やよいの青色申告オンラインを1年間使った感想とマネーフォワードクラウドとの比較

2016年8月21日クレジットカード, 経費, 自営業

みなさんどうも、簿記会計!クラウド会計ソフトを使いこなしている@xi10jun1です。

先日→やよいの青色申告オンラインから→マネーフォワードクラウド確定申告(青色申告)に移行したんですが、なかなか使いなれないですねぇ。

ということで今回は、やよいの青色申告オンラインから移行した理由とか、使ってみての感想とかを諸々書いていきますね。

やよいの青色申告オンラインを1年使ってみた感想

まずやよいの青色申告オンラインを1年使ってみての感想ですが、とにかく仕訳入力が分かりやすいんですよ。

やよいの青色申告オンライン感想画像1

引用元:やよいの青色申告オンライン仕訳入力画面

例えば、よく使う取引を登録しておけば。

やよいの青色申告オンライン感想画像2

引用元:やよいの青色申告オンライン仕訳入力画面

ほいっとね。

どのクラウド会計ソフトも、簡単に操作ができると謳ってはいますが、仕訳入力に関してはやよいの青色申告オンラインの方がベストかと思われます。「ああ、そう、こんな感じなのね。ふんふん。」と、割と直感的に使っていけるんですよ。

たぶん、簿記が分かっている人ほど使いやすい仕様かと思います。

一方で。

やよいの青色申告オンラインの不便なところ

不便なところもいくつかあります。

ネットサービスとの連携が乏しい

やよいの青色申告オンラインの場合、アフィリエイトサービス(ASP)やBASEなどのネットショップとの連携が今のところできません。僕のような収益がネット主体の場合は、取引の自動取得ができないので、都度手入力になってしまいます。

その点はマネーフォワードクラウドの方が俄然有利ですね。

スクロールの動きが急過ぎる

やよいの青色申告オンラインって、科目を選択するときのスクロール動作が、急発進するんです。

費用項目の新聞図書費を選ぼうとしたときなんですけど、スクロール動作でちょっと動かしただけなのに、なんかぎゅーんって一気に動くというか。

これは使ってみないと分からないかもしれませんが、とにかくこの動作がストレスで仕方ないんです。

マネーフォワードクラウドも使ってみたけど・・・

ということで、やよいの青色申告オンラインの自動契約更新を停止して、マネーフォワードクラウドに移行してみたんです。

ところが、まぁ、仕訳入力が使いにくい!

やよいの青色申告オンライン感想画像2

引用元:やよいの青色申告オンライン仕訳入力画面

先ほどもありましたが、やよいの青色申告オンラインでの仕訳入力画面はこんな感じです。

マネーフォワードクラウドだとこうなります。

マネーフォワードクラウド仕訳画像1

引用元:マネーフォワードクラウド|手動で仕訳|振替伝票入力

マネーフォワードクラウド仕訳画像2

引用元:マネーフォワードクラウド|手動で仕訳|簡単入力

マネーフォワードクラウド仕訳画像3

引用元:マネーフォワードクラウド|手動で仕訳|仕訳帳入力

マネーフォワードクラウド仕訳画像4

引用元:マネーフォワードクラウド|手動で仕訳|取引から入力

やよいの青色申告オンラインで慣れているせいか、マネーフォワードクラウドの仕訳入力画面に使いにくさを感じました。もしかしてマネーフォワードクラウドでは、仕訳とかに自身の無い人を意識した仕様になっているのかな?

まとめ:仕訳に慣れている人はやよいの青色申告オンライン、仕訳に慣れていない人はマネーフォワードクラウド

つまり。

  • やよいの青色申告オンライン:仕訳入力が簡単でシンプルだが、銀行口座の取引を読みこむのがZaim経由なので二度手間になる。
  • マネーフォワードクラウド:銀行口座の取引を読みこむのがワンストップで楽チンだが、仕訳入力が(慣れている人にとっては)少し面倒な仕様

という感じですね。

何度か書いてますが、仕訳に慣れているならやよいの青色申告オンライン、仕訳や簿記がイマイチ自身なくて、銀行口座はワンストップで読み込みたい方はマネーフォワードクラウド、というふうに選ぶといいかもしれません。

僕はどうしようかなぁ。仕訳に慣れているからやよいの青色申告オンラインだけど、マネーフォワードクラウドで銀行口座の読み込みを楽にしたいし・・・。

もしかしたら、またやよいの青色申告オンラインに戻るかも。

各公式サイトへのアクセス
やよいの青色申告オンライン
非ネット系の事業者で、簿記・会計、青色申告・確定申告がある程度分かる人向け。業界最大手のサポート力が強み。

個人事業主(やよいの青色申告)料金プラン

  • セルフプラン:1年間無料お試し可能。次年度は8,640円(税込)/年。キャンセル可。
  • ベーシックプラン:電話サポート付で初年度6,480円(税込)/年!次年度は12,960円(税込)/年。キャンセル可。

法人(弥生会計オンライン)料金プラン

  • 無料体験プラン:最大2か月、電話・メールで操作質問から仕訳相談まで無料体験可能。決算書作成機能は利用不可。
  • セルフプラン:初年度は最大2か月の無料体験がついて最大14か月使えます。年額プランのみで28,080円(税込)/年。
  • ベーシックプラン:仕訳相談・経理業務相談・マイナンバー相談が利用できます。年額プランのみで32,400円(税込)/年
詳しくは下記ボタンから公式ページへ
マネーフォワードクラウド
ネット系の収入が多い事業者(ブロガー、アフィリエイター、ライター、デザイナー、物販など)で、簿記・会計、青色申告・確定申告が不安な方向け。マネーフォワードとの連携を視野にする方にオススメ。

個人事業主(マネーフォワードクラウド確定申告)料金プラン

  • フリープラン:仕訳件数15件まで0円/月。
  • ベーシックプラン:仕分け無制限で、月額プラン800円/月、年額プラン8,800円/年(月額プランより800円安)
  • 電話サポート付ベーシックプラン:仕分け無制限で、年額プランのみ17,200円/年。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

法人(マネーフォワードクラウド)料金プラン

  • フリープラン:仕訳件数50件まで0円/月。
  • ライトプラン:仕分け無制限で、月額プラン1,980円/月、年額プラン21,780円/年(月額プランより1,980円安)
  • ベーシックプラン:仕分け無制限で、月額プラン2,980円/月、年額プラン32,780円/年(月額プランより2,980円安)
  • バリューパック:仕分け無制限で、月額プランのみ3,900円〜/月。会計業務、請求書作成、経費精算、給与計算、マイナンバー収集の5つのサービスをまとめて利用可能。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ
freee
簿記・会計、青色申告・確定申告が不安な方向け。領収書の管理から確定申告まで、スマホで完結させることも可能。

個人事業主用料金プラン

  • スターター:とにかく確定申告をしたい方向け。月額プラン980円/月、年額プラン9,800円/年(月額プランより税抜き換算で1,960円安)。
  • スタンダード:日々の経理の効率化から確定申告までしたい方向け。月額プラン1,980円/月、年額プラン19,800円/年(月額プランより税抜き換算で3,960円安)
  • プレミアム:複数店舗経営などをされている方向け。年額プランのみで39,800円/年

法人用料金プラン

  • ライト:事業規模小。月額プラン1,980円/月、年額プラン19,800円/年(月額プランより税抜き換算で3,960円安)
  • ビジネス:事業規模大。月額プラン3,980円/月、年額プラン39,800円/年(月額プランより税抜き換算で7,960円安)
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

※警告:事業用クレジットカードについて

一般向けのクレジットカード(楽天、Yahoo!、リクルート、イオンなど)は、規約上、事業用として利用してはいけないことになっています。

個人事業(フリーランス)でクレジットカードを使うなら、管理や信用の意味でも法人(ビジネス)カードにしたほうがいいでしょう。

そこでビジネスカードとして次の2枚を作ってみましたので、参考にしてみてください。

三井住友ビジネスカード for Owners
  • 三井住友カードのビジネスカード
  • クラシック年会費:1,250円+税(初年度無料)
  • ゴールド年会費:10,000円+税(初年度無料)
  • プラチナ年会費:50,000円+税
  • ブランド:Visa、Mastercard
  • 還元率:0.5%
  • 魅力:カードに屋号が入れられる法人カード
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを発行!個人事業主(自営業)に嬉しい屋号入り!
EX Gold for Biz
  • オリコのビジネスカード
  • 個人事業向け:EX Gold for Biz S
  • 法人向け:EX Gold for Biz M
  • 年会費:いずれも2,000円+税(初年度無料)
  • ブランド:Visa、Mastercard
  • 還元率:0.5%
  • 魅力:利用ステージによっては還元率が最大1.1%にもなる
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:オリコのビジネスカード『EX Gold for Biz』発行!高還元率法人カードを持ちたい個人事業主やフリーランスにオススメ!

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2016年8月21日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

スポンサーリンク



スポンサーリンク