[警告]インスタグラムの若者たちに届け!オプザイルの雰囲気商法がおんどれらを狙っとるぞ!

皆さんどうもインスタグラム!最近になってようやくアカウントを作った@xi10jun1です。

「オプザイル?何それカッコイイの?」

知らないのも無理はありませんが、若者たちのお金が狙われているということだけは確かです。この記事は結構長いですが、大事なお金を守るためですので、読みこんでいただけると幸いです。

できれば友人知人に拡散してほしい。下にシェアボタンもあるから。

もくじ(見出しに一発ジャンプ)

  1. オプザイルって?
  2. バイナリーオプションって?
  3. バイナリーオプションの落とし穴
  4. オプザイルたちはバイナリーオプションを使って何をしているのか?
  5. まとめ:インスタグラム大好きな若者たちよ!狙われているぞ!
  6. 最後に

オプザイルって?

まず最初に尋ねますが、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどで投資を勧誘されたことはありませんか?もしくは、バイナリーオプションという単語を聞いたことはありませんか?

そのバイナリーオプションを使った投資を勧誘する集団、それがオプザイルです。オプザイルってのは彼らが名乗っているわけではなくて、ツイッターで生まれた呼称です。

彼らについて話す前に、まずはバイナリーオプションについて触れておきます。なるべく分かりやすく説明しますので、若干長いですがご容赦ください。

バイナリーオプションって?

簡単に言うと、金融商品の1つです。

まず次の画像を見てください。

画像左側が、外国為替。日本の円やアメリカのドルなど、異なる通貨を同じ価値で交換することを指す言葉で、これを利用した取引を一般的にはFX(外国為替証拠金取引)と呼んでいます。

ニュースでよく聞く「1ドル100円20銭から30銭」というのは、”今1ドルが100円20銭から100円30銭の価値として交換されていますよ”って意味です。

で、この為替の値動きを利用した仕組みが、画像右側のバイナリーオプション(binary=二進法、option=権利,派生商品などの意味)という金融商品。

“為替の今の値段が上がるか下がるかを予想し、当たれば手数料を差し引いた分が利益に、外れれば入金分だけ損失になる”というもの。つまり画像のように、現在の1ドル101円が数分後に101円以上に上がりますか?それとも101円以下に下がりますか?というのを選ぶだけ。

binary=二進法って書きましたが、もう少し分かりやすく翻訳するなら「二者択一式投資」、ゲームで言うところのハイアンドローです。

バイナリーオプションの落とし穴

バイナリーオプションそのものは、商品としての存在は認められています。が、とてもギャンブル性が強い、いやもうギャンブルだと思った方がいいかもしれません。

仮に資産10,000円でバイナリーオプションを行うとし、1回の投資金額は1,000円で、当たれば倍、負ければ0の取引を10回行うとします。

すると次のようになります。

ご覧の通り、実際に資産を増やそうと思ったら、トントン(10回中5回勝ち)では意味がありません。10回中6回以上勝たないといけないわけです。

そしてその確率は37.697%ありますが、これ高いですか?低いですか?って話ですね。

続いて1回の投資金額は1,000円のまま、当たれば倍から取引手数料25%(250円)を引いた残りが利益として得られ、負ければ0円の取引を10回行うとします。実際のバイナリーオプションの取引に近い状況です。

トントンだと今度は手数料負けしてしまいます。

もっと厳密に言えば、利益には税金(20%)もかかりますから、実際は10回のうち7回以上は勝たないと資産が満足に増えないのです。その確率に至っては17.189%となります。

そしてなにより、この1,000円だけの入金でいつまでも取引できますか?って話です。人間誰でも欲が出るものですから、「負けたから取り返すために今度は3000円投資で!」などとお金を積んでいったり、ギャンブルのように取引を繰り返したりする人が必ず出てきます。

これらがバイナリーオプションの落とし穴となります。

オプザイルたちはバイナリーオプションを使って何をしているのか?

バイナリーオプションのことが分かったところで、次に、オプザイルのようなバイナリーオプションを勧誘している人たちは、具体的に何をしているのか?について書いていきます。

結論から先に言うと、バイナリーオプションの情報やツールの販売、あるいは取引の指南(コンサルティング)によって利益を得ている人たちです。この辺にいろいろ法的な問題があるのですが、長いので割愛します。

とりあえず、バイナリーオプション単体では勝てていません。

で、彼らのやり口はこうです。

  1. SNSで優雅な生活をアピール(雰囲気商法)
  2. 興味を持った人たちに投資を勧誘する
  3. 実際に会って、ツールのアフィリエイトや情報商材の販売、コンサルティングをして利益を得る
  4. 1~3を繰り返し

かなり簡単に書きましたが、おおよそこのような形です。

少し紐解いてみましょう。

1.SNSでの優雅な生活感アピール(雰囲気商法)

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどを使い、自身が投資で儲けているかのように装うのが彼らの特徴です。

投稿される画像には、以下のような特徴があります。

  • 取引画面(儲かっているように見せるため、PC右クリックで使える要素の検証または要素の調査などで画面の数値を改ざんしている可能性が高い)
  • 高級ホテルや旅館、高級レストランの内装など
  • 単価の高い食べ物(焼肉、寿司)など
  • 現金の束

主にこの4つで画像投稿が埋まっています。

例えば。

こういう焼肉の写真とともに「新しいビジネスを始めるために○○さんと食事!やっぱり稼いでいる人は違う。いろいろ刺激をもらってます!」的な投稿をしているわけです。

そしてなにより特徴的なのが、春巻きの皮より薄っぺらい言葉の数々です。

  • お金を稼いで自由な時間を得よう!
  • 行動すれば結果に繋がるのに、なぜみんなやらない?
  • 現状維持は後退!どんどんチャレンジ!

俗に言う「意識高い系」の羅列ですね。

これらの投稿の目的は、自分たちが投資で稼いでいる証拠(嘘)を世に示すのと同時に、バイナリーオプションのリスク性を覆い隠す狙いがあります。

バイナリーオプションで破産してたら若者たちを集められませんし、ただウェイウェイしてるだけなら信頼されません。なので取引画面を載せたり、意識高い系のテキスト投稿で中和しているわけです。

先日NHKで放送された番組では、これらを雰囲気商法と呼んでいました。

2.興味を持った人たちに投資を勧誘する

彼らのアカウントを見ていると、LINEのIDやブログのURLが書かれていることがあります。

例えばこのように。

投資を学びたい方は、LINEでコンサルを受け付けているのでこちらにご連絡ください

→LINE ID:○○○○

実際にはこのようになっています。

こういった文言が確実にプロフィールに書いてあるか、またはDMなどでも送られてきます。

先日ツイッターのDMでこんなのが来ました。

こちらは休眠アカウントにやってきたDMで、どうやら自動で送っているようです。ここにLINEのIDやブログのURLが記載されていることがあります。

そのなかで「投資を始めてみたいんですけど、どうすればいいんですか?」などと反応すると、返事が返ってきます。何回かやり取りしたあと、「LINEを交換しましょう」とか「実際に会いましょう」とかいう話になっていきます。

3.実際に会って、ツールのアフィリエイトや情報商材の販売、コンサルティングをして利益を得る

実際に会うと、バイナリーオプションの説明とかビジネス(笑)の話とかをされ、最終的に情報商材やツールの購入を勧められます。

ツイッターで話題になったオプザイルたちは、他社から手に入れた再配布不可の情報をUSBに入れ、それをウン十万円で販売して利益を得ていました。これだけでも違法ですが、そもそもそんなUSBがウン十万円ということ自体があり得ない料金です。

おそらくこのUSBを使った手法は、テレビやネットでも公開されてしまったのでもう使えないでしょう。

今後は物ではなくコンサルティングという形で対面での指導を行い、その料金を高額にしていくことが予想されます。

あるいはアフィリエイトですね。バイナリーオプションの口座開設アフィリエイトは、紹介すると1件数万円もらえるものもありますし。

まとめ:インスタグラム大好きな若者たちよ!狙われているぞ!

ツイッターで話題になったオプザイルたちは、有識者の手により実態が暴かれた結果、アカウントの削除やRTによる拡散などで活動範囲が狭くなりました。

しかし彼らは、まるでがん細胞が転移するかのように、次なるSNSインスタグラムに現れているのです。

そして残念ながらこのインスタグラム、画像を投稿してタグづけて楽しむという世界観が、逆に雰囲気商法との相性抜群になってしまっているSNSと言えます。悪いことに、ツイッターに比べて有識者が少なく若者が多いため、”栄養豊富な餌場”となっている可能性があります。

断言しますが、彼らは詐欺です。決して彼らから投資を学ばないでください。金だけとられて終わりますよ。

最後に

あえて厳しく書きますが、このブログ記事の文量ですら満足に読み込めないような人は、投資なんてやめましょう。

実際に証券口座などを開設するには、利用規約や約款、リスクに関する確認などの様々な書類の閲覧が求められます。その文量は、この記事の数十倍以上の文字数に相当します。

これらの書類は、”法律で定められているから”ということの他にも、それだけ理解しないといけないことが投資の世界にはあるということを表しているのです。

これは投資に向いている・向いていない以前の問題です。重要な書類や大切な契約内容をよく確認する癖が付いていないと、おかしいことにおかしいと気づけなくなってしまいます。

最近このツイートがRTされまくっていましたが、そのあとこう続いてきます。

投資でよく言われる「自己責任」というのは、取引で損したことだけではなく、こういうことも含まれているんだということを理解しておきましょう。

で、本当に最後になりますが、オプザイルのような不適切なアカウントを報告することで、インスタグラムの治安を守ることができます。実効性があるかどうかはインスタ次第なので分かりませんが、下記のように報告してみましたので参考にしていただければと思います。

インスタグラムの不適切なアカウントをアプリから報告する方法と手順!

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク