カイカがCOMSA(コムサ)のパートナー企業に!日本発ICOプラットフォームに期待で反発?

今日の運用成績カイカ(旧SJI), プレミアムウォーターホールディングス

ようやく来たぁぁぁ!カイカ反発!

資本業務提携先のテックビューロより、本日、日本発のICOプラットフォーム『COMSA(コムサ)』が発表されました。

そしてカイカが、そのパートナー企業として参入していることが分かりました!

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

一応運用成績用のブログなんで、先にこっちを。

日経平均は反落。

前日比-50.78円の20,029.26円で取引終了です。

フラフラとしていて、全く方向感がないな・・・。

どっちかにガツッと動いてくれるといいのに。

マザーズ総合も反落。

前日比-15.65円の1,110.25円。

1日の暴落から反発したのが昨日でしたが、今日は続かずに再度下落です。中小型銘柄は決済して逃げている感じですね。

本日の運用成績はこちらです。

カイカ反発!

キタ――(゚∀゚)――!!

冒頭でもお伝えしましたが、資本業務提携先のテックビューロより、本日、日本発のICOプラットフォーム『COMSA(コムサ)』が発表され、そのパートナー企業にカイカも入っています。

まずICO(Initial Coin Offering)は、いわゆるIPOの独自通貨(トークン)版のこと。企業が独自通貨(トークン)を新規発行することで、株式の上場と同様の資金調達を可能にした技術です。

COMSA(コムサ)はブロックチェーンの技術を用いて、その資金調達のための場、つまりプラットフォームを提供するサービスなんです。

ここにカイカがパートナー企業として参加している他、同社代表取締役会長(CEO)の八木隆二氏が、テックビューロが設置したICO協議会の協議会員に加入しています。

これが材料視されたわけですね。

これまでのIRと違い、株価が大きく反応しています。あれほどしつこかった売り板があっという間に食われていく様子、久々に見ましたよ・・・。

それでも引け際にちょこちょこ売りが出ていたので、明日以降どうなるか。

これまでのパターンならズルズルと下げていくはずですが、今日の反発の様子からするに、大きくは下げないと見ています。

ちなみに今のところPTSでは少し上げていて、56.9円です。せめてここから2バガーくらいは行ってほしいな。

COMSA(コムサ)でICOする予定の企業

そしてCOMSA(コムサ)でICOする予定の企業は、現時点では次の3つ。

  1. 第1号案件(2017年10月予定):COMSA
  2. 第2号案件(11月中旬予定):プレミアムウォーターホールディングス(東証二部上場企業)
  3. 第3号案件(11月下旬予定):CAMPFIRE

このうち第1号案件(2017年10月予定)のCOMSA(コムサ)は、10月2日に自らトークンセールを実施することになっています。

さらにここで販売されるCOMSAトークンを、2号案件以降のICOでの払込みで使うと、5%以上の追加プレミアムボーナスもあります。

期間は2017年10月2日14時~2017年11月6日14時まで。

下記リンクから登録することが可能になっています。

COMSA Token Sale Dashboard

末尾コーナー:投資家向け関連記事とサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

フィンテック関連

myTrade(マイトレード)
myTrade(マイトレード)は、証券口座から株式などの運用資産のデータを取り込むことによって、一括で管理することができるスマホアプリです。
インストールはこちら(OSは自動判別)

関連記事1:資産運用口座の一括管理アプリ「myTrade(マイトレード)」の使い方!保有株式の分析もスマホで楽々!
関連記事2:[2019年最新版]投資(総合・投資信託・株式・信用取引・IPO・FX)の勉強用おすすめ無料アプリ!
Funds(ファンズ)
funds投資記事用画像
Funds(ファンズ)は投資型のクラウドファンディングの一種で、貸付ファンドと呼ばれる利回りと運用期間が予定された金融商品に投資できるサービスです。上場企業やそのグループ企業などに1万円から投資できます。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:Funds(ファンズ)のセミナーに参加!貸付ファンドについての質問と回答まとめ

FX関連

GMOクリック証券FXネオ
スリッページが発生しにくいFX会社で、主要通貨スプレッドは下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事1:GMOクリック証券FXネオ取引レビュー!PCとスマホアプリの使い方と中級者にオススメの理由!
関連記事2:FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2017年8月3日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。


スポンサーリンク