弥生のスマート取引取込がFireFoxで使用不可に!IE(Internet Explorer)で再設定する方法


スポンサーリンク

~Amazonプライムデー2018開催中!~
年に1度だけのお祭りセールを見逃すな!

2018年2月15日クレジットカード, 自営業

みなさんどうも弥生会計!残念なお知らせにがっくりしている@xi10jun1です。

現在僕はやよいの青色申告オンラインを使っているのですが、銀行口座やクレジットカードの情報を取り込めるシステム「スマート取引取込」が、FireFoxで使用不可になってしまったのです。

そのため急遽IE(Internet Explorer)を起動させましたので、特にWindows10をお使いの方に向けて対処法を紹介します。

スマート取引取込がFireFoxで使用不可の原因

単刀直入に言うと、原因はFireFoxのアドオン(プラグイン)である『mozilla npruntime moneylook plugin』と『mozilla npruntime moneylook plugin v2』の2つのサポートが終了してしまったからなんです。

(2017/3/8) Firefoxバージョン52でMoneyLook プラグインが使用できなくなりました。
そのため、下記メッセージが表示される現象が発生します。

「このパソコンにログイン情報管理マネージャーが インストール されていないため利用できません。ログイン情報管理マネージャーがインストールされているパソコンからご利用いただくか 、このパソコンにインストールをしてご利用ください。 」

Firefoxバージョン51ではMoneyLook プラグインの認識ができますが、セキュリティのためInternet Explorerの最新版をご利用くださいますようお願い申し上げます。

引用元:お知らせ詳細|Money Look(マネールック)

スマート取引取込は、他のブラウザ(Google Chrome、Microsoft Edge、Opera)では元々サポートされていませんから、起動させても無意味です。

というわけなので、今回は不本意ですが、IE(Internet Explorer)を使って再度取り込みを行っていきたいと思います。

Windows10でIE(Internet Explorer)を起動させる方法

で、今の僕の環境がWindows10なのですが、既定のブラウザは既にMicrosoft Edgeになっています。IE(Internet Explorer)なんてどこにあるのだろうか?そもそもまだ使えるのか?

と思って、スタートボタンにあるPCのアプリから調べてみると。

弥生のスマート取引取込がFireFoxで使用不可に!IE(Internet Explorer)で再設定する方法

あった!Windowsアクセサリの中にありましたよ!

これを起動させて、設定すればいいんだな。

IE(Internet Explorer)でスマート取引取込を再設定

弥生のスマート取引取込がFireFoxで使用不可に!IE(Internet Explorer)で再設定する方法

引用元:スマート取引取込 口座連携の設定

IE(Internet Explorer)を立ち上げたら、最初の導入手続き用の設定ページ→(スマート取引取込 口座連携の設定※コピペ用→https://kouza.yayoi-kk.co.jp/user/client/intro)にアクセスします。

すると、上のような画面になります。

弥生のスマート取引取込がFireFoxで使用不可に!IE(Internet Explorer)で再設定する方法

引用元:スマート取引取込 口座連携の設定

すでに弥生口座自動提携ツールはインストールしてあるので、画面下にあるアドオンを許可するボタンをクリックし、「利用を開始する」から次に進みます。

弥生のスマート取引取込がFireFoxで使用不可に!IE(Internet Explorer)で再設定する方法

引用元:スマート取引取込

これで通常のログインのサイトが表示されました。

弥生のスマート取引取込がFireFoxで使用不可に!IE(Internet Explorer)で再設定する方法

引用元:スマート取引取込

あとは普通にログインして、取引を取り込めばOKです。

弥生のスマート取引取込がFireFoxで使用不可に!IE(Internet Explorer)で再設定する方法

引用元:スマート取引取込管理画面

ただし銀行から取引を取り込む際、上記のような画面が出ますので、許可をするをクリックします。

弥生のスマート取引取込がFireFoxで使用不可に!IE(Internet Explorer)で再設定する方法

引用元:やよいの青色申告オンラインスマート取引取込管理画面

あとはやよいの青色申告オンラインで取り込むだけなので、FireFoxでも動作は可能です。

余談ですが、毎回導入手続き用の設定ページにアクセスすると時間がもったいないので、スマート取引取込ログイン用のURL→(https://kouza.yayoi-kk.co.jp/)は、IE(Internet Explorer)でお気に入り登録しておきましょう。

まとめ:弥生さん、UX(ユーザーエクスペリエンス)が悪くなってるよ!

やよいの青色申告オンラインは、経理や会計がある程度分かる人だと使いやすく、且つ各種サポートが充実しているのがメリットなんです。実際仕訳入力に慣れている人に関しては、MFクラウドやfreeeよりも僕は使いやすいと思います。

が、ことこのネット関連の提携とか、動作といった部分が弱いのが弥生のデメリットなんですよ。IE(Internet Explorer)で動作しないといけないなんて、時代に逆行してますからね。せめてGoogle Chromeでも動作ができてほしい・・・。

かと言って一度会計ソフトを導入しちゃうと、なかなか他社サービスに移るのは面倒です。以前MFクラウドに弥生のデータを移行したことがあるんですが、まぁ面倒でした・・・。

入力関連はとても使いやすいので、弥生さんにはもっとネットまわりのUX(ユーザーエクスペリエンス)を頑張ってもらいたいです・・・。もし機能改善などの続報がありましたら、こちらに明記していきます。

クラウド会計ソフト関連サービス

やよいの青色申告オンライン
非ネット系の事業者で、簿記・会計、青色申告・確定申告がある程度分かる人向け。業界最大手のサポート力が強み。

個人事業主(やよいの青色申告)料金プラン

  • セルフプラン:1年間無料お試し可能。次年度は8,640円(税込)/年。キャンセル可。
  • ベーシックプラン:電話サポート付で初年度6,480円(税込)/年!次年度は12,960円(税込)/年。キャンセル可。

法人(弥生会計オンライン)料金プラン

  • 無料体験プラン:最大2か月、電話・メールで操作質問から仕訳相談まで無料体験可能。決算書作成機能は利用不可。
  • セルフプラン:初年度は最大2か月の無料体験がついて最大14か月使えます。年額プランのみで28,080円(税込)/年。
  • ベーシックプラン:仕訳相談・経理業務相談・マイナンバー相談が利用できます。年額プランのみで32,400円(税込)/年
詳しくは下記ボタンから公式ページへ
MFクラウド
ネット系の収入が多い事業者(ブロガー、アフィリエイター、ライター、デザイナー、物販など)で、簿記・会計、青色申告・確定申告が不安な方向け。マネーフォワードとの連携を視野にする方にオススメ。

個人事業主(MFクラウド確定申告)料金プラン

  • フリープラン:仕訳件数15件まで0円/月。
  • ベーシックプラン:仕分け無制限で、月額プラン800円/月、年額プラン8,800円/年(月額プランより800円安)
  • 電話サポート付ベーシックプラン:仕分け無制限で、年額プランのみ17,200円/年。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

法人(MFクラウド)料金プラン

  • フリープラン:仕訳件数50件まで0円/月。
  • ライトプラン:仕分け無制限で、月額プラン1,980円/月、年額プラン21,780円/年(月額プランより1,980円安)
  • ベーシックプラン:仕分け無制限で、月額プラン2,980円/月、年額プラン32,780円/年(月額プランより2,980円安)
  • バリューパック:仕分け無制限で、月額プランのみ3,900円〜/月。会計業務、請求書作成、経費精算、給与計算、マイナンバー収集の5つのサービスをまとめて利用可能。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ
freee
簿記・会計、青色申告・確定申告が不安な方向け。領収書の管理から確定申告まで、スマホで完結させることも可能。

個人事業主用料金プラン

  • スターター:とにかく確定申告をしたい方向け。月額プラン980円/月、年額プラン9,800円/年(月額プランより税抜き換算で1,960円安)。
  • スタンダード:日々の経理の効率化から確定申告までしたい方向け。月額プラン1,980円/月、年額プラン19,800円/年(月額プランより税抜き換算で3,960円安)
  • プレミアム:複数店舗経営などをされている方向け。年額プランのみで39,800円/年

法人用料金プラン

  • ライト:事業規模小。月額プラン1,980円/月、年額プラン19,800円/年(月額プランより税抜き換算で3,960円安)
  • ビジネス:事業規模大。月額プラン3,980円/月、年額プラン39,800円/年(月額プランより税抜き換算で7,960円安)
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

※警告:事業用クレジットカードについて

一般向けのクレジットカード(楽天、Yahoo!、リクルート、イオンなど)は、規約上、事業用として利用してはいけないことになっています。

個人事業(フリーランス)でクレジットカードを使うなら、管理や信用の意味でも法人(ビジネス)カードにしたほうがいいでしょう。

そこでビジネスカードとして次の2枚を作ってみましたので、参考にしてみてください。

三井住友ビジネスカード for Owners
  • 三井住友カードのビジネスカード
  • クラシック年会費:1,250円+税(初年度無料)
  • ゴールド年会費:10,000円+税(初年度無料)
  • プラチナ年会費:50,000円+税
  • ブランド:Visa、Mastercard
  • 還元率:0.5%
  • 魅力:カードに屋号が入れられる法人カード
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを発行!個人事業主(自営業)に嬉しい屋号入り!
オリコ EX Gold for Biz iD × QUICPay
  • オリコのビジネスカード
  • 個人事業向け:オリコ EX Gold for Biz S iD × QUICPay
  • 法人向け:オリコ EX Gold for Biz M iD × QUICPay
  • 年会費:いずれも2,000円+税(初年度無料)
  • ブランド:Visa、Mastercard
  • 還元率:0.5%
  • 魅力:利用ステージによっては還元率が最大1.1%にもなる
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:『オリコ EX Gold for Biz iD × QUICPay』発行!高還元率のビジネスカードを持ちたい個人事業主にオススメ!

スポンサーリンク

~Amazonプライムデー2018開催中!~
年に1度だけのお祭りセールを見逃すな!

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2017年3月15日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。
スポンサーリンク


スポンサーリンク