アメリカからTax Return(確定申告)のお知らせ?Form 1099-MISCって?外国税額控除って?

2018年2月15日Wordpress(ワードプレス), お金, クレジットカード, 節税, 自営業

みなさんどうも確定申告!アメリカから謎の文書が送られてきた@xi10jun1です。

昨日、自宅のポストにこんな英文字の封筒が入っていました。

「IMPORTANT TAX RETURN DOCUMENT ENCLOSED」「PERSONAL & CONFIDENTIAL」

やっべぇ!なんかやったか?まさか僕のPCを経由して、アメリカのどっか重要なサイトにサイバー攻撃とかしちゃったの?警告文書?うわぁぁぁぁぁぁ!

IMPORTANT TAX RETURN DOCUMENT ENCLOSED=確定申告報告書類在中

アメリカからTax Return(確定申告)のお知らせ?Form 1099-MISCって?外国税額控除って?

ようやく落ち着きを取り戻して、グーグルてんてーの翻訳を活用したところ、どうやら確定申告に関する書面が入っている封筒だったようです。PERSONAL & CONFIDENTIALも「親展」といったところでしょうか。

実は僕のブログで利用しているアフィリエイトの中で、Envato Marketと呼ばれる海外のサイトがあるんです。

これはワードプレスのテーマをはじめとする、様々なプログラム製品を販売している総合サイトです。昨年はここで、ワードプレステーマのアフィリエイトによる収益を得ていたので、そのせいですね。

さて、中身が分かったのはいいとして、肝心なのは書面です。

Form 1099-MISCって一体何?

書面は1枚だけ入っており、中身はこんな感じ。

アメリカからTax Return(確定申告)のお知らせ?Form 1099-MISCって?外国税額控除って?

英文読めねぇ!\(^o^)/オワタ

となりかけたのですが、確定申告に使うことは確かなので、あちこち単語を翻訳してみました。

すると赤枠部分に、「Form 1099-MISC」とあるのが分かります。その隣にもMiscellaneous Incomeと太い黒字で書かれています。調べたところ、こちらは「雑収入(その他の収入)」という意味ですね。

「Form 1099-MISC」については、こちらが詳しかったので引用します。

雑収入報告書(Form 1099-MISC)は、主に下請け業者や委託業者などに対して発行される情報申告用紙で、課税当該年度期間中に支払われた課税所得が記載されている証明書です。また雑収入報告書とは別に支払う側は、雑収入集計書(Form 1096)を各雑収入報告書のCopy A 部分と一緒にIRSに提出する事も義務付けられています。

引用元:雑収入報告書 (Form 1099-MISC) | 米国税務

文中に出てくるIRSとは、Internal Revenue Service=アメリカ合衆国内国歳入庁のことで、日本で言うところの国税庁にあたります。

そして赤枠下の太枠に、「Federal income tax withheld $17.96」とありますが、これを訳すと「源泉徴収済み連邦所得税17.96ドル」となります。

送付されてきたのは所得の報告書(証明書)だった!

だいたい把握できてきたので、ここで一旦整理してみます。

  • 送られてきた文書は確定申告に使うための報告書(証明書)だった
  • Miscellaneous Incomeは雑収入という意味
  • 「Federal income tax withheld $17.96」とあるので、すでに17.96ドルは徴収されている

さらにEnvatoのヘルプセンターにもアクセスしてみたところ、このような記述がありました。

What do the figures mean?

The amounts shown as income are your total earnings for the period January to December. The amounts shown as tax paid are the taxes that Envato collected from your earnings and paid to the IRS on your behalf.

引用元:Tax Forms 1099 and 1042 | Help Center

訳すとこうなります。

金額はどういう意味ですか?

収入として表示されている金額は、1月から12月までの期間の合計収入です。支払われる税金として示されている金額は、Envatoが収入から徴収しIRSに支払った税金となります。

というわけなので、僕がアメリカ側に対して、何かしらの手続きをする必要はないということですね。だってすでに税金が徴収されていますから。

あー良かった!

その代わり、ここで僕がしなければならないのは外国税額控除の手続きです。

外国税額控除とは?

読んで字のごとく、海外で取られた払った税金の分、国内で控除が受けられる制度です。

参照:No.1240 外国税額控除|所得税|国税庁

アメリカから収入を得て税金を払ったのに、日本でも税金を払ってしまったら二重課税になってしまいます。このようなことを防ぐため、海外で得た収入には、確定申告をする国で控除を受けることができるんです。

まとめ:外国税額控除を受けよう!でも・・・。

面倒くさい・・・。

国税庁のサイトを見ていたんですが、いまいち分からないな。

そもそも書面で届いたのはドルの収入。これはいつのレートで換算すればよくて、具体的に何円で、どうやって申告書類として提示すればいいのか、見当もつかないな。

額もそんなに多いわけじゃないから、どうしたもんか・・・。

関連サービス:クラウド会計ソフト

今や会計業務は、オンラインのソフトを使う時代になりました。どのクラウド会計ソフトも無料お試しが可能ですので、まずは使ってみて、自分に合うソフトを見つけましょう。

やよいの青色申告オンライン
非ネット系の事業者で、簿記・会計、青色申告・確定申告がある程度分かる人向け。業界最大手のサポート力が強み。

個人事業主(やよいの青色申告)料金プラン

  • セルフプラン:1年間無料お試し可能。次年度は8,640円(税込)/年。キャンセル可。
  • ベーシックプラン:電話サポート付で初年度6,480円(税込)/年!次年度は12,960円(税込)/年。キャンセル可。

法人(弥生会計オンライン)料金プラン

  • 無料体験プラン:最大2か月、電話・メールで操作質問から仕訳相談まで無料体験可能。決算書作成機能は利用不可。
  • セルフプラン:初年度は最大2か月の無料体験がついて最大14か月使えます。年額プランのみで28,080円(税込)/年。
  • ベーシックプラン:仕訳相談・経理業務相談・マイナンバー相談が利用できます。年額プランのみで32,400円(税込)/年
詳しくは下記ボタンから公式ページへ
MFクラウド
ネット系の収入が多い事業者(ブロガー、アフィリエイター、ライター、デザイナー、物販など)で、簿記・会計、青色申告・確定申告が不安な方向け。マネーフォワードとの連携を視野にする方にオススメ。

個人事業主(MFクラウド確定申告)料金プラン

  • フリープラン:仕訳件数15件まで0円/月。
  • ベーシックプラン:仕分け無制限で、月額プラン800円/月、年額プラン8,800円/年(月額プランより800円安)
  • 電話サポート付ベーシックプラン:仕分け無制限で、年額プランのみ17,200円/年。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

法人(MFクラウド)料金プラン

  • フリープラン:仕訳件数50件まで0円/月。
  • ライトプラン:仕分け無制限で、月額プラン1,980円/月、年額プラン21,780円/年(月額プランより1,980円安)
  • ベーシックプラン:仕分け無制限で、月額プラン2,980円/月、年額プラン32,780円/年(月額プランより2,980円安)
  • バリューパック:仕分け無制限で、月額プランのみ3,900円〜/月。会計業務、請求書作成、経費精算、給与計算、マイナンバー収集の5つのサービスをまとめて利用可能。
詳しくは下記ボタンから公式ページへ
freee
簿記・会計、青色申告・確定申告が不安な方向け。領収書の管理から確定申告まで、スマホで完結させることも可能。

個人事業主用料金プラン

  • スターター:とにかく確定申告をしたい方向け。月額プラン980円/月、年額プラン9,800円/年(月額プランより税抜き換算で1,960円安)。
  • スタンダード:日々の経理の効率化から確定申告までしたい方向け。月額プラン1,980円/月、年額プラン19,800円/年(月額プランより税抜き換算で3,960円安)
  • プレミアム:複数店舗経営などをされている方向け。年額プランのみで39,800円/年

法人用料金プラン

  • ライト:事業規模小。月額プラン1,980円/月、年額プラン19,800円/年(月額プランより税抜き換算で3,960円安)
  • ビジネス:事業規模大。月額プラン3,980円/月、年額プラン39,800円/年(月額プランより税抜き換算で7,960円安)
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

※超重要:事業用クレジットカードについて

個人事業で使うクレジットカードは、原則として法人(ビジネス)カードにしなければなりません。もともと一般のクレジットカードは規約上、事業用にしてはいけないと記載されています。

そこでビジネスカードとして次の2枚を作ってみましたので、参考にしてみてください。

三井住友ビジネスカード for Owners
  • 三井住友カードのビジネスカード
  • クラシック年会費:1,250円+税(初年度無料)
  • ゴールド年会費:10,000円+税(初年度無料)
  • プラチナ年会費:50,000円+税
  • ブランド:Visa、Mastercard
  • 還元率:0.5%
  • 魅力:カードに屋号が入れられる法人カード
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:三井住友ビジネスカード for Owners クラシックを発行!個人事業主(自営業)に嬉しい屋号入り!
オリコ EX Gold for Biz iD × QUICPay
  • オリコのビジネスカード
  • 個人事業向け:オリコ EX Gold for Biz S iD × QUICPay
  • 法人向け:オリコ EX Gold for Biz M iD × QUICPay
  • 年会費:いずれも2,000円+税(初年度無料)
  • ブランド:Visa、Mastercard
  • 還元率:0.5%
  • 魅力:利用ステージによっては還元率が最大1.1%にもなる
詳しくは下記ボタンから公式ページへ

関連記事:『オリコ EX Gold for Biz iD × QUICPay』発行!高還元率のビジネスカードを持ちたい個人事業主にオススメ!

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2017年2月7日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。
スポンサーリンク


スポンサーリンク