ブログ運営は現代人のリスクヘッジ手段!快楽が得られるよ!

2015年9月24日ブログ

スポンサーリンク

どうも!ブログ大好きな@xi10jun1です。

最近、ようやくブロガーなる存在がテレビでも紹介されるようになり、父が「なんだそれ?」と首をかしげるようになりました。

唐突ですが、ブログってリスクヘッジの手段になるんですよ!

リスクヘッジ?

リスクヘッジは金融用語で、本来はリスクの相殺を表す言葉です。

ラーメンを食べたら、カロリーや塩分が体に蓄積されて病気になるリスクが高くなりますよね。でも、運動をしてそのカロリーと塩分を消費すれば、病気になるリスクが減らせます。

これがリスクヘッジのざっくりとしたイメージです。実際は「ラーメンを食べながら運動もする」取引が日常的に行われているのが金融の世界なんですけどね。

では、ブログの何がリスクヘッジになるのか。

リスクヘッジとしてのブログ運営の魅力1:好きなことやりたいことの実現可能性を高められる

ツイッタープロフィール画像

「社会人になったけど、今の仕事は自分のやりたいことじゃない!」

そう感じながら仕事をしている方は、とてもとても多いです。

でも、何もしないまま仕事だけ続けていても、好きなことややりたいことは実現できません。

だからこそ、誰でも気軽に始められる「ブログ」が役に立ちます。

仮に、小説家になりたいと考えていているなら、ブログで小説を公開していくことができます。農家になりたいなら、家庭菜園でもいいから作物を育てて収穫し、ブログで売っていくことも可能です。音楽家になりたいなら、ブログで作った曲を発表するのも可能です。

とにかく、自分の好きなことややりたいことを目指すのに、ブログというツールは本当に有効な手段です。書いてもよし、売ってもよし、発表してもよしです。

リスクヘッジとしてのブログ運営の魅力2:金銭面のリスクヘッジ

お金イメージ画像9

ブログにつきものなのが広告収入です。

アドセンスの他、アフィリエイト広告を張り付けることで、そこから収益を得ることも可能になります。ただ、最近は広告ブロックなるものも出てきているので、広告収入だけではリスクヘッジになりません。

なので、ブログで物を売る手段として、ネットショップなんかを開くのが手です。

事実、ブログだけで生活している人もいますからね。

リスクヘッジとしてのブログ運営の魅力3:出会いのリスクヘッジ

国民、人ごみ画像

ここで言う出会いは男女のものではありません。フラチな妄想はいけません。

仕事とか、新しい人との出会いのことです。

ブログやSNSを通じた仕事の依頼、アフィリエイトのイベント、ブログの勉強会などなど、今までに出会ったことのない仕事や人々との出会いがあります。

社会人になると、自宅や会社といった狭い空間に閉じこもりがちですが、そんな生活を打破しやすくなります。

老若男女、職業、学歴は関係なし!

自分とは違う生き方をしている人々との出会いは、刺激がたくさんもらえますよ!

まとめ:ブログで何かを実現するのは快楽ですよ!

リスクヘッジと書きましたが、ブログってそれだけじゃなくて、「何かを実現する」という快楽が得られるツールとも言えるんです。

ブログから小説家になろうとも、ネットショップの経営者になろうとも、音楽家になろうとも、月収5万円を得ようとも、目指すものが「何かの実現」という意味では一緒ですからね。

そういうのが実現できたときの達成感って、とても気持ちがよくて快楽ですから、試しにブログをやってみてはいかがでしょうか?

それから、「お金稼ぎが目的でブログをやるのは違うんじゃない?」なんて言われそうですが、全然いいと思いますよ、僕は。ブログはあくまでツールです。やりたいことの実現に使おうとも、お金稼ぎに使おうとも、犯罪以外は自由なツールですから。

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年9月24日)に出るものです。現在とは異なる情報が掲載されている可能性がありますので、最新情報については別途お調べください。

ブログ

Posted by jun



スポンサーリンク