ノートンWiFiプライバシーでつながらないサイトが結構ある


スポンサーリンク

防犯

みなさんどうもノートン!ずっとノートンユーザーの@xi10jun1です。

先日ノートンWiFiプライバシーをPCに導入しました。VPN(Virtual Private Network:インターネット上で専用の仮想通信ラインを構築することで、安全なデータ通信を行う仕組み)を使ったインターネット通信の暗号化サービスです。

で、そのデメリットの1つがまぁまぁな頻度で出てきていまして、今回はその症状の報告になります。

『つながらないサイトがある』

まずは症状の画面をご覧ください。

ノートンWiFiプライバシーでつながらないサイトが結構ある

こんな感じで、サイトにアクセスできなくなるんです。

通常Error 503は、アクセスの集中でWebサイトが一時的にダウンしたときやメンテナンス中などに表示されるものですが、これがノートンWiFiプライバシーを利用中にまぁまぁの頻度で出てくるんです。

しかも最初の1~2ページ目まではアクセスできるのに、3ページ目くらいになるとこのような状態に。

元々ノートンWiFiプライバシーには『広告追跡ブロック』機能をONにしていると繋がらないサイトがあるとの明記があり、そちらもOFFにしているのですが、それでもこのような画面が出てきます。

対策方法としては、シンプルにノートンWiFiプライバシーの機能をOFFにするだけなんですが、それじゃwifiプライバシーの意味が・・・。

法則性も分からない

よくASPの管理画面でこうなるので、広告関連のサイトはダメなのかな?と思いきや、そうじゃないサイトでもこのような症状が出ます。

法則性が分からんなぁ。

しかも同じサイトの同じページで、昨日はエラーになって表示されなかったのに今日はなんともない、なんてこともあります。

まとめ:ノートンWiFiプライバシーのデメリットはちょっとやっかい

サイトが表示されなくなったときに、いちいちノートンWiFiプライバシーの機能をOFFにするのは面倒だなぁ。

でも外で作業することが多いので、プライバシーの保護とかセキュリティ対策ってことを考えると・・・。

もう少し様子を見てみますかね。

スポンサーリンク

防犯

Posted by jun

スポンサーリンク


スポンサーリンク