新卒の就活生が事務系に就職するのが難しい3つの理由とは?

どうも!事務作業が大好きな就活しくじり先生@xi10jun1です。

この記事を読んでいる、事務職希望の新卒就活生の諸君!

少し酷な話になるかもしれないけど、ぜひ最後まで読んでほしい。

もくじ(リンクから各見出しにすぐ移動できます)

  1. 福島県は全国平均越えの有効求人倍率!
  2. 理由1:事務職の有効求人倍率は低すぎる
  3. 理由2:事務系は新卒求人に上がりにくい
  4. 理由3:コストカットで事務系の求人はもう増えない
  5. まだ内定の無い新卒就活生は事務職を狙っていませんか?
  6. まとめ:それでも事務職を希望するなら覚悟をして
  7. 要チェック!新卒向けの就活サービス

福島県は全国平均越えの有効求人倍率!

仕事、職場画像

2015年8月現在、福島県内の有効求人倍率はなんと1.48倍。

現在の日本全体の有効求人倍率が1.23倍なので、全国よりも高い水準であることが分かります。※追記:2017年7月現在、日本全体の有効求人倍率が1.52倍となっています。

その理由は想像に難くないと思いますが、除染など復旧・復興関連の求人によるものです。これは震災以降ずっと続いていて、今でも人手不足なんです。

それから、介護ですね。

僕が雇用保険をもらっていたころに、雇用保険の説明会で「介護系の仕事が多いですよ(「再就職にいかがですか」という勧め)」と、介護の仕事についても説明を受けました。

介護も人手不足の業界として有名です。

雇用保険説明会でブログ運営、株取引、自営業の準備などが不正受給になるのか確認してきた

で、この中で相変わらず低いのは、事務職の求人倍率です。

理由1:事務職の有効求人倍率は低すぎる

さてこの記事によると、事務職の有効求人倍率は0.19倍だそう。

ご覧の通り、100人の求職者に対して19人の求人枠しかないってことです。ちなみに福島県の事務系職種の求人倍率は、0.43倍となっています。

※追記:2017年6月現在、転職サイトDUDA調べでは、事務・アシスタント系の有効求人倍率が0.24倍となっています。(参照:転職求人倍率レポート(2017年6月) |転職ならDODA(デューダ))

昨今は人手不足が騒がれていますが、事務系職種に限っては関係ありません。

常に1倍を割り込む超超超大人気の職種なんです。

理由2:事務系は新卒求人に上がりにくい

就職、就活画像

大手金融、地元の地銀なんかを受けて全滅した、2012年~2013年の就活時代。

震災後の福島県を中心にした就活でしたが、お察しの通り、大変厳しいものでした。福島県での新卒の採用数は激減。東京でも就活を試みましたが全滅。

その後営業職や販売職も受けましたが、まともに面接に通った試しがありませんでしたねぇ・・・。根暗人間の僕にはお肌に合わず、面接官もお腹を壊したようです。

並行して受けていたのは事務系の仕事で、こちらは比較的面接は通過していたんですよ。お肌にも合いました。

でも事務職系は競争が激しくて、書類で落とされることもしばしば。それにそもそも求人が少ない上、古いタイプの企業だと女性を優先して採用している、なんてところも未だにあります。

そのため僕のように事務職を狙っていた友人たちが、何人も就職浪人になっていきました。

ちなみに、僕が就職浪人こと「就活しくじり先生」となった経緯は下記の記事にあります。

元就職浪人が伝えたい就活失敗しないために必要な4つのこと

こうなったら地獄だからね。マジで!

理由3:コストカットで事務系の求人はもう増えない

企業赤字、下方修正、右肩下がり下がる下画像

事務系の仕事は増えるどころか、むしろこれからは減っていく職種です。

なぜかというと、基本的にコストカットの対象になりやすいからです。

事務系職種というと、電話の取次や受付、掃除、書類整理、データ作成、営業職社員の補助、経理なんかも仕事としてあるかと思われます。

しかしながら事務の仕事は今や、システムの導入や外注、契約や派遣などによって簡単に置き換われるようになっています。人を正規で雇って仕事をさせるよりも、機械やソフトウェアを入れたほうがコストカットになるんです。

例えば今僕は自営業ですが、「やよいの青色申告オンライン」というオンラインの会計ソフトを使っています。

会計ソフトはオンライン化が進んでいて、しかも簿記会計の知識が無くても経理ができる「MF(マネーフォワード)クラウド」や「freee」といったものが続々と出てきています。

僕が仮に簿記会計の知識がなかったとしても、これらのオンラインソフトを使うことにより、経理ができるようになります。それは同時に、経理のできる人を雇う必要も、毎月給料を何十万円も払う必要も無いってことなんです。

経理だけじゃなく、人事や秘書の業務も、今はオンラインで外注できてしまいます。

そのおかげで今、税理士さんの仕事でさえ減っているのです。

海外の例で言えば、エストニア(スカイプ発祥のIT先進国)が有名です。日本で言うマイナンバーに相当する納税管理システムの構築により、税理士や会計士の仕事が激減しているのです。

まだ内定の無い新卒就活生は事務職を狙っていませんか?

僕が就活していたころよりも、今ははるかに大学生の就職環境はいいはずですよね。

でも事務系は、あまり関係ありません。

今ドンドンとコスト削減が進んでいる中で、これ以上事務職の求人が増えますか?ってことなんですよ。

しかも新卒で。

それにただでさえ人気の仕事なら、今事務職の人も辞めないから席も空かないでしょう。

もしかして、まだ内定の無い就活生の方は事務系を狙っていませんか?

厳しいようですが、そんな競争率の激しい職種だけを狙っていては、残念ながらいつまでたっても就職はできないってことです。だからこそ僕はしくじって、就職浪人になってしまったんですから。

2017年7月追記:この記事は2015年に書きましたが、2017年、ついに三菱重工が事務系採用をゼロにしました。

参照:三菱重工、事務系採用を初のゼロに 18年卒:日本経済新聞

2017年9月追記:そして僕が2年前に書いていた通り、事務作業は自動化が進められています。

参照:事務作業も自動化 「ロボ」ソフトで働き方改革:日本経済新聞

これが現実なんです。

時代は着実に、人的な事務労働者を減らす方向で動いているのです。

まとめ:それでも事務職を希望するなら覚悟をして

でも自己分析やら性格診断やら、どう考えても事務職のほうが肌に合うって人が世の中にはいるもの。僕もそうです。

だからこそ、それでも事務職になりたい人は相当の覚悟をしておいてください。

新卒で事務職の採用試験を受け続けた結果、就職浪人になるかもしれないということを。

要チェック!新卒向けの就活サービス

でも、幸い今は売り手市場。人手不足が叫ばれる、僕にとっては超羨ましい時代なのです。

もしかしたら事務職に似たような仕事があって、そちらでは人手不足かもしれません。

なのでそういった求人を新卒向けに紹介してくれる、専用のサービスを使ってみるのも手です。

チャンスはありますよ。

  • リクルートキャリア【就職Shop】:新卒・フリーター・既卒・社会人向け(18歳~30歳対象)の実店舗型の仕事紹介サービス。書類選考なし。個別面談で求人紹介から面接対策まで無料サポート。※現在店舗は東京・神奈川(横浜)・埼玉・千葉・大阪・兵庫(神戸)、京都の1都2府4県。新卒の方は申し込み時に「学生(○○卒)」と記載がある時間を選択してください。
  • マイナビ新卒紹介:新卒学生向け就職エージェントサービス。キャリアアドバイザーが個別に面談を行い、書類だけでは伝わらない新卒学生のポテンシャルや人柄、志向や適性に合わせて求人を紹介。※現在店舗は東京・愛知県(名古屋)、大阪、京都の1都2府1県。遠方の方は電話でカウンセリングも。

それにしてもいいなぁ。やり直したい・・・。

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク