Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ytrsdijun/ytrsdijun.com/public_html/wp-includes/script-loader.php on line 2781

公的機関の公式サイトは一体いつになったらSSL対応してくれるのか

ブログ

みなさんどうも厚労省!ブラック企業リストは定期的にチェックしている@xi10jun1です。

厚労省が公開している労働基準関係法令違反に係る公表事案、通称「ブラック企業リスト」。

有名アカウントがアナウンスしていたのでアクセスしたんですが・・・。

公的機関の公式ページは一体いつになったらSSL対応してくれるのか

http://www.mhlw.go.jp

これ分かりますか?

厚労省って、SSL対応まだしてないんですよ。つまり「https~」になってないんです。

厚労省だけじゃなくて、国民生活センターのサイトもそうです。

http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html

ちなみにみんな大好き金融庁はSSL対応してるんです。

https://www.fsa.go.jp/

この辺の差がよくわからん・・・。

公的機関のサイトなのに安心してアクセスできない

SSLはインターネットで送受信される情報を暗号化することで、第三者からの覗き見や改ざんを防止するものです。

もうサイトを運営するには常識的に対応しなければならない代物なんですが、公的機関のサイトが対応してないのは困るなぁ。

だって一番覗き見や改ざんがあってはいけないサイトでしょ?それなのにセキュリティ対策してないなんて・・・。

まとめ:こういうときこそ税金使って!

僕はサイトの引用とかで、公的機関の記述をよく使うんです。

が、混在コンテンツ(httpとhttpsが混ざってしまうことで部分的にしか暗号化にならない)になってしまうので、完全な暗号化にならなくなってしまいます。

こういうときこそ税金使って対応してほしいなぁ。

~注目:M&Aマッチングサービス~

現在、景況感の悪化に伴い、M&Aマッチングサービスで事業やサービス、メディアを売却する動きが出ています。下記記事に詳細をまとめましたので、資金繰りの案としてご検討ください。

[2020年最新版]事業や資産の売却(資金繰り)に使えるM&A(事業継承)マッチングサービスまとめ

スポンサーリンク


※このメッセージは1年以上前の記事(当記事最初の更新は2018年6月2日)に出るものです。最新の情報と異なる可能性がありますので、公式サイトへアクセスするか別途お調べください。

ブログ

Posted by jun