Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2678

ブログのコメント欄は設定すべきか閉じるべきか

ブログ

みなさんどうもコメント欄!コメント欄は閉じる派の@xi10jun1です。

実はコメント欄ってSEOには重要な場所で、ロングテールだったり意外なキーワードで1位を取ったりできる優れものなんですよね。

とはいえ、変なコメントや誹謗中傷の温床にもなりかねないので、設定しておくべきか閉じるべきかは悩みどころです。

コメント欄を設定しておくメリット

コメント欄を設定しておくと、早い話SEOに有利になります。

コメント欄自体もコンテンツとして扱われるため、思わぬキーワードでロングテールで引っ張ってこれることがあります。

実際、僕もややマイナーなキーワードで検索したときは、コメント欄の文字で引っかかっていることがあります。

『これは使わない手は無い!』となりがちですが、コメント欄には負の側面もあります。

誹謗中傷や罵詈雑言

コメントというと、やはり誹謗中傷や罵詈雑言といったマイナスな投稿も出てきます。

僕がコメント欄を閉じているのもこれが理由で、一時期ツイッター広告を出したときにそういうのが来てしまったんですよね。

コメントも含めて最後まで記事を見てくれるユーザーもいるので、僕だけならともかく、他者のそういった言動で読む気が失せてしまったり、ブログのイメージを傷つけたりしたくはないですからね。

それがまっとうな意見ならいいんですけど、そんな意見ほどコメントには残してくれないことが多いです。

まとめ:今後はコメントを解放していく

2019年5月4日時点で閉じているコメント欄ですが、また開放する予定でいます。

SEOに強くなるなら・・・。というやつですね。

最近厳しくなってきましたから・・・。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク


※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2019年5月4日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。

ブログ

Posted by jun