ビットコインは証拠金取引(BTCFX)も含め、損切りが徹底できない人はやめたほうがいい

みなさんどうもBTC!ビットコインの証拠金取引BTCFXにハマっている@xi10jun1です。

ビットコインを保有、あるいは取引をする人が増えてきたみたいですね。

でも少なくとも、損切りができない人が売買を繰り返していい通貨ではまだないってことは、押さえてほしいなと思うのです。

ビットコインのボラティリティはドル円数倍

ドル建てのビットコイン取引ができる取引所ビットバンクトレード。

そのページには、次のような表があります。

条件国内FX事業社(A社)ビットバンクトレード(弊社)備考
形態外国為替(FX)BTC FX(Future Exchange)BTCはビットコインの通貨単位です
取引通貨ペアドル円,ユーロドル等BTCUSD(ビットコイン・ドル)今週/来週/四半期の3種の期限があります
レバレッジ25倍平時10-15倍価格変動に応じ、多少の前後があります
一日の平均ボラティリティ90pips600pips以上一日で30ドル(3000pips)動くことも
取引時間5営業日(260日/年)24時間365日土日・祝祭日関係なくトレードできるため、じっくりと相場に臨むことができます
追証証拠金維持率が30%を下回ると発生なしただし、維持率が20%を下回ると強制的にロスカット(決済注文)が発動します
口座開設までの時間約1週間2分メールアドレスと携帯のSMS認証のみ

引用元:ビットバンクトレード

pipsは、通貨の取引にかかる最小単位のこと。価格の違う通貨の取引を行うための、共通のものさしですね。

で、上の表にあるドル円の一日の平均ボラティリティ(=価格の変動幅)は、90pips。90pipsは90銭、つまり1pips=1銭というわけです。

そしてビットコインの一日の平均ボラティリティ(=価格の変動幅)は、600pips。ビットバンクトレードはドルベースで取引されているから、ドルで考えると大体6ドル前後。円に換算する場合、1ドル100円と考えて、1BTCあたり日本円で1日600円は上下に動いている計算になります。

そして最大3,000pipsということは、単純計算で5倍。つまり日本円で3,000円近く上下することがあるんです。

ところが。

昨年の8月から続いたビットコインの価格上昇。あのときのpipsはもっと大きかった。一日の平均ボラティリティで3,000pipsのときがザラにあって、確かに過熱感があった。

そして先日の暴落。

1BTCあたり150,000円だったのが90,000円台、つまり60,000円の下落だったわけです。よって、単純計算で60,000pips動いた計算になるわけです。

まとめ:ビットコインは持つだけでも十分

最大で60,000pips動く通貨。

そんなポテンシャルで値動きすることがある通貨が存在する時代なんですね・・・。それほどに危険な取引になるかもしれない通貨に、損切りも容易にできない人がうかつに手を出しても大損するのが関の山。

言い訳しようが負け惜しみを言おうが自由ですが、どんな結果も自己責任なのが投資の世界です。ビットコインの取引で儲けようなんて思うのなら、まずは損切りが適切にできてからじゃないと、あっという間に資産を失って終わりです。

ビットコインや他の仮想通貨を持って、何かに使うだけでも十分楽しめます。それでさえも、値が動く分資産として増減しますので、そのあたりのリスクをしっかり理解してから仮想通貨を楽しみましょう。

で、そのためにはまず取引所にアカウントを作らなければなりません。また実際に取引や売買をされる際は、アカウントのランク(クラス)に注意してください。

いずれのサービスとも、ランク(クラス)によって取引できる量やできることが決まっています。詳しくは下記サイトでご確認ください。

保有して使うなら。

トレードするなら。

スポンサーリンク

いつも「読んだらシェア」を心掛けてくださりありがとうございます!

※はてブを使うとコメントと同時に複数のSNSにシェアできて楽ですよ!

スポンサーリンク