カイカ80円で利確!株価の本格始動はならず?

今日の運用成績カイカ(旧SJI), 楽天225ダブルベア

好決算を好感されたはずのカイカですが、終値は終わってみれば前日比+3円の74円。

寄り付き後は83円まで伸びるほどの、凄まじい買いが殺到していたのになぁ!

とりあえず80円で利確して、利益はプライベートのクレカ代に消えました・・・。

今日の日経平均とマザーズおよび新興市場の市況

日経平均は反発。

前日比+23.72円の22,891.72円で取引終了です。

23,000円の突破は難しいみたいですね。なかなか上値を追う感じではありません。

ただアメリカのほうで動きがありまして、減税法案が上院を通過した模様です。下院も現地時間20日午前に修正法案を再採決する見込みで、可決すれば法人税が現行の35%から21%に引き下げられる、大型の減税が達成されます。

これがさらにアメリカの株価を押し上げるか、それとも「期待で買って、事実で売り」になるか、ですね。

マザーズ総合は続伸。

前日比+6.90円の1,202.99円。

ようやく1,200円に復活ですね!

ここからさらに伸びるか、それとも調整になるか。年末も近いので、調整売りは出るかもしれないな。

本日の運用成績はこちらです。

カイカなぜ伸び悩んだ?

これまでの経験からそれを見越して80円で売却したのですが、どうやら上手くいったみたいです。

決算が好感されたはずのカイカですが、なぜ伸び悩んだのでしょう?

元々この株って発行済み株式数がとても多いうえ、以前から無限売りが続いている銘柄なんですよね。もうとにかく上がったらドカ売り。そればかりなんです。

なので今回の好決算でもそれが続くと見ていたので売ったのですが、利益確定売りを考慮しても、あれだけの好感で売り優勢になるのか・・・。

でも「下げたら買って、上がったら売る」がやりやすいといえばやりやすいのかな。今後もIRが出るでしょうから、下げたら買っていこうかな。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

スポンサーリンク


※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2017年12月20日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。