原油安で喜んではいけない4つの理由!円高株安になるかもしれない。

スポンサーリンク

どうも!車を持っていないので原油安の恩恵がイマイチない@xi10jun1です。

「灯油が安くなったわ!」

喜ぶ母を尻目に、日経平均の下げ幅におののいている息子の僕。

スポンサーリンク

原油安が喜べない理由1:中国の景気減速

企業赤字、下方修正、右肩下がり下がる下画像

最近よくニュースで騒がれている原油安。

きっかけは中国の景気減速にあります。

成長が鈍化してきた中国

中国がどれくらいの成長率を誇っていたかのか、IMFの公式サイトで記録が残っている1980年から2015年までを調べたところ、次のような結果が得られました。

19801981198219831984
成長率(%)7.9105.2439.05710.85315.176
19851986198719881989
成長率(%)13.4668.84611.58311.2814.063
19901991199219931994
成長率(%)3.8399.17914.30013.90013.081
19951996199719981999
成長率(%)11.0009.9009.2007.8337.620
20002001200220032004
成長率(%)8.4318.3009.08210.02510.085
20052006200720082009
成長率(%)11.31012.67714.1629.6359.200
20102011201220132014
成長率(%)10.6009.5007.7487.6857.300
2015
成長率(%)6.813(IMF試算)

引用・出典元:Report for Selected Countries and Subject|IMF

こうして見てみると、中国の成長率が10%を越えたのは最近の話だけではないんですよね。80年代、90年代、2000年代と、各時代で10%代の成長を果たした時期がありました。

さて、2014年から2015年にかけて、中国経済の成長率が鈍化しているとのニュースがたびたび報道されていましたがどうでしょう?実際は2010年をピークに、鈍化しているのがわかります。急激な下落というより、ジワジワといった感じです。

中国での原油需要減少

原油をドンドン消費して、ドンドンものを作って、ドンドン売る。

これが成長していたときの中国ですが、成長率が下がるということは、この流れが弱くなったことが原因です。景気が良くなった分物価が上がり、人件費が上がり、生産コストが上がったので、採算の取れない会社が倒産してきたのです。

すると、原油の需要が減っていきます。

原油安が喜べない理由2:減産すると産油国経済にマイナス

ガソリンスタンド画像

中国の経済が悪くなっていくということは、これまでガンガン使っていた原油の需要が落ち込むということ。需要より供給が多くなれば、おのずと価格は下がりますよね。

そうなった場合、産油国は減産することで供給量を減らし、価格を一定に保とうとします。

しかし、それができない事情が産油国にありました。

産油国の財政

産油国(特に中東)は、原油(石油)の販売価格がそのまま自国の財政に影響します。

しかし、このところの原油安の影響で財政的にピンチになってきた産油国。とりわけロシアなどは、クリミア侵攻の件で経済制裁を受けていることもあり、財政的にも減産はできないのです。

減産について

減産についてはこちらの記事が分かりやすかったです。

今回の原油安問題を複雑にさせている要因の1つに、産油国の原油価格均衡ラインが2種類あることがあります。ロシアや中東各国の財政は石油に依存しており、1バレル=100ドル前後でないと財政が均衡しません。40ドル割れの原油価格では大幅な財政赤字で苦しい状況です。しかしその一方で、採掘する際の均衡価格は遙かに低く、たとえば、サウジアラビアでは原油価格が10ドルとなっても利益が出ると見られています。ロシアも原油価格が30ドルを割っても、まだ利益が出るという低コスト採算なのです。

すると、収支的に利益の出るうちは、1バレルでも多く採掘して売却し、赤字財政を支えようとするので、各国は今も過去最大級の生産を続けているわけです。

引用元:止まらぬ原油安、何が問題?日本株への影響は? [株・株式投資] All About

財政のためには、減産するより少しでも利益を得ることを優先しているのですね。

原油安が喜べない理由3:損失の穴埋めに株を売りにくる

株損失画像

それでも、埋められない損失があれば、保有している資産を売却して現金化するしかありません。

国レベルで保有していて、比較的短期間に現金化できるもの。

それが株式(債権・ファンドなど)です。

そして、その現金化に伴う売り出しが1国ならまだしも、産油国全体で同様の動きが広まったらどうなるでしょう?

それがこのところの株安の原因とされています。

原油安が喜べない理由4:株安と同時に、不安から円高へ

為替円高ドル安画像

株を売り出した結果、世界的に売りの圧力が高まります。産油国経済はもちろん、元はと言えば中国経済の先行き不安が発端ですから、不安が不安を呼んでいる状態です。

そして、通貨はより安全なものを求めるので、円が買われる、つまり円高というわけです。

だから日経平均が下がり、ドル円が円高方向に向かうわけです。

まとめ:原油安は日本経済にプラスとも言い切れない

ガソリンや灯油の価格が下落したからといって、喜んでばかりもいられません。

原油は特に、政治的側面の強いコモディティー(商品)です。価格が下落するということは、産油国の財政には悪影響となるので、財政不安を招きやすいのです。

さて、これを母親にどうやって説明するか・・・。

スポンサーリンク

いつもシェアしていただきありがとうございます!今回もぜひ!

※なぜ、はてなブログ以外ははてブしないの?そこのはてなブロガーさん!