YouTube動画編集は楽しいけど時間があっという間に溶ける問題

ブログ

みなさんどうもYouTube!久々にYouTube動画を作ったら、時間があっという間に経過してしまった@xi10jun1です。

YouTubeに動画を上げている方なら分かると思いますが、編集作業ってあっという間に時間が溶けるんですよ。

いや、楽しいからいいんですけど、これをずっとやっていくのは大変だなと。

YouTube動画編集は楽しい

編集している間って、サムネイルをどうするとか、音声やエフェクトをどこに入れるか、音量は大丈夫か?などの細かい項目がたくさんあります。

全部を完璧にこなすとなると、一人でやるのは限界がありますね。有名なYouTuberともなるとチームになっているところもあるようですし。

ただ、ブログとは違った楽しさがあります。ブログの場合は気軽に書けるからいいんですけど、なんかこう緻密に映像を作っていくのも楽しいんですよね。ブログとは正反対の作業なんですが、それがかえって新鮮です。

ただし時間はあっという間に溶ける

本当に、動画編集は時間が溶けます。

ブログは文章を打つのがメイン(だけじゃないですけど)なので、下手な話、10分くらいで記事が作れてしまうこともあります。

でも動画は10分では作れません。1分の動画に1時間か2時間、場合によっては日単位で製作時間がかかることもありますから、『もうこんな時間!』と驚きますね。

まとめ:動画を作る時間がほしい

動画を作る時間を考えると、兼業サラリーマンでやるのはかなり厳しい道のりですね。

1日の作業時間が1時間だとしても、それで作れる動画が30秒とか1分ですもん。それだけでいいなら問題ないですが、品質まで考えるとね。

時間をかけてじっくりコンテンツを作りたい方には向いているかもしれません。

スポンサーリンク


ブログ

Posted by jun