100ポイント貯めるより100円の商品を買わないほうが100倍得なのでは?

みなさんどうも100ポイント!ポイント依存症に気をつけている@xi10jun1です。

ポイントをたくさん貯めて、タダ飯を食べるのに使う。なんて最高のひとときなんでしょう!

でもポイントの快感を知ってしまったばかりに、逆に損している人ってたくさんいると思うんです。

※2017年10月追記:2017年11月1日より、楽天カードを使ったnanacoチャージ、モバイルSuica(全ての利用)、モバイルSuica年会費、Apple PayのSuica、SMART Icoca(チャージや発行など)において、楽天カードにポイントが付与されなくなります!

現状代わりにできそうなカードについては、→記事下に移動:楽天カードの代わりにできそうなクレジットカードまとめにまとめています。

100ポイント貯める方法

なんでもいいんですけど、100ポイント貯めようと思ったらどれくらいのお金を使えばいいのか。

例えばクレジットカード。

還元率1%(100円で1ポイント)のクレジットカードなら、1万円使えば100ポイント(=10,000×0.01)貯まりますよね。

ポイントカードも同様、100円で1ポイントなら1万円のお金を使う必要があります。

もちろんクレジットカードもポイントカードも、中には200円で1ポイントつまり還元率が0.5%のものもあります。それだと100ポイント貯めるのに、2万円のお金を使う必要があります(=20,000×0.005)。

このくらいは誰でも分かりますが、問題はこのポイントの貯め方にあります。

ポイントのために商品を買ったが最後

「2,000円分買うとさらに+20ポイントつきます」的なキャンペーンをよく見ますが、あれに釣られて余計な買い物をしていませんか?

例えばその日の買い物が1,500円で良かったのに、「ポイントが貰えるなら何か買おうかな?」と思うわけです。そして500円分の商品をカゴに入れ、何の疑いもなくレジに向かって、ポイントが貯まって大喜び。

おかしくないですか?

20ポイントのために、500円の商品を余計に買ったんですよ。20ポイント=20円ですから、20円の得のために、500円余計な出費しているんですけど・・・。

まとめ:ポイントに釣られてはいけない

ポイントって本当に恐ろしくて、コツコツと何かを貯めるのが好きな人ほどドはまりします。

そういう人は、貯めるとき以外にも損をします。ポイントの有効期限が切れるからといって、必要のないものまで買ってしまうわけです。

なのでポイントは、貯めようと思うんじゃなくて、「気がついたら貯まってた」くらいがちょうどいいんです。

ハマると「実は損していた」なんてことに気がつきにくくなるので、意識しないのが一番お得にポイントが貯まると思います。

ちなみに

クレジットカードのポイント還元率で言うなら、使い勝手のいいのは楽天カードYahoo!JAPANカードでしょうね。

楽天カードは楽天スーパーポイント、ヤフーカードはTポイントが貯まりますので。

※2017年10月追記:楽天カードの代わりにできそうなクレジットカード

再掲しますが、2017年11月1日より楽天カードを使ったnanacoチャージ、モバイルSuica(全ての利用)、モバイルSuica年会費、Apple PayのSuica、SMART Icoca(チャージや発行など)において、楽天カードにポイントが付与されなくなります!

現状代わりにできそうなカードは次の通り。

  • Yahoo!JAPANカード:Suica・ICOCA・nanaco(JCBのみ)、Tポイント1%、年会費無料
  • リクルートカード:モバイルSuica・nanaco・ICOCA(VISA、Masterのみ)楽天Edy(VISA、Masterのみ)、JCB/VISA/Mastercard、リクルートポイント1.2%、年会費無料
  • セブンカードプラス:モバイルSuica・ICOCA・nanaco、JCB/VISA、nanacoポイント0.5~1.5%、初年度無料2年目以降463円(年5万円以上で次年度の年会費無料)

最新情報については、必ず各公式ページにてご確認ください。なおYahoo!JAPANカードとリクルートカードについては、今後楽天カードと同様の仕様変更の可能性もあります。

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク