株初心者の方は「材料出尽くし」「織り込み済み」を知っておいて!

スポンサーリンク

どうも!株価に翻弄される毎日の@xi10jun1でsゴフッ(;゚Д゚)

えー、僕は平日、株やFXの運営日記をブログで書いているのですが、読みかえすとヒドイ取引ばっかりで・・・。目が腐ってんじゃないかと心配になります。

そんな中で一番多いミスが、今回の記事タイトルなんです。

スポンサーリンク

上場企業の業績発表について

見分ける見破るメガネ眼鏡画像

投資関連のサイトとかで、1Qとか2Qとかって見聞きしたことありますか?

Qは、quarter(4分の1)を意味する言葉の頭文字で、企業が3か月ごとに発表する決算発表のことを短くした言葉なんです。1Qは第一四半期決算、2Qは第二四半期決算というように表現されます。

上場企業は基本的に3月決算のところが多く、その発表は主に次のようになっています。

  1. 第一四半期決算(1Q):4月~6月の業績を7月~8月に発表
  2. 第二四半期決算(2Q):7月~9月の業績を10月~11月に発表
  3. 第三四半期決算(3Q):10月~12月の業績を1月~2月に発表
  4. 第四四半期決算(4Q)と通期決算:翌年の1月~3月の業績を通期決算と同じく4月~5月に発表し、6月に株主総会

ちなみに、こうした決算の発表というのは、会社が何月に決算をしているかによって異なります。9月決算のところもあれば2月決算のところもあります。

「なんで業績いいのに株価下がってんぬぉー!ギャピー(ノД`)・゜・。」

さぁ、問題のこの見出し。

何度枕を濡らしたか分かりません。今日も今日とて、びっちょびちょです。

まず、株価ってなんで上がるの?って聞かれたら、初心者はこう考えます。

  1. 業績がいいから
  2. 商品が売れているから
  3. 新しい商品やサービスが出たから

あ、正解です。間違いありません。

でも、「株価ってなんで下がるの?」って聞かれたときも、これらが正解になるときが金融の世界にはあるんです。

「材料出尽くし」や「織り込み済み」という名の売り

例えば、業績が好調であると分かっている銘柄があります。

投資、株用画像

株価もそれなりに上がっていて、次の決算発表も期待が持てます。

「よっしゃー、買いだべ(=゚ω゚)ノ」

そして、決算発表で予想通り業績が良かったとします。

「よし!もっと上がるぞ!」

株損失画像

なんでどぅゎー!

これがいわゆる「材料出尽くし」あるいは「織り込み済み」ってヤツです。

この銘柄は業績がいいことがみんな分かっていました。

だから株価が上がっていたわけです。

ということは、次は業績が悪くなる(この決算発表が業績のピーク)かもしれない、あるいはもうこれ以上新しい商品やサービスの情報が出ないかもしれない、とも見てとれます。

つまり、業績の良さは「織り込み済み」だったので、決算発表までは株価は上昇していた。そして、発表後は「材料出尽くし(もうこれ以上いい材料は出てこない=株価は上がらない)」と判断されたため売られて株価が下落した、ということなんです。

だから業績が良くても株価が下がるんです。株価は半年~1年先を見越して動いている、というのは有名な話ですが、その意味はまさにここにあります。

当然、逆のパターンもあります。

「悪材料出尽くし」と判断されて、業績が赤字でも株価が上がることがあります。

投資家としての2つの戦略

この場合、2つの戦略を取ることができます。

  1. 決算発表での下げを見越して空売り(信用取引)を行う
  2. 決算前に銘柄を売ってしまう

下がる可能性があるなら、信用取引で空売りして儲けを狙えます。

ただし、予想以上に業績がいいときは決算発表で思いっきり上がります。この辺の見極めが相当難しいので、事前に売り逃げてしまうのも手です。

こうした側面もあり、決算発表後も株を持ち続けることを「決算ギャンブル」なんて呼ぶようです。売っても買ってもギャピーな状況に置かれるかもしれませんから。

初心者だと信用取引は難しいので、2のように売ってしまうのが得策となります。

これをもっと早くに知っていれば、余計な損失に頭を悩ませることもなかったのに・・・。

スポンサーリンク

いつもシェアしていただきありがとうございます!今回もぜひ!

※なぜ、はてなブログ以外ははてブしないの?そこのはてなブロガーさん!