今どきのパンケーキって3Dプリンター”PancakeBot Custom Pancake Printer”でプリントアウトするんですよね?

スポンサーリンク

パンケーキって美味しいですよね。

僕は男ですけど、割と好きですよ。

鉄板に生地をプリントアウトしたやつなんか特に。

スポンサーリンク

PancakeBot Custom Pancake Printer

PancakeBot Custom Pancake Printer画像1

引用元:Fancy – PancakeBot

完成度高っ!

表情というか濃淡というか、ばっちりじゃん!僕より上手いわ。

食べるのがもったいないくらいの完成度でパンケーキを作ったこちらの機械。実は、パンケーキ生地を鉄板にプリントアウトしてくれる、専用の3Dプリンターなんです!

これまで3Dプリンターって、工業用のイメージが強かったんですよね。

この手があったかと・・・。

開発したのはニューヨークに本社を置く、Storeboundという会社。

開発後、クラウドファンディングサイト”Kickstarter”にて、同製品の販売に向けた出資を募っていました。

公式動画がこちら。

使い方がこちら。

PCでプリントする画像を編集して、PancakeBotにデータを取り込んで、パンケーキ用の液体を作って、実際に動かしてっと。

うーん、ちょっと手間暇がかかりますなぁ。慣れればどうってことないでしょうけど、ある程度PCでデザインができる人がいたほうが望ましいのかな。

PancakeBot Custom Pancake Printer画像2

引用元:Fancy – PancakeBot

でも例えば、子供の描いた絵を取り込んでパンケーキにする、なんて素敵なことが可能になるわけですよ。まぁ大体こういうものは、一番反対してた父親が一番盛り上がって作りすぎちゃう、ってのがよくあるパターンでございます。

後述するお値段的にも、使用頻度的にも、家庭では難しいかもしれません。でも例えばパンケーキのお店に1台あったら、パンケーキを食い散らかす原宿女子でもやりたくなるはず!

PancakeBot Custom Pancake Printer画像3

引用元:Fancy – PancakeBot

動画でもありましたが、かなり複雑な形でもプリントアウト(?)できるんだなぁ。

PancakeBot Custom Pancake Printerのお値段

PancakeBot Custom Pancake Printerのお値段ですが、商品は現在300ドルなので日本円で32,050円。送料が79.95ドルなので、合計計379.95ドル、日本円で計40,592円ですね。

うーん、やっぱり高い・・・。

家庭用として用いるにしても、そんなに頻繁にパンケーキなんて焼かないだろうし。まさにコストパフォーマンスがなぁ。

ただ、保育園とか子供が中心の施設、商業施設、飲食店などでなら活躍しそうですよね。描いた絵を持ち込んでもらって、その場で作成して、鉄板にプリントアウトしてもらって。で、すぐ食べる、みたいに。

家庭用としては難しいですが、商業用あるいはイベント用として使用する分には、十分元が取れる代物ではないでしょうか?

FANCYへの登録・購入方法と使い方

アカウントの設定、購入までの手順・方法は当ブログ記事で紹介しています。

FANCY(ファンシー)のアカウント作成・登録・設定方法と商品購入の流れを解説!

ビットコインでも購入可能です!その方法も記事で紹介しています。

FANCYのアイテムをビットコイン(Bitcoin)で購入(決済)する方法

なお注意点というわけではありませんが、FANCYで商品を買う際は、クレジットカードと住所をFANCYに設定・登録する必要があります。「うーん、ちょっと無理・・・。」など、海外サイトに抵抗のある方は自己責任にてご利用をお願いします。

なお、アイテムを見る分にはずっとタダです!

FANCYの登録・アカウント作成はこちらから。

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク