2015年5月18日の運用成績は、データセクション利確、セキュアヴェイル損切り

2015年5月18日今日の運用成績セキュアヴェイル,データセクション

今日は金曜日決算発表の企業が大荒れでしたね。

データセクションもなぁ・・・。

マザーズ総合は反落。前日比-1.78円の914.04円。

日経平均は続伸。前日比+157.35円の19,890.27円で取引終了です。

これもう1回2万円行くな・・・。

本日の運用成績はこちらです。

2015年5月18日運用成績画像

データセクション利確、セキュアヴェイル損切り

データセクションは金曜日の決算を受けて一時818円まで上昇したんですね。

寄り天にビビッて780円で指値注文していました・・・。

でも、寄り天というか、「上がっても下がる」ってのはなんとなくわかったんです。

決算の内容で上げただけですから。

それに、データセクションのこれまでの値動きを見ていると、続伸ってあんまりないんです。調子良く上げた日の翌日はだいたい下げています。

ここは資金が入りにくいんですかねー。国策銘柄とはいえ、特に大きな材料があるわけではないですから・・・。

それからセキュアヴェイルを損切りしました。

損失が1万円を超えそうだったので、限界ですね。

ここは決算微妙だったからなぁ・・・。早めに切るべきだった。

ドル円は利益を積み上げています

前回に引き続き、今回も利益を乗せることができました。

今日の大きな利益は119.671Sポジ→119.558利確で113円の利益です。

ここはトレンドの転換点でポジションを取って、巧く乗ることができました。

自信があるときだけ取引するようになってから、損失が抑えられてきた感じがします。

やっぱあれだね。分からなくなったときに潔く身を引くといいね。損失が抑えられるし、利益を乗せることができる。

含み益を我慢するのもありですけど、なんかトレンドが怪しくなったり、分からなくなったら迷わず決済ですね。

ここの意思決定のスピードを早くしたいな。

末尾コーナー:投資家向け関連記事やサービス!

投資家向けに関連記事やサービスをまとめました。近年はフィンテック関連のサービスや情報が話題ですので、情報収集にお役立てください。

なお常識ですが、どのサービスを利用する場合においても、必ずリスク(値動きリスク、事業者リスク、信用リスク、地政学リスク、セキュリティリスク)を確認・承知し、自己責任の原則に基づいてご利用ください。

株式

株式投資には主に楽天証券を用いています。ポイントを使った積立投資など、ポイントに絡んだサービスが充実!
created by Rinker
使い勝手が良く、口座開設するとSPU対象になるので楽天スーパーポイントもガンガン貯まる!

FX

FXには下記の口座を開設しています。使い勝手や手法はもちろん、スプレッドによって合う合わないがありますから、自分の使いやすい口座を開設して利用すると良いでしょう。
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):1.1銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):1.2銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.4銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.9銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.4銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.9銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
主要通貨スプレッド
  • ドル円(USD/JPY):0.3銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):0.5銭
  • ポンド円(GBP/JPY):1.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):0.7銭
created by Rinker
特許取得の自動売買「トラリピ」が有名。主要通貨スプレッドは変動制のため下記の通り。
  • ドル円(USD/JPY):3.0~4.0銭
  • ユーロ円(EUR/JPY):4.0~5.0銭
  • ポンド円(GBP/JPY):6.0~7.0銭
  • 豪ドル円(AUD/JPY):5.0~6.0銭

ちなみに僕は、FXでは主に平均足を使う派です。ローソク足よりトレンドが掴みやすく、移動平均線と組み合わせてトレードしています。平均足についてはこちら→FXの平均足の基本・手法・見方・儲け方・考え方・戦略などまとめ

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年5月18日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。