インスタグラムの雰囲気商法汚染が深刻!投資やビジネスの勧誘は全員詐欺!

2018年1月1日防犯

みなさんどうもインスタグラム!別に写真なんてツイッターで別にいいんじゃね感がある@xi10jun1です。

今、インスタグラムにおける雰囲気商法汚染が深刻な状態になっています。目視だけで詐欺と思われるアカウントがうじゃうじゃ。

騙される若者がこれ以上増えないよう、この記事で徹底的に書いていきます。またこの記事は、是非拡散していただけると幸いです。

雰囲気商法とは?

まずは雰囲気商法について、軽く解説します。

雰囲気商法とは、人がうらやむ生活を他人に見せびらかし、その生活を成り立たせているビジスや投資を勧誘して高額な料金を搾取する詐欺行為です。

ツイッターなんかでよく見ませんか?

インスタグラムの雰囲気商法汚染が深刻!投資やビジネスの勧誘は全員詐欺!

あるいはインスタグラムでは。

インスタグラムの雰囲気商法汚染が深刻!投資やビジネスの勧誘は全員詐欺!

なんてアカウント、見たことありませんか?

いい暮らしぶり(嘘)をSNSに投稿することで、あたかも”お金を稼いでいるすごい人感”という雰囲気を出すので雰囲気商法と呼ばれます。

そしてそれに騙されてコンタクトを取ってきた人にビジネスや投資を勧誘し、”コンサルティング料”や”商材料”と称して、高額な料金を請求してくる詐欺なのです。

オプザイル

インスタグラムの雰囲気商法汚染が深刻!投資やビジネスの勧誘は全員詐欺!

2016年頃、この雰囲気商法の新たなスキームとして、バイナリーオプションというほぼ博打に近い金融商品を勧誘していた通称”オプザイル”と呼ばれる若者の集団がありました。

彼らの手口は、まさに雰囲気商法の見本でした。

  1. バイナリーオプションで稼いだと称し、ツイッターでいい暮らしぶりをアピール
  2. DMやLINEでコンタクトを取ってきた人に実際に会う
  3. 高額な商材(他社提供の転用不可情報)を違法販売
  4. また1の繰り返し

この行為がツイッターの有識者たちの逆鱗に触れ、ついにはNHKまで取材に乗り出すなどしたのです。その後ツイッターアカウントは凍結され、彼らの動きは沈静化に向かうはずでした。

ところが、ツイッターで活動ができなくなった彼らは、今度はインスタグラムに現れて同様の行為を繰り返しているのです。

しかもバイナリーオプションが通用しなくなったのか、今度はビットコインなどの仮想通貨で詐欺行為を働いているようです。

雰囲気商法とインスタグラムの世界観は負の相乗効果を生んでしまっている

インスタグラムの雰囲気商法汚染が深刻!投資やビジネスの勧誘は全員詐欺!

インスタグラムは、いわゆる”インスタ映え”なもの(写真向きの意味で、”フォトジェニック”、”インスタジェニック”とも)を投稿して楽しむ世界です。テキストの面白さが重視のツイッターと違い、ビジュアル重視のSNSなのです。

そこに雰囲気商法の”人がうらやむ生活”的な写真や動画、それこそ”インスタ映え”な画像が出てきたらどうなるでしょう?

そして厄介なことにこのインスタグラム、他のSNSと決定的に違うのが『ユーザーの投稿する情報への信頼感』です。

インスタグラムには嘘はない?

インスタグラマーとして有名なGENKINGさんが、かつて”検索エンジンは使わない。SEO対策されているから。”と言及していました。

参照:Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」| TechCrunch Japan

ここの一文にこのようなものがあります。

「一昔前ならGoogleで検索して化粧品のランキングを見ていたが、いまは見ません。結果にウソが多いのも若い子は知っている。自分が使っている化粧品が良くなくても、(ネットの)評価がいいと『ウソだな』と思う。Instagramは個人がやっているからウソがない」

引用元:Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」| TechCrunch Japan

このように”普通の人が投稿する=ググるより信頼できる情報”という共通認識も手伝い、雰囲気商法とインスタグラムは相性が抜群な負の相乗効果を生んでしまっているのです。

“キラキラした生活”に憧れる若者が引っかかっている

インスタグラムの雰囲気商法汚染が深刻!投資やビジネスの勧誘は全員詐欺!

で、先程出てきたGENKINGさん。先日テレビ番組”しくじり先生”にて、キラキラした生活を魅せたいがために借金を重ねていたことを話されていました。

インスタグラムが流行して以降、こうした”キラキラした生活”を魅せたい、あるいは”いいねが欲しい”がためにお金を使う若者が増えています。

参照:インスタグラムに狂う女子たち、キラキラアカウントに潜む闇 | ORICON NEWS

その原因の1つに、田舎者コンプレックス(正確には劣等感=inferiority complex)があります。

“インスタ映え”する食べ物や景色、施設やレジャーに囲まれた憧れの都会人の生活と、それをうらやむ人たちによる”いいね”。『そうなりたい』『そうありたい』と思うあまり、インスタグラムにのめり込んでいくのです。

しかしながら、そんな投稿をするためにはお金が必要です。エッグナントカという食べ物に1,000円〜2,000円を払い、レジャーや装飾品に万単位のお金をかけねばなりません。

そんな人の目の前に、”インスタ映え”なものに囲まれた『自分と同じ生活がしたい方に、お金を稼ぐ方法を教えます』と謳う、同い年くらいの若者が現れたら……。

SNSの投稿は本質の裏返し

インスタグラムの雰囲気商法汚染が深刻!投資やビジネスの勧誘は全員詐欺!

そして実は雰囲気商法を仕掛けている若者たちもまた、動機は似たようなもの。

彼らの投稿には、「行動すれば結果に繋がる」などと意識の高い文言が並びます。でもあれは自身の能力や実力の低さに劣等感を感じるからこそ、それを隠そうとした結果なんです。

SNSの投稿は本質の裏返しであることが本当に多いんです。

リアルがキラキラしていないからSNSでキラキラしたがるし、自分の正体が大したことないからSNSで凄い人に見られようとする。

マンガで言えば“真面目ないい人キャラだったのに、実はたいしたことない敵キャラ”というわけ。ああいうキャラクター設定って、実はかなりリアルなんですよね。

そして証拠に、彼らの手口はほぼ同じです。誰かに教わったであろう雰囲気商法の手口をそのままやるだけで、工夫もひねりもありません。

そもそも雰囲気商法をやる時点でアウトなんですから、いずれにしたって大したことないんです。

まとめ:そのアカウント、詐欺ですよ!

インスタグラムだからといって、信じられる情報ばかりではありません。

特に最近ビットコインなどの仮想通貨が盛り上がっているため、人の詐欺はもちろん、コインそのものの詐欺もあり、収拾がつかない様子です。以前インスタグラムの運営にも報告してみましたが、効果があるのかどうか・・・。

とはいえ、ある程度は見極められます。

  • 稼ぐ方法を教えます。詳しくはLINE→○○○(またはメルマガ)というプロフィール
  • 行動すれば結果になるなどの意識高い系投稿
  • インスタ映えする写真と『○○を学びたい方はこちら→リンク』と書かれた怪しいリンク

雰囲気商法の詐欺アカウントは大体この投稿をしています。騙されないようにしましょう。

スポンサーリンク

防犯

Posted by jun

スポンサーリンク


スポンサーリンク