健康アップデートの影響で本当に欲しい情報が手に入りにくくなった今こそブロガーのチャンスかも?


スポンサーリンク

ブログ

みなさんどうもアップデート!健康系のサイトは延期した@xi10jun1です。

グーグルが行った、医療・健康系の検索結果を対象にしたアップデートを「健康アップデート」と日本では呼びますね。海外では8月に行われたようで、通称「Medic Update」と呼ばれているそうです。

で、実は身内が重い病気になったので病名でいろいろ調べたんですが、本当に欲しい情報が手に入りにくくなった印象です。

本当に有益な情報が激減

その重い病気の名前で検索したとき、今は基本的に出てくるのは医療系専門機関のホームページか、大手のニュースサイトがほとんどです。

もちろんWelqのようなインチキ健康サイトはだいぶ無くなったので、それはいいんですよ。ありがたいことです。

ただ本当に有益な情報まで、一気に落ちてしまったような気がします。

ここでいう有益な情報とは、専門機関の情報だけじゃなくて『体験者のありのままの体験談』です。いわゆるアフィリエイト的なサイトではなく、アメブロとかに書かれていた闘病記のようなブログが無くなった感じです。

もちろん探せば出てきますよ。出てくるんですけど、キーワードに必ず『病名 ブログ』って入れないといけなくなりました。

ある意味ブロガーにはチャンスかも

キーワードに『○○ ブログ』を入れなければ体験談が出てこない、という状況はブロガーにとっては追い風になりそうな気がします。

確かにグーグルは今、専門性や権威性を重視し始めてきました。

が、結局のところ普通の人や自分と似たような人が経験したことって、廃れないし需要はあるはずです。

テクニカルな手法よりも経験や体験を丁寧に作り上げる。結局はコレしかないでしょう。

まとめ:ブロガーはもっと信頼されよう

だからグーグルが検索結果でブログの順位を落としても、検索クエリに「ブログ」って追加されるよう、信頼度を上げていったほうがいいと思うのです。

『ブログ書いている人たちの情報は信頼できるな』って。

それならいろいろな検索キーワード、それこそサジェストに「ブログ」って出てくるのが理想ですね。現にそういったサジェストありますすし。

信頼できる情報を、これからも発信し続けたいですね。

スポンサーリンク

ブログ

Posted by jun

スポンサーリンク


スポンサーリンク