YouTubeの世界も淘汰が始まるという話

2020年5月24日ブログ,ライフハック

みなさんどうもYouTube!最近はライブ配信がメインの@xi10jun1です。

情報発信の場がYouTubeなどの動画市場に移ってきていますが、それにやっと気が付いた層が大量に同市場になだれ込んできています。

正直、こうなると相場なら天井サインの1つになるので、ボチボチ撤退する人たちが出てくるな。

YouTubeの世界の淘汰はやはり芸能人の参入

YouTubeに芸能人の参入が相次いで来ているのが嫌な感じですね。

一般の人たちがやっとこさ集めるチャンネル登録者をたった一瞬で集めてしまうのに、内容はどっこいどっこいか一般人ほどでもない。

なんか納得できないというか、知名度だけで「ワー」ってかっさらってしまうというか。

ただそれもテレビと言う下地があってこそのものなので、何も持ってないコンテンツだけで勝負してきた一般ユーザーは苦戦を強いられますよね。

そうなると収益化の要件を満たせずに辞めてしまったり、思ったほどの成果がでなくて更新が終わってしまったりするユーザーが出てくるんだろうな・・・。

で、当の芸能人もクオリティがそんなにすごくないので、全体的にYouTubeのインプレッションが下がる、とか。ありそうだ・・・。

まとめ:YouTubeも一筋縄ではいかない時代へ

僕もそうですけど、なかなかチャンネル登録者は集まらないですよ。

やはり著名人の参入が相次いでいますし、ジャンル的にもゲーム実況はありふれていますし。

戦略の見直しが必要だな。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク