ツイッターからのメール通知で迷惑メールフォルダに入る人と入らない人の違いとは?

ブログ

スポンサーリンク

先日ちょっと気になったんですよ。

ツイッターからのメールが振り分けられている?

迷惑メールの判定とは?

メール手紙郵便画像

ツイッターでリプライとかフォローとかされたとき、登録時のメールアドレス宛にツイッターからその旨がメールで届くのですが、そのメールが受信箱だったり迷惑メールフォルダだったりするんです。

それも、リプライによる返信のツイートは迷惑メールフォルダに入ることが多いですね。

(;´・ω・)?

ツイッターとメールサービスどちらが判別している?

パソコン基板機能画像

普通こういうのって、メールサービスを提供している方が迷惑かどうかを判別しますよね。最近は精度が上がっているようで、おかげ様で快適にメールサービスが使えていますが・・・。

あ、ちなみにヤフーを使っています。

なので、ちょっと仮説を立ててみました。

たぶんどっちかだと思います。

メールサービスが判別している

メールサービスが判別している場合、禁止ワードなんかが含まれたメールは即座に迷惑メールフォルダに行きます。もしくは迷惑と判定された送信元からのメールも同様ですね。

ただ今回のツイッターからのメールに関しては、リプライに禁止ワードが含まれているならまだしも、フォローされたことまで迷惑メールフォルダに入っていることがあります

また、リプライのお知らせもフォローのお知らせも、送信元はtwitter.comで一緒。なのに迷惑メールになったりならなかったりしているので、これの意味がよく分かりません。

考えられるのは、他のユーザーがメールサービス側に対し、こうしたメールが迷惑であると報告している、ということ。

うーん・・・。

ツイッターが判別している

例えば、リプライやフォローをしてきたユーザーが、既に違反報告をされていたり、誰かからブロックされていたりしている場合。たぶん、どんなに健全にアカウントを運用していても、ブロックされていたり、何かしら違反報告されていたりして「汚れている」可能性は高いと思います。

もしツイッターが、そのような「汚れたアカウント」を裏で予め「悪質なもの」として判定していたとしたら・・・。

つまり、メールアドレスにお知らせが送信される際、そのアカウントからのリプライまたはフォローは迷惑なものである可能性が高いとツイッターが判断して、送信メールに何か情報を付与しておくのです。そして、実際に送信されたメールサービスの自動判別機能を利用することによって、迷惑かどうかを判別しているというもの。

これなら、ツイッターがアカウントの良し悪しを判定してからお知らせのメールを送信しているので、単純なフォローでも迷惑メールフォルダに入れることができます。

いや、ほんとかどうかわからないよ!

ちょっと気になったので記事にしてみましたが、比較的ツイッターのお知らせはランダムに近い感じで受信ボックスだったり迷惑メールフォルダだったりするので、気になっていました。

どちらかというと、リプライもフォローのお知らせも、迷惑メールフォルダに入ることが多いんですよ。

たまにリプライのお知らせが受信箱に入っている人はなんとなく「あ、信用できる人なのかな(;^ω^)?」とか勝手に思ってます。ブロガーの○○さんとか、女性の○○さんとかは、受信箱にリプライのお知らせが届きますね。

もし、ツイッターが判定して受信箱と迷惑メールフォルダに振り分けるようにお知らせを送っているとしたら・・・

Amazonタイムセール祭り開催中!
Amazonタイムセール祭りが、2019年4月20日(土)9:00~4月23日(火)23:59開催!お得な買い物は今のうち! ※Amazonには法人・個人事業主向けのアカウント「Amazonビジネス」もありますよ!詳しくは→Amazonビジネスはこちら

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2015年4月12日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。

ブログ

Posted by jun



スポンサーリンク