過去記事投稿プラグイン『Revive Old Posts』によるツイッター検索対策実験中

ブログ



スポンサーリンク


みなさんどうもRevive!アフィリエイトサイトは常に実験の@xi10jun1です。

今作成しているアフィリエイトサイトですが、いろいろ実験も兼ねています。

今やっているのが、過去記事投稿プラグイン『Revive Old Posts』によるSNS検索対策実験です。

過去記事投稿プラグイン『Revive Old Posts』

『Revive Old Posts』はワードプレスの過去記事をツイッターに自動投稿してくれるプラグインです。何時間おきに投稿するとか、投稿時の文言とかを事細かに決められます。

無料版と有料版があり、課金することでさらに細かい設定ができるようになります。

が、まぁまぁ高いですし、無料版を使いこなすだけでも十分です。

ざっくりとこんな感じです。

  1. インストール
  2. 有効化
  3. ツイッターアカウント連携
  4. 投稿の文言を決める
  5. 投稿時間(間隔など)を決める

今回はプラグインの基本的な使い方は割愛して、4の『投稿の文言を決める』の部分に着目したツイッター検索対策実験について書いていきます。

ツイッターから検索する人も結構いる

まずはこちらをご覧ください。

これはa8のリファラー、つまりどこのURLから成果が発生したかを示したものです。

ReviveOldPostsとあるように、確かにソーシャル投稿が行われデバイスもスマホからのものになっています。

具体的な数とかは企業秘密になりますが、実はこのアフィリエイトサイト、ツイッターからの成約が結構多いんです。

SNSで検索する人の意図を考える

まだツイッターから検索する人の意図、そしてなぜ成約に至るかの答えが出ていないんです。

グーグルで検索する人は、例えばスペックの確認や何らかの疑問を解消するために行います。

一方でSNSの検索は、比較的若い人が、速報性や同じ属性を探す意図があるように思います。漫画やイラストが好きな人は、同じクラスタのアカウントをフォローしますよね。

なんかこう『同じような人いないかな?』って検索したりしません?そんなようなところに、アフィリエイトサイトの記事が当てはまらないかな?と思って今実験をしています。

まとめ:若い人向けの案件ならSNSを攻略すべし

ちょっと前の記事にこんなのがありました。

【緊急!】えっ!?検索するってGoogleだけじゃないの??今の10代は”SNSで検索”がアタリマエ | マーケティングリサーチキャンプ|市場の旬を調査で切る!

つまり若い人向けの案件なら、SNSを使った戦略が必要になるということです。

実は先ほどの発生画像、20代向けのサービスだったんです。もっと数が出ないとハッキリしませんが、ツイッターや各SNSへの投稿も頑張ったほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

ブログ

Posted by jun

スポンサーリンク



スポンサーリンク