年末年始(大みそか~正月)も仮想通貨(ビットコイン)の取引はできるの?

2017年12月17日ビットコイン



スポンサーリンク


皆さんどうも仮想通貨!BTCFX短期売買派の@xi10jun1です。

年末年始ということで、そろそろ今年の株やFXの取引も終盤ですね。

ところで年末年始(大みそか~正月)も、仮想通貨(ビットコイン)の取引はできるんですかね?ってことで調べました。

結論:年末年始(大みそか~正月)も仮想通貨(ビットコイン)の取引はできます!

結論から先に言うと、できます。

こちらの画像をご覧ください。

こちらはbitFlyer(ビットフライヤー)のLightning FXと呼ばれる、ビットコインの証拠金取引の取引履歴です。

bitFlyer(ビットフライヤー)はこちら:bitFlyer(ビットフライヤー)※2018年6月22日より、新規会員登録が停止中となっています。

画面左側、日付のあたりですが、2016-12-31~2017-01-03までの取引がありますよね。つまり年末年始(大みそか~正月)も仮想通貨(ビットコイン)の取引はできるというわけです。僕は短期売買で利用してました。

その理由ですが、仮想通貨はインターネット上だけで取引が可能ですから、サーバーだけ動いていれば取引を停止して休む必要がありませんよね。株やFXの場合は取引所を人が運営していますから休まなければなりませんけど。

同様の理由から、土日祝日も関係なく取引ができるのです。

※取引所によっては、一時的に取引ができない時間帯がある場合もあります。また現金の出入金は制限、あるいは銀行の都合で不可となっている取引所もあるので要確認。サポート業務も中断していることがあります。

ただし仮想通貨(ビットコイン)の取引はリスクが高い

ただし、仮想通貨の取引には、それなりにリスクがあります。

まず年末年始や土日祝日でも取引ができるということは、裏を返せば株やFXの投資家たちがこぞってビットコイン(仮想通貨)の売買に参加する可能性が高いということです。

その結果ビットコインの取引量が増え、ボラティリティ(値動きの上下幅のこと)が高くなることが予想されます。仮想通貨(ビットコイン)は大変暴騰・暴落しやすいところがありますから、巻き込まれて大損なんてこともあります。

既に仮想通貨のFX(BTCFX)で何千万円も大損してしまった方がいらっしゃいます。この価格変動リスクは絶対に覚えておきましょう。

また取引量が増えれば、負荷がかかって取引所のサーバー落ちやすくなります。この取引所のリスクも覚えておかねばなりません。

これは特にFXや先物取引をされる方への警告ですが、サーバーが落ちると何もできなくなり、取ったポジションによっては強制決済すなわち追証が発生する可能性があります。

あわせて、近年はサイバー攻撃が頻発していることから、サーバーに障害が発生して取引ができなくなる可能性もあります。

2段階認証は絶対!

サイバー攻撃への対策として、2段階認証(スマホアプリを使った認証コードの入力によるセキュリティ強化)は絶対必要です。

これがないとパスワードが破られたときに全財産をハッカーに持ってかれます。アカウントを作成したら、絶対に2段階認証は設定しましょう。

ハードウェアウォレットに仮想通貨を移しておく

サイバー攻撃への対策に、専用の財布であるハードウェアウォレットに入れておく方法もあります。

ハードウェアウォレットは、仮想通貨専用のお財布だと思ってください。感覚としては、USBにデータを入れるのと同じです。手持ちの仮想通貨をハードウェアウォレットに入れてネットから断絶しておけば、オンラインで盗まれる心配はなくなります。

代表的なのは、Ledger Nano S(レジャー ナノ エス)、TREZOR(トレザー)、Keepkey(キープキー)の3つ。

ただしハードウェアウォレットごとに入れられる仮想通貨が異なるうえ、保存できる仮想通貨の数も上限があります。また仮想通貨をいくつも保有されているのであれば、2台持ちも考慮したほうがいいです。

なお本体価格が1万円~2万円と、なかなか高額です。

いずれのハードウェアウォレットもAmazonで購入できますので、詳しくは下記リンクからどうぞ(Ledger Nano Sは正規販売代理店のページに行きます)。

※絶対にヤフオクやメルカリ、もちろんAmazonでも中古品は買わないようにしてください。中古品には悪意あるソフトウェアや改造が仕込まれている可能性があり、海外では盗難の事例が報告されています。

リンクはAmazonの正規品に限定していますが、異常に安い価格のものは詐欺である可能性が高いので注意してください。

まとめ:仮想通貨の取引は余裕資金でのみ行いましょう

今年2017年(平成29年)の大納会が12月29日(金)、年初の取引開始つまり大発会は2018年(平成30年)1月4日(木)です。取引できない期間の穴埋めに、仮想通貨の取引をするのもいいですね。

ただし仮想通貨の取引はかなりリスクが高いです。買って放置するにしても、私のように短期売買するにしても、投資は自己責任の原則に基づいて、リスクを適切に理解しコントロールして取引をしましょう。

というわけで、取引に特化した仮想通貨取引所をここでご紹介します。どれも金融庁の仮想通貨交換業者に登録されている事業者です。

※仮想通貨の価格上昇に伴い、口座開設~入金までに時間を要することがあります。予めご了承ください。

仮想通貨関連:zaif(ザイフ)

仮想通貨の販売所・取引所。主要な仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム)のほか、ICOやトークンも幅広く取り扱い、積立投資もできる万能サービス!とりあえず仮想通貨を始めたい方向け!

アカウント作成はこちら:Zaif

仮想通貨関連:bitFlyer(ビットフライヤー)


仮想通貨の販売所・取引所。主要な仮想通貨の取り扱いはもちろん、円建て(BTC/JPY)で証拠金取引(BTCFX)ができる「Lightning FX」が人気。ただしBTCFXは値動きが激しいため、リスク管理の徹底をしましょう!

アカウント作成はこちら:bitFlyer(ビットフライヤー)※2018年6月22日より、新規会員登録が停止中となっています。

仮想通貨関連:bitbankTrade(ビットバンクトレード)

仮想通貨の取引所。ドル建て(BTC/USD)でビットコインの先物取引(BTCFX)が可能なのと、CGF(キャピタルゲインフィー)と呼ばれる制度によって追証無しを実現した独自サービスが人気。ただし、BTCFXは値動きが激しいため、リスク管理の徹底をしましょう!

アカウント作成はこちら:ビットバンクトレード

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク