アフィロックではぼっちバーが最高だった!来年もあるといいな。

スポンサーリンク

タイトルからして、何しに行ったんだ感のある@xi10jun1です。

アフィリエイトのイベント「アフィロック」に参加して来ました!

イベントレポートにしようと思ったのですが、安定の「写真撮れてない」系男子ということで、イメージ画像を用います。

スポンサーリンク

アフィロック人多い!

からの、

ということで、会場はアフィリエイターさんが数多く参加していましたね。僕は開場10分~20分後に到着したのですが、子供連れから夫婦から美人から、実に多くの人々がうごめいていました。

会場で受付してからすぐ広告主ブースに行ったんですが、もう全然前に進まないの!

もみくちゃになりながら、なんとか一通り見て回れましたが、どんだけアフィリエイター多いんだよ・・・。

ぼっちバーに行ってみた!

そのあと、ブログ「らふらく」を運営されているタク(@TwinTKchan)さんと、アフィロックで初めてお会いしたシブタク(@pochimin02)さんらにお会いして、彼らとともにぼっちバーに赴きました。

そこには、アフィロックのスタッフさんと、ぼっちのアフィリエイターさんら、あと僕らを含めて10人くらい集まりました。

テーブル暗い部屋醤油画像

※イメージ画像

四畳くらいのスぺース。テーブルが三台あって、その上に、なんか妙な光の小さいモニュメントがあるだけ。今すぐにも、何か召喚魔術を唱えそうな空間に通されました。

しかし!

そこでは、アフィロックのスタッフさんが場を盛り上げるように話題を割り振り、ぼっちバーならではの妙な連帯感を生み出してくれました。これはありがたい!

各自自己紹介しつつ、アフィリエイトの手法(ブラックやホワイト)、自身の経験など、いろいろ情報交換もできました。僕はどっちかというとブロガー寄りでしたが、ぼっちバーのほうが実りが多かったかもしれません。

まとめ:ブロガー向けイベントでもぼっちバーを!

こうしたぼっちバーのような一角があると、とても心強いと思います。初めてイベントに参加して知り合いがいないと心もとないですし、知り合いは知り合い同士で固まりますからね。

でも、もともと「ぼっち」という属性が一緒の人たちが集まる空間です。妙な連帯感があるのが、逆に打ち解けやすさに繋がるのかもしれません。

是非、ブロガー向けの大きなイベントでも、「ぼっちバー」か「ぼっちカフェ」か設置して欲しいですね!

スポンサーリンク

いつもシェアしていただきありがとうございます!今回もぜひ!

※なぜ、はてなブログ以外ははてブしないの?そこのはてなブロガーさん!