ライブ配信は機材の知識が必要不可欠!トラブルで視聴者が減ることも。

ブログ

みなさんどうもライブ配信!最近YouTubeのライブ配信に夢中の@xi10jun1です。

動画配信を始めてしばらく経ちますが、機材関係のトラブル癖がなかなか治らないんですよ。

音声がズレる、映像が止まる・・・。なので思い知りました。

ライブ配信は機材の知識が必要不可欠!

ライブ配信と聞くと、イチナナライブやTik Tokなどのせいか、『誰でも、簡単、すぐできる!』のイメージがあります。

しかしハイスペックなゲーミングPCなどを用いる場合は、それなりの知識が相当数必要です。

ゲーミングPCのスペック(CPU、GPU、メモリ)、ビットレートやfpsなどの用語はもちろん、それらの推奨値も考えねばなりません。あとは機材やネットの接続状態など、『誰でも、簡単にはすぐできない』ものばかり・・・。

特にPCの知識は必要

とりわけPCを使ったライブ配信となると、PCのスペックや関連する周辺機器への知識がないとまともな映像になりません。

これは僕がやらかしたのですが、ライブ配信をSurface Pro 4でしばらくやっていて、映像が止まることが多々ありました。

いわゆるタワー型の大型PCはいらないだろうと高を括っていましたがとんでもない。今じゃGALLERIA XFがないと無理ですもん。

まとめ:トラブル多発では視聴者が減るかもしれない

たぶん僕のライブ配信を見ていた人のなかには、もう二度と見てくれていない人もいるはずです。

映像が途切れたり音が飛んだりしていたので。

いわゆる『最初が肝心』ということですね。最初でグッと掴めないといけないのに、配信環境が整っていないなんて論外なのかもしれません。

こういうことがあるので、これからライブ配信をされる方はPCのスペックだけはなんとかしましょう。

スポンサーリンク

ブログ

Posted by jun