Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2781

FRBの利上げ路線が市場の期待ほど鈍化しない可能性

みなさんどうもFRB。利上げ路線は継続とみている@xi10jun1です。

ジャクソンホールが間近に迫ってきましたが、ここでのFRB議長パウエル氏の発言に注目が集まっています。

というのも現在のFRBの利上げ路線について、市場の期待感が強すぎるからです。

利上げ幅鈍化期待で株高の謎

正直謎なんですが、FRBの利上げ路線鈍化期待で株高になっているのがどうも解せない。

確かに下げ過ぎた部分の揺り戻しはあるでしょうし、金利の上昇が抑えられるなら株価的にはプラス材料です。

しかし鈍化するだけです。上がった金利が下がるわけじゃないですし、リセッション入りとなれば一時的に株安になるでしょう。

それが分かってて何故上がるのか。いわゆるヘッジファンドのような大口や短期筋の資金の流れだとは思っていますが、コロナショックの後の金融緩和が2年近く続いたわけですから、その引き締めも同じくらいあるはず。

そう予想すれば、FRBの利上げ路線もそう簡単に崩れないでしょう。まだ利上げが始まって1年も経ってませんのでね。

そもそもアメリカのインフレもこれまでにない規模ですから、何が起こるかわかりません。

リーマンショックを教訓に米大手銀行は住宅ローンの事業を縮小あるいは撤退したので、その手の危機の可能性は薄いでしょう。では別方向から何かあるのでは?と思うのが自然です。

まとめ:FRBの利上げ路線維持による期待剥落下げあるか?

当面は利上げ路線で固定だと思っているので、その発言がなされるたびに小規模ながら株安がくるのかな。

少なくとも、期待で上げた分の売りは出てくるはず。

で、そうこうしてるうちにリーマンショックとはまた違ったナントカショックが出てきて株安。そのときに利下げが意識されてV字反転上昇、かな。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク


Posted by jun