多くて助かるんですが、それらになんの対策もしないで接続するのは大変危険なんですね。

以前、仮想通貨取引所のハッキング被害がありましたが、セキュリティ意識が高くないとああいったことが自分の身にも起こり得ます。

例えフリーランスでも!

もし取引先の情報が自分の通信から漏れたら?対応できますか、自分で?

月当たり牛丼1杯分の値段でセキュリティ対策をするか、情報流出で牛丼も食えないくらいの被害を受けるかって言われたら、答え決まってますよね?

ダウンロード版はこちら

世界で一番売れているーノートン

パッケージ版はこちら

スポンサーリンク

自営業, 防犯

Posted by jun



スポンサーリンク