2016年7月8月9月の相場観メモ

みなさんどうもグレートブリテン!イギリスには縁もゆかりもない@xi10jun1です。

イギリスがEU離脱を選択したことを受けて、相場が新しいステージに突入したかもしれません。

なので、これからどういうふうに相場が動きそうか、簡単に予想してみようかなと思います。

2016年7月8月9月以降の相場予想

2016年7月以降の相場予想画像2

引用元:https://jp.tradingview.com/x/Jgd55IIO/

まぁこんな感じですかね。

価格帯が少し見えにくいかもしれませんので、時系列で書いておきます。

  • 緑:14300円・・・6月の予想下落ライン
  • 橙:13800円・・・7月の予想下落ライン
  • 紫:15500円・・・7月の予想反発ライン
  • 赤:12350円・・・8月の予想下落ライン

もしこのままEUで離脱騒動が収まらない場合、さらなる下落も考えられます。そうなると、6月中に下がるラインとして見ているのは、だいたい14300円くらい。

世界中で株価が下げまくったので、まだ少し余波を受けそうな気もします。なので13800円を底値としてみます。

その後日本では選挙や日銀の会合、さらにはEU諸国も落ちつきを取り戻すなどして、15500円付近まで反発していくかもしれません。

で、8月に突入したところで、何らかの大きな下落が発生。

ってのが僕の相場観でございます。

そして現在、その下落要因が何なのかが、なんとも検討がつかない状態です。

さらなるEU離脱国が現れるのか、ドイツ銀行の破たんなのか、中国の経済が崩壊するのか、アメリカの大統領選なのか。

それとも、何かを好感して上がっていくのか?

2月14日の記事は半分当たり!

そうそう、今年の2月あたりにこんな記事を書いていたんですよ。

2016年の相場は2007年~2008年(リーマンショック)の日経平均に似ている

はい、画像がこちら。

2016年相場予想チャート

引用元:https://jp.tradingview.com/chart/JPN225/

これ書いたの今年の2月ですからね。

僕だって、安倍総理が5月に「リーマンに似ている」発言した、その前から書いてたもん!

イギリスがEU離脱を選択した今、それにようやく気がついた投資家たちがこぞって「リーマン 株価 チャート」などと検索していますからね。アクセス数が今頃になって伸びに伸びています。

さて、夏の相場はかなり面白いことになりそうです!

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク