インスタグラムの詐欺汚染が深刻!副業、バイオプ(BO)、仮想通貨の詐欺がオンパレード!

防犯



スポンサーリンク


皆さんどうもインスタグラム!アカウントだけはある@xi10jun1です。

久々にインスタグラムをのぞいたら、インスタ蠅どころじゃなくなってて本当に驚きました。

副業詐欺、バイオプ(バイナリーオプション)詐欺、仮想通貨の詐欺師たちが跳梁跋扈する、パンデモニウム状態となっています。

インスタグラムの詐欺について

インスタグラムに限らず、SNSには詐欺行為を行うアカウントが多数存在します。

特に多いのが「お金稼げる系詐欺」です。無料・簡単・スマホ1台で稼げるなどと謳い、数十万円もする高額なツールを売りつけたりコンサル料金を請求したりする悪質な詐欺です。

彼らはそのビジネスで稼いだと称し(嘘)、豪華な暮らしぶりや現金の見せびらかしをよく行います。それによって信ぴょう性を持たせようとしていることから、雰囲気商法とも呼ばれています。

彼らに連絡を取ると、LINEのコミュニティに参加したり、実際に対面で会ったりすることになります。そしてそのインチキビジネスのノウハウを教えられたり、よく分からないツールを買わされたりして、その代金として何十万円を請求されます。

雰囲気商法とインスタグラムは悪い意味で相性が良くなってしまっている

実はこの雰囲気商法とインスタグラム、非常に悪い意味で相性が良い組み合わせなんです。

まずインスタグラムの世界は、「キラキラしたもの」が評価されやすい世界です。美しい景色や美味しい食べ物など、「インスタ映え」という言葉があるくらい「キラキラしたもの」「ポジティブなもの」が良しとされています。

そしてインスタグラムの最大の特徴として、「個人がやっているから嘘が無い」という、ユーザーの投稿する情報への信頼感の高さがあり、これが悪用されているわけです。

インスタグラマーとして有名なGENKINGさんが、以前次のように言及していました。

「一昔前ならGoogleで検索して化粧品のランキングを見ていたが、いまは見ません。結果にウソが多いのも若い子は知っている。自分が使っている化粧品が良くなくても、(ネットの)評価がいいと『ウソだな』と思う。Instagramは個人がやっているからウソがない」

引用元:Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」| TechCrunch Japan

このように“普通の人が投稿する=ググるより信頼できる情報”という共通認識も手伝い、雰囲気商法とインスタグラムは、相性が抜群な負の相乗効果を生んでしまっているのです。

特徴と見分けるコツ

といっても、彼らには共通する特徴がありますので、見分けるのはそんなに難しくありません。

  1. マイナスステータスの出身(ブラック企業、フリーター、貧乏など)アピール
  2. 〇〇を知って月収○○万円になった
  3. お金を稼いで自由な生活を送ろう!
  4. LINEで教えます→[LINE ID]

インスタグラムだけじゃなく、SNSにおける特に『お金を稼ぐ系の詐欺』の9割はこのパターンです。特にLINEに引っ張ってこようとするのが彼らの特徴で、ターゲットが若者であることが伺えます。

また次のような単語を頻繁に使うので、見分けやすいのもポイントです。

  • ネットビジネス
  • 不労所得
  • 自由な暮らし
  • スマホのみでOK
  • 完全在宅
  • ブルーオーシャン
  • 完全自動
  • ほったらかし
  • 〇〇するだけ××ビジネス
  • 即日入金
  • 収入完全保証

他にも甘い言葉、魅力的な言葉をたくさん用いてきます。

ここからは、実際にインスタグラムで見つかる詐欺アカウントについて説明します。

副業詐欺

副業詐欺は、簡単、誰でも稼げる、完全在宅、ブルーオーシャンなどといった言葉が並ぶのが特徴です。

手法としては比較的古いのですが、最近は副業が解禁されるなどニュースになっているので、今後も注意したい詐欺ですね。絶対に連絡を取ってはいけません。

バイオプ(BO=バイナリーオプション)詐欺

バイナリーオプション(binary=二進法、option=権利,派生商品などの意味)は、為替の値動きを利用した仕組みで、ゲームで言うところのハイアンドローです。

つまり”為替の今の値段が数分後に上がるか下がるかを予想し、当たれば手数料を差し引いた分が利益に、外れれば入金分だけ損失になる”というもの。要するに、ほぼギャンブルです。

バイナリーオプションの存在自体は認められているものの、画像のように、それらを紹介する人たちに詐欺師が多いです。ツールを何十万円で売りつけたり、コンサル料と称して何十万円を請求してきたりします。

こちらに関しては以前記事を書いたので、詳しい話はこちらで。結構長いですけど。

参照:[警告]インスタグラムの若者たちに届け!オプザイルの雰囲気商法がおんどれらを狙っとるぞ! | ゆとり世代の投資家jun

仮想通貨(スキャムコイン・HYIP)

そして最近話題ということで、仮想通貨に関連した詐欺が進出し始めてきています。

ビットコインなどの「メジャーな通貨でビジネスを」などと謳う詐欺師なら、副業詐欺やバイナリーオプションの詐欺と手口が大体同じなので分かりやすいです。

ただ、スキャムコインと呼ばれる、詐欺を目的とした悪質な仮想通貨もあちこちで生まれています。ビットコインのような値上がりを期待して購入したら、実は実態がなくてお金を盗られただけだった、なんてことがありえます。

また仮想通貨絡みでは、HYIP(High Yeild Investment Programの略。「ハイプ」と呼び、高利回りで提供される投資商品の総称)もあります。

こちらはいわゆるねずみ講のようなもので、HYIP参加者が誰かを紹介すると紹介料が入ります。また投資するにはビットコインなどの仮想通貨を海外に送金することが多く、こちらも投資資金が返ってこないなどのトラブルがあります。

仮想通貨の詐欺やトラブルについては、株式の情報サイトみんかぶの仮想通貨用サイトのページが詳しいので、こちらも参照してください。

参照:仮想通貨詐欺の実態を探る! – 2017年07月28日 – みんなの仮想通貨

若いママさんをターゲットにするため子供の写真を勝手に宣材画像に?

インスタグラムの詐欺アカウントを調べていたところ、赤ちゃんや幼児の写真を宣材画像(宣伝材料用写真)にした画像の投稿が目立っていました。

例えばこんな感じですね。

具体的な写真を持ってくるのはちょっとアレなんで、雑ですが「いらすと屋」の画像で作ってみました。

そう。詐欺のために子供の写真まで用いているのです。なんと卑劣な・・・。

ターゲットは完全に若いママさん。普通の主婦でも稼げる、簡単、片手間などを謳い文句にLINEに引っ張り、(実際には稼げない)副業を教える代わりに高額な初期費用を請求して騙すというわけです。

ヤフー知恵袋では、既に同様の相談が載っています。

参照:20代前半主婦です。詐欺にあったかもしれません。インスタグラムの副業について – Yahoo!知恵袋

まとめ:今やインスタグラムは詐欺師であふれる無法地帯!

インスタグラムの利用者は圧倒的に若者が多く、逆にこうした詐欺に詳しい有識者が少ないんです。そのため注意を促してくれる人がおらず、インスタ映えを悪用した詐欺師たちの温床になっています。

インスタグラムに限った話じゃないんですが、SNSは刑事事件(暴力や差別)に発展しそうなアカウントは強く取り締まってくれるものの、詐欺や情報商材といった民事事件に発展しそうなアカウントはなかなか対応してくれません。

上手い話、甘い情報には必ず裏があります。

自分の身は自分で守りましょう。

もし騙されたら

もし騙されたら、消費生活センターに相談しましょう。最寄りの消費生活センターはこちらから探せます。

全国の消費生活センター等 国民生活センター

もしどこに相談していいか分からない場合は、消費者ホットライン(188)を利用します。消費者ホットライン(188)についてはこちら。

消費者ホットライン|消費者庁

こちらは年末年始(12月29日~1月3日)を除いて、原則毎日電話をすることができます。平日が難しい方にオススメです。

そして消費生活センターに相談するといっても、何をどうすればいいのか分からない方も多いと思います。

そこでちょっと長いですが、以前僕の身内が詐欺にあったときの記録をブログにしていますので、こちらも参考にしてみてください。相談方法から解決までの流れをほぼ網羅しています。

[実録]消費生活センターに詐欺被害の相談!高額な料金の支払いを取り戻せるのか?~準備編~

スポンサーリンク

防犯

Posted by jun

スポンサーリンク



スポンサーリンク