もし3年前に田端信太郎さんのnoteを手に入れていたら、僕は就活費用1000分の1で内定していたかもしれない

就活

どうも!無い内定だった@xi10jun1です。

3年前。

僕は新卒の就活に失敗した。

内定なしの就職浪人。

田端信太郎さん「就活生よ!会社を褒めるな!むしろ正しくディスれ!」

最近話題のnote。

そこにLINEの偉い偉いお人、田端信太郎さんが就活生(社会人にも?かな)に向けて公開したのがこのnote。

無料で見られる部分の文章の一部分を引用する。

面接において伝えるべき内容を考えるにあたっては、その会社がいかに素晴らしいか?魅力的か?そして自分の強みがなにか?なんかよりも、よっぽど大事なことがあるのだ。

引用元:就活生よ!会社を褒めるな!むしろ正しくディスれ!|田端信太郎|note

タイトルとこれを見て、買わずにはいられなかった。

「いつか自分が成長して、過去に失敗したことの原因が見つかるとしたら、たぶんこれがそうだ。」

感想:ああああああああああああああああああああああああっ!

点と線が繋がって電気が走った。

あのとき「就活は営業だ」と言われてもピンとこなかったのに、急にピンピンしだした。

僕が就活に失敗した原因がここに全部書いてあったし、あのときどうすれば良かったのか、面接官ないし企業がどういう学生が欲しかったのかも全部書いてあった。

この記事のタイトルの通り、これをあのとき読んでいたら、僕は就活費用1000分の1で内定していたかもしれない。

思い当たる節がある。

「わが社の問題点とあなたなりの考えを3つ答えなさい。」

最終面接だった。

「1分間時間をあげるので、わが社の問題点とあなたなりの考えを3つ答えなさい。」

田端信太郎さんのnoteを見たからというわけじゃない。これは僕がとても悔しくて涙した最終面接だから覚えている。1分間思いつくだけ考えたんだけど、結局しどろもどろになって答えられず、落ちた面接。

この質問の意図は、まさしく「むしろ正しくディスれ!」っていうことだったんだと、田端信太郎さんのnoteで今頃気が付いた。

まとめ:就活費用1000分の1で内定したきゃ田端さんのnoteを買うべし

就活費用1000分の1とは、田端さんのこの有料noteの値段のこと。僕が当時就活にかけたスーツ代、交通費、飲食代、写真代、書籍代やらなんやらのお金約300,000円の1000分の1だからだ。

ここまで具体的に説明してくれる偉い人が書いた就活の話が、コーヒー一杯分の値段とは、いい時代になったものです。羨ましすぎて口から内臓全部ぶちまけそうです。

正しくディスる、か。

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2016年1月19日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。

就活

Posted by jun



スポンサーリンク