恋人や婚約者がちゃんと投票に行く人かどうかは確認したほうがいい

ブログ

みなさんどうも衆院選!もう期日前投票してきちゃったです。

選挙の話題で持ち切りですが、ちゃんと投票行きましたか?特に僕と同じ20代。前回の衆院選の投票率が30%台とかなり悪くて、ツイッターでいろいろ議論が出てますね。

で、こういう選挙のとき、自分の恋人や婚約者がちゃんと投票に行く人かどうかを見ておくといいですよ。

将来をちゃんと考えているか

選挙で投票するというのは、近しい将来の自分のために行うもの。

例えば子供が生まれそうな人なら子育てに積極的な人に投票するとか、就活を控えた学生なら雇用に積極的な人に投票するとか。

だから自分の恋人や婚約者が投票に行っているかどうかって、2人の将来をどう思っているか、しっかりしている人かどうかがなんとなくわかります。

投票に行かない人だった場合

普通は投票に行くものですが、20代は前回の選挙で32%の投票率で、つまり7割の人が投票しなかったことになる。

投票しないと若者の意見は優先されなくなるので、保育園に入れないとか、アニメが規制されやすくなるとか、いろいろ都合が悪いことが出てくる。

だから逆に理由もなく投票行かない、あるいは白票を投じるような人なら、関係を見直したほうがいい。将来を見据えていないかもしれないから。

まとめ:今回の衆院選20代の投票率はどうなるか?

正直、あまりに20代の投票率が低いと、同じ20代の僕が困るんですけどね。

あとは今の10代の子たち。

だから後輩たちのためにも、投票には行っとこうな。

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2017年10月15日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。

ブログ

Posted by jun



スポンサーリンク