A8フェスティバル参加してきた!後編

2014年9月6日ブログA8, アフィリエイト

A8フェスティバル参加してきた!前編の続きです。

※この記事は2014年9月の記事です。

会場は大賑わいです!

20代少ない?

A8フェスティバル大盛況!

会場に入ると、

人、人、人で溢れていました。

男性も女性も株のセミナーより比較的若い世代が多かったですね。男女の構成比は半々くらいです。

ただ、アフィリエイトをしている主婦の方と思われる女性が多かったように思います。子連れの人もいましたし、旦那さんがしぶしぶついてきたような人とかもいましたね。

で、商品すなわちアフィリエイトの案件ごとにブースがあって、各ブースの担当者の方といろいろお話をするわけですね。もしくは商品を試してみたり、ブログ掲載用に写真を撮ったり。結構自由です。

僕が初めに見たのは、GMOの「お名前.com」。

ドメイン販売のアフィリエイトですね。

日本語ドメインや.tokyoなどの新しいドメインを提供しています。

SEOに効果があるのかどうか分からないのですが、自分のブログを立ち上げるのに何かお気に入りの言葉なんかをドメイン名にするといいと思います。

あとはこれです。

KIMG0017

男性用のお財布ですかね。しかも高級な。

イギリスのブランドだそうで、ブランド名が「THOMAS」。

高級なレザーを使用していて、肌触りが滑らかなんですが、キュッキュッと革の硬さも楽しめる財布です。

KIMG0016

カードもすぐに取り出せますし、

KIMG0018

敢えて「遊び」がないような、大人の財布といった印象。

ちなみに普通に買うと12000円、ものによっては20000円くらいするそうです。アフィリエイトの案件としては売りづらいような気もしますが、クリスマスのシーズンには結構売れるようです。

ちなみに写真に写っている手は担当のお姉さんの手です。

続いて、こちら。

KIMG0019

GMOペパボのブースですね。ここはレンタルサーバー「ロリポップ」の運営や、ドメイン販売サイト「ムームードメイン」を運営している会社です。

あの家入一真さんが創業した会社として有名です。

今はGMOの傘下。

それから、こちら。

KIMG0020

これは、自分で簡易的な写真スタジオを設置できる商品、その名も「PHOTOLA(フォトラ)」。

こちらの商品の特徴は、撮影するのに便利な簡易スタジオというだけではなくて、アフィリエイト商品の画像の下に「この画像は「PHOTOLA」で撮りました」と、この商品のリンクを貼ることができるという、実はアフィリエイター向けの商品なんです。

だから、この製品で写真を撮ってブログにアップし、本来のアフィリエイト商品を紹介しつつ、画像の下にひそかにアフィリエイトリンクを貼りつけられるという二重の作戦ができるんですね。

これはアフィリエイターでなくても欲しい商品ですね。ちょっとした撮影とか、自由研究など学習用の写真撮影もできますし、本体を外に持ち出しても使うことができるようなので、便利だと思いますよ。

最後にこれ。

KIMG0021

こちらの時計はスマートウォッチというもので、スマホと連動させれば、メールやSNSのメッセージの確認を腕時計でできるというものです。スマホを操作できない環境でも、多少の操作ならこの腕時計でスマホの操作ができるそうです。

例えば、SNSのメッセージの確認、カメラのシャッターボタンを遠隔操作などができます。

悪いことにも使えてしまうので、使い方には注意したい商品ですね。

A8フェスティバル参加しての感想とまとめ

大盛況だったのですが、個人的には金融関係のアフィリエイトがあればなぁ、という感じでした。

口座開設とか、資料請求とかありますからね。

化粧品や健康美容関係のアフィリエイト商品が目立っていたので、どちらかというと女性向けの商品が盛り上がっていた印象があります。

あと、僕が提携していない状態なので、各商品のアフィリエイトリンクは設置していません。GMOと下のA8のリンクだけ提携しているので、リンクとして掲載しています。

ちなみに、A8.netではセルフバックと言って、自分でA8経由から商品を購入しても、成果報酬が受け取れる制度があります。

僕がセルフバックしたのは、マネックス証券の口座開設です。

マネックス証券の口座開設画像

少し見えにくいですが、3704円の報酬が確定しています。

A8への登録はこちら→A8.net

特に金融関係は報酬額が高いので、おススメです。提携してなくてもセルフバックはできますので、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2014年9月6日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。


スポンサーリンク