デマ・フェイクニュース・ミスリードを見破る『本質は逆の法則』のすすめ

2019年7月7日ブログ, ライフハック

みなさんどうもフェイクニュース!福島へのデマを許さない@xi10jun1です。

選挙が近くなってきたので、様々な情報が飛び交っていますね。

そんなときに出てくるのが、デマ・フェイクニュース・ミスリード。今回はそんな悪質な情報に対抗するための方法を書いていきます。

本質は逆の法則とは

結論からいくと、デマ・フェイクニュース・ミスリードを見破るには『本質は逆の法則』を使うことです。

本質は逆の法則とは、見かけと実態が違うというもの。

例えば、「やべー、全然勉強してない!」とか言っておきながら、テストでちゃっかり高得点取る人いますよね?それです。

デマ・フェイクニュース・ミスリードを見破る

昨今ネット上で見られる情報のうち、不適切とされるものは次の3つ。なお正式な分け方が見つからなかったので、僕の主観で分けています。

  • デマ:一般的な嘘。とりわけ噂や口コミといった伝聞形式のものやネットの嘘はこちらを用いることが多い。
  • フェイクニュース:主にオールドメディア(テレビ、新聞、雑誌)やジャーナリストの嘘を指す
  • ミスリード:嘘とまでは言えないまでも『事実とは異なる情報を相手に思わせる』不適切行為

デマもフェイクニュースもミスリードも、第一印象で騙そうとしてくる情報です。例えば福島のデマを蒔くような見出しタイトルを付けておくのは、『あ、福島ってヤバいんだ。』などという第一印象を与えようとする悪質な行為なのです。

なので『本質は逆の法則』を覚えておけば、その逆が正解なのですから、そういった悪質な情報を見破ることができます。

まとめ:『本質は逆の法則』で心と体とお金を守ろう

デマ・フェイクニュース・ミスリード。情報化社会において、これらの被害は甚大です。

まして、万が一にも悪質な情報をシェアしてしまうと、こちらが加害者にもなりかねません。

『本質は逆の法則』で心と体とお金を守りましょう。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク


※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2019年7月7日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。