Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2678

Amazonプライムデーではフリマアプリも確認!中古新品商品を安く購入できるかも。

ブログ,ライフハック

みなさんどうもAmazonプライムデー!狙っていた商品がなぜか取り扱いラインナップから消えてしまって焦っている@xi10jun1です。

Amazonプライムデーになると欲しい商品をピックアップして喜んでしまいがちですが、実はこういうときこそフリマアプリを確認したほうがいいかもしれませんよ。

もしかするとプライムデーより安く品物が買えるかも。

売り手:Amazonプライムデーの商品よりも値下げして売るチャンス

Amazonプライムデーは様々な商品が安くなる大型のタイムセールですが、フリマアプリで『Amazonプライムデーよりも安く売ります!』と宣言することで成約率が高くなる可能性があります。

特に至急で売りたい人にとって見れば、Amazonプライムデーは『安く買いたい』と思う消費者がフリマアプリを狙って大勢やってくるチャンスでもあるわけです。

『あれ?こっちのほうがAmazonプライムデーより安いじゃん!』と、ワンチャン狙いの購買層がやってくることは想像に難くありません。

もちろん品物がいいに越したことはありませんので、Amazonプライムデーの価格動向を調べて値段を変えるのはアリですね。

買い手:Amazonプライムデーが終わったあと1週間もチャンス

買い手側の場合は、Amazonプライムデー終了後1週間くらいがチャンスです。

『買ったけど思ってた商品と違ったから売りたい』というAmazonプライムデー参加者の出品が相次ぐから。それにそういう商品は開封して1回使った程度で終わることが多いので、中古でもほぼ新品の商品である確率が非常に高いのです。

そうなると、こちらが購入して使うもよし、その後に中古で出品してもよしと、コスパに優れた使い方ができますよね。

例えばですが、Amazonプライムデーで10,000円の商品が特価で7,000円になったとして、それが中古で6,500円で売られていたらどうでしょう?そしてそのあと購入して使って、中古として5,000円で売れれば・・・。

それにAmazonプライムデーが終わった後の値段、つまり特価になる前の価格と比べられるのですから、中古として売るにしてもAmazonより格安になります。

まとめ:Amazonプライムデーはただ買うだけじゃもったいない

Amazonプライムデーを攻略するなら、フリマアプリで売買するところまで見たほうがいいかもしれんね。

売り手ならAmazonプライムデーの価格を、買い手なら新品同様の中古を、それぞれ狙えばいいですので。

ただ買うだけじゃもったいないですな。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク