Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2841

FTXの破綻問題が株式市場へのショックの引き金になる可能性について

ブログ

みなさんどうもFTX。仮想通貨は最近ほとんど触っていない@xi10jun1です。

FTXの破綻に伴い、仮想通貨の関連事業を営む企業の連鎖倒産がちょこちょこ出始めています。

個人的に現在の株式市場にも影響が出ると踏んでいるものの、あまりその辺はニュースになっていませんね。だから怖いんですが・・・。

これまでとは違う仮想通貨の下落

FTXの破綻問題をちょこちょこ調べてましたが、とどのつまり、子会社Alamedaが投資していた仮想通貨LUNAの破綻による巨額の損失を、あろうことか自社通貨(FTT)と顧客資産とをもって補填に充てて流用するという金融機関としてあるまじき状況に根本的な原因があります。

元々FTXはBinanceが親会社だったのですが、アメリカで事業展開するためには中華系たる彼らとは資本関係を断つ必要がありました。そこでBinance側から自社株を買い戻して、代わりに自社通貨であるFTTを渡したのです。

その後FTXは積極的なロビー活動でBinanceとは敵対するような状況になりましたし、そもそも後者はアメリカの中華系企業規制強化の影響でまともな事業展開ができないため同社にとっては面白くない状況でした。

そしたらある日、FTXの子会社であるAlamedaは自社の資本のほとんどがFTTで出来ていて、それをカタに借金して仮想通貨に投資していたことが元の大株主であるBinanceにバレてしまったわけです。そしてBinanceのCEOことCZ氏が「LUNAの破綻を教訓にして、FTTを全部売却するわー」とツイッターで言い出して通貨の価格が大暴落。

それ伴いFTXの信用不安が起きて預金の取り付けが相次ぎ、現金不足で資産の投げ売りを行うも事業停止まで追い込まれてしまったわけです。

まぁ新興金融市場なわけで、そもそもこうした事態は起こり得るとして認識していないといけないので、さもありなんといった印象も無きにしも非ず。

しかしこれまでのGOXのようなハッカーに盗まれる事例とは異なり、顧客資産に手を出すという金融機関としての信用に関わる問題なのがこれまでとは違う点です。

それをまぁまぁのデカい取引会社ですらやっていた。これでは業界の信用は落ちるばかりです。

株式市場にも影響があるか?

当然ながら、FTXで仮想通貨に投資していたトレーダーや大口の顧客は損失を被る状況。

関係各所の取引所の破綻やサービスの停止が相次いでいますし、仮想通貨に投資するファンドも大幅な下落。

そもそもセキュリティ強化で対処できない人間というリスクが露呈したので、仮想通貨の業界に対する信頼度も低下したことでしょう。

で、そうして失った資産を補填するために、株式や別のアセットを売却する動きが出てくるはず。以前も似たような理由で株が売られたことがありましたからね。

まとめ:影響の全容はまだ未知数

まだ破綻して数日が経過した程度なので、どの程度の影響が出るか分かりません。

株式市場への影響がどれくらいか、あるいはFTXを介した仮想通貨の取引で実は巨額の損失を出しましたなんて金融機関が出てくる可能性もある。

まだ未知数ですな。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク


ブログ

Posted by jun